TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024072360
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-28
出願番号2022183099
出願日2022-11-16
発明の名称定着装置及び画像形成装置
出願人株式会社リコー
代理人個人
主分類G03G 15/20 20060101AFI20240521BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】定着構造体に支持されている定着部材などに対する搬送ガイド部材の位置精度を向上させることができる定着装置を提供する。
【解決手段】シートを挟持する定着ニップを形成する一対の定着部材(60、62)と、一対の定着部材を支持する定着構造体(133)と、定着構造体に取り付けたカバー(132)と、カバーに回動可能に組み付けた搬送ガイド部材(70)とを備えた定着装置において、搬送ガイド部材を組み付けたカバー(132)は定着構造体に締結したものであり、搬送ガイド部材は、締結の方向と同じ方向から組み付けたカバーに突き当てて位置決めする。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
シートを挟持する定着ニップを形成する一対の定着部材と、
前記一対の定着部材を支持する定着構造体と、
前記定着構造体に取り付けたカバーと、
前記カバーに回動可能に組み付けた搬送ガイド部材とを備えた定着装置において、
前記搬送ガイド部材を組み付けたカバーは前記定着構造体に締結したものであり、
前記搬送ガイド部材は、前記締結の方向と同じ方向から前記組み付けたカバーに突き当てて位置決めすることを特徴とする定着装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
請求項1に記載の定着装置において、
前記組み付けたカバーは、搬送面を備える搬送面部を有し、
前記搬送面部は、締結部材を使わずに前記定着構造体又は前記定着構造体に取り付けた他のカバーに突き当てて位置決めすることを特徴とする定着装置。
【請求項3】
請求項2に記載の定着装置において、
前記搬送面部は、前記締結や前記突き当てをする面部から屈曲部を介して延在する面部であることを特徴とする定着装置。
【請求項4】
請求項3に記載の定着装置において、
前記搬送面部の前記突き当てて位置決めする箇所は、前記搬送面部における延在方向の前記屈曲部と反対側の箇所であることを特徴とする定着装置。
【請求項5】
請求項1に記載の定着装置において、
前記組み付けたカバーの締結の箇所は、前記搬送ガイド部材の回動中心と前記搬送ガイド部材を突き当てる箇所との間であることを特徴とする定着装置。
【請求項6】
請求項1に記載の定着装置において、
前記搬送ガイド部材は、前記定着ニップからの排出シートをガイドする部材であることを特徴とする定着装置。
【請求項7】
請求項1に記載の定着装置において、
前記一対の定着部材の少なくとも一方はシートを加熱する部材であることを特徴とする定着装置。
【請求項8】
請求項1に記載の定着装置において、
前記組み付けたカバーは、定着装置の外殻を形成することを特徴とする定着装置。
【請求項9】
シートを挟持する定着ニップを形成する一対の定着部材と、
前記一対の定着部材を支持する定着構造体と、
前記定着構造体に取り付けたカバーと、
回動可能な回動部材とを備えた定着装置において、
前記カバーは前記定着構造体に締結したものであり、
前記回動部材は、前記締結の方向と同じ方向から前記カバーに突き当てて位置決めすることを特徴とする定着装置。
【請求項10】
シート上に担持したトナー画像を、シート上に定着する定着装置を備えた画像形成装置において、
前記定着装置として、請求項1乃至9の何れか一に記載の定着装置を備えたことを特徴とする画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、定着装置及び画像形成装置に関するものである。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、シートを挟持する定着ニップを形成する一対の定着部材と、一対の定着部材を支持する定着構造体と、定着構造体に取り付けたカバーと、カバーに回動可能に組み付けた搬送ガイド部材とを備えた定着装置が知られている。
例えば、特許文献1には係る定着装置であって、搬送ガイド部材が、フレーム(定着構造体)の長手方向の両外側に取り付けしたサイドカバーの上面の支持領域に上方から当接しているものが記載されている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
定着構造体に支持されている定着部材などに対する搬送ガイド部材の位置精度を向上させる必要がある。
【課題を解決するための手段】
【0004】
上述した課題を解決するために、本発明は、シートを挟持する定着ニップを形成する一対の定着部材と、前記一対の定着部材を支持する定着構造体と、前記定着構造体に取り付けたカバーと、前記カバーに回動可能に組み付けた搬送ガイド部材とを備えた定着装置において、前記搬送ガイド部材を組み付けたカバーは前記定着構造体に締結したものであり、前記搬送ガイド部材は、前記締結の方向と同じ方向から前記組み付けたカバーに突き当てて位置決めすることを特徴とするものである。
【発明の効果】
【0005】
本発明によれば、定着構造体に支持されている定着部材などに対する搬送ガイド部材の位置精度を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
本発明の一実施形態に係る画像形成装置の概略を示す図。
定着装置を模式的に示す断面図。
定着装置を模式的に示す斜視図。
上カバー部材の締結位置の説明図。
定着装置の加熱回転体及び加圧ローラの構成例の概略構成図。
変形例の定着装置の断面図。
同定着装置の分解斜視図。
【発明を実施するための形態】
【0007】
以下、本発明を適用した画像形成装置の一実施形態として、電子写真方式で画像を形成する画像形成装置について説明する。
図1は本発明の一実施形態に係る画像形成装置の概略を示す図である。
画像形成装置たる装置本体40の上部には、画像読取装置50が取り付けられている。
【0008】
装置本体40の内部には、プロセスカートリッジ1が設けられている。プロセスカートリッジ1は、潜像担持体たる感光体2と、感光体2の周囲に配置され、感光体2に作用するプロセス手段としての帯電装置3、現像装置4およびクリーニング装置5などを備えている。プロセスカートリッジ1は、装置本体40に着脱可能に装着されている。感光体2、帯電装置3、現像装置4及びクリーニング装置5がプロセスカートリッジ1としてユニット化されることにより、交換やメンテナンスの作業が容易になる。また、各部材間の位置精度を高精度の維持することができ、形成される画像品質の向上を図ることができる。
【0009】
転写手段たる転写装置は、転写ローラ20を備えており、転写ローラ20は、感光体2の周面に押圧されて当接されている。また、転写装置の上方には、定着手段たる定着装置32が設けられている。定着装置32は、加熱を行う加熱回転体60と加圧部材である加圧ローラ62とを有する。また、装置本体40には、潜像形成手段たるレーザ書込装置30が備えられている。レーザ書込装置30には、レーザ光源、走査用の回転多面鏡、ポリゴンモータ、fθレンズなどを備えている。また、装置本体は、転写紙、OHPフィルムなどのシートPを収納するシートカセット11が多段に備えられている。
【0010】
以上のような構成の装置を用いてコピーするとき、ユーザーがスタートスイッチを押す。すると、まず、画像読取装置50にセットされた原稿内容を読み取る。また、このとき同時に、感光体駆動モータで感光体2を回転し、帯電装置3で感光体2の表面を一様に帯電する。次いで画像読取装置50によって読み取った原稿内容に応じてレーザ光を照射してレーザ書込装置30を用いて書き込み工程を実行する。そして、感光体2の表面に静電潜像を形成した後、現像装置4を用いてトナーを付着させて静電潜像を可視像化(現像)する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
雲台装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
24日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
8日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
4日前
株式会社リコー
画像形成装置
8日前
花王株式会社
印刷方法
8日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
8日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
8日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
19日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
26日前
株式会社リコー
画像形成装置
24日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
24日前
株式会社リコー
画像形成装置
16日前
株式会社リコー
画像形成装置
9日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
トナー
5日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
沖電気工業株式会社
加熱制御装置
5日前
続きを見る