TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024063942
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-14
出願番号2022172146
出願日2022-10-27
発明の名称鞍乗型車両
出願人ヤマハ発動機株式会社
代理人弁理士法人新樹グローバル・アイピー,個人
主分類B62J 25/04 20200101AFI20240507BHJP(鉄道以外の路面車両)
要約【課題】平坦なフートボードを備える鞍乗型車両において、運転時にフートボードにおいて高い滑り止め効果を得ると共に、スムーズな乗り降りを可能とする。
【解決手段】鞍乗型車両は、シートと、カバーと、フートボードとを備える。カバーは、シートの下方に配置される。フートボードは、カバーの前方に配置される。フートボードは、車幅方向に亘って平坦な形状を有する。フートボードは、左足載せ面と、右足載せ面と、中央面とを含む。左足載せ面は、スリット状の滑り止めパターンを有する。右足載せ面は、スリット状の滑り止めパターンを有する。中央面は、車幅方向において左足載せ面と右足載せ面との間に配置される。中央面は、前部と後部とを含む。前部は、前方に向かって車幅方向に拡大する。後部は、前部の後方に配置される。後部は、後方へ向かって車幅方向に拡大する。前部と後部とは、スリット状の滑り止めパターンを有さないエンボス形状を有する。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
シートと、
前記シートの下方に配置されるカバーと、
前記カバーの前方に配置され、車幅方向に亘って平坦な形状を有するフートボードと、
を備え、
前記フートボードは、
スリット状の滑り止めパターンを有する左足載せ面と、
スリット状の滑り止めパターンを有する右足載せ面と、
車幅方向において前記左足載せ面と前記右足載せ面との間に配置される中央面と、
を含み、
前記中央面は、
前方に向かって車幅方向に拡大する前部と、
前記前部の後方に配置され、後方へ向かって車幅方向に拡大する後部と、
を含み、
前記前部と前記後部とは、スリット状の滑り止めパターンを有さないエンボス形状を有する、
鞍乗型車両。
続きを表示(約 920 文字)【請求項2】
前記中央面は、
第1部分と、
前記第1部分と隣接して配置され、前記第1部分と異なるパターンのエンボス形状を有する第2部分と、
を含む、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項3】
前記第2部分は、前記第1部分の周囲を囲んで配置される、
請求項2に記載の鞍乗型車両。
【請求項4】
前記中央面は、前記第1部分及び前記第2部分と異なるパターンのエンボス形状を有する第3部分をさらに含む、
請求項2に記載の鞍乗型車両。
【請求項5】
前記前部は、
左方、且つ、前方に向かって前記左足載せ面の前方まで延びる左前部と、
右方、且つ、前方に向かって前記右足載せ面の前方まで延びる右前部と、
を含む、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項6】
前記左前部は、前記左足載せ面の前方に配置される左先端部を含み、
前記左先端部は、前記左前部の他の部分と異なるパターンのエンボス形状を有し、
前記右前部は、前記右足載せ面の前方に配置される右先端部を含み、
前記右先端部は、前記右前部の他の部分と異なるパターンのエンボス形状を有する、
請求項5に記載の鞍乗型車両。
【請求項7】
前記後部は、
左方、且つ、後方に向かって前記左足載せ面の後方まで延びる左後部と、
右方、且つ、後方に向かって前記右足載せ面の後方まで延びる右後部と、
を含む、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項8】
前記フートボードの最大幅は、435mm以上、531mm以下である、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項9】
前記フートボードの最大幅は、386mm以上、580mm以下である、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項10】
1143mm以上、1452mm以下のホイールベースを有する、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、鞍乗型車両に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
鞍乗型車両には、ライダーの足を置くためのフートボードを備えるものがある。例えば、特許文献1の自動二輪車は、車幅方向に亘って平坦な形状を有するフートボードを備えている。フートボードには、スリット状の滑り止めパターンが形成されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-58456号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
車両の運転中には、足が滑らないように、滑り止めパターンは高い滑り止め効果を有することが望ましい。一方、鞍乗型車両が、平坦なフートボードを備える場合、ライダーが車両を乗り降りするときには、足をフートボードの上方で移動させる。例えば、左側から車両に乗り込む場合には、右足を、フートボードの左側からフートボードの中央部の上方を通って、フートボードの右側まで移動させる。このとき、滑り止めパターンによって足が引っかかると、スムーズに車両に乗り込むことが困難である。本発明の目的は、平坦なフートボードを備える鞍乗型車両において、運転時にフートボードにおいて高い滑り止め効果を得ると共に、スムーズな乗り降りを可能とすることにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の一態様に係る鞍乗型車両は、シートと、カバーと、フートボードとを備える。カバーは、シートの下方に配置される。フートボードは、カバーの前方に配置される。フートボードは、車幅方向に亘って平坦な形状を有する。フートボードは、左足載せ面と、右足載せ面と、中央面とを含む。左足載せ面は、スリット状の滑り止めパターンを有する。右足載せ面は、スリット状の滑り止めパターンを有する。中央面は、車幅方向において左足載せ面と右足載せ面との間に配置される。中央面は、前部と後部とを含む。前部は、前方に向かって車幅方向に拡大する。後部は、前部の後方に配置される。後部は、後方へ向かって車幅方向に拡大する。前部と後部とは、スリット状の滑り止めパターンを有さないエンボス形状を有する。
【0006】
本態様に係る鞍乗型車両では、フートボードにおいて、運転時にライダーの足が置かれる左足載せ面と右足載せ面とにスリット状の滑り止めパターンが設けられている。それにより、運転時に高い滑り止め効果を得ることができる。また、フートボードにおいて、中央面が、前方に向かって車幅方向に拡大する前部と、後方へ向かって車幅方向に拡大する後部とを含む形状を有しており、前部と後部とには、スリット状の滑り止めパターンが設けられていない。そのため、足を中央面上で移動させる際に、足の引っ掛かりが抑えられる。それにより、車両へのスムーズな乗り降りが可能となる。さらに、前部と後部とがエンボス形状を有することで、車両へのスムーズな乗り降りを阻害しない程度に、適度な滑り止め効果が得られる。
【0007】
中央面は、第1部分と第2部分とを含んでもよい。第2部分は、第1部分と隣接して配置されてもよい。第2部分は、第1部分と異なるパターンのエンボス形状を有してもよい。この場合、エンボス形状のパターンの違いによって、場所に応じた適度な滑り止め効果が得られる。
【0008】
第2部分は、第1部分の周囲を囲んで配置されてもよい。中央面は、第3部分をさらに含んでもよい。第3部分は、第1部分及び第2部分と異なるパターンのエンボス形状を有してもよい。この場合、エンボス形状のパターンの違いによって、場所に応じた適度な滑り止め効果が得られる。
【0009】
前部は、左前部と右前部とを含んでもよい。左前部は、左方、且つ、前方に向かって左足載せ面の前方まで延びていてもよい。右前部は、右方、且つ、前方に向かって右足載せ面の前方まで延びていてもよい。このような前部の形状により、車両へのスムーズな乗り降りを阻害しない程度に、適度な滑り止め効果が得られる。
【0010】
左前部は、左足載せ面の前方に配置される左先端部を含んでもよい。左先端部は、左前部の他の部分と異なるパターンのエンボス形状を有してもよい。右前部は、右足載せ面の前方に配置される右先端部を含んでもよい。右先端部は、右前部の他の部分と異なるパターンのエンボス形状を有してもよい。この場合、エンボス形状のパターンの違いによって、場所に応じた適度な滑り止め効果が得られる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自転車の傘
5か月前
個人
サドル揺動装置
7か月前
個人
重量物移動台車
2か月前
個人
多目的運搬トレー
10か月前
個人
二輪バイク補助輪
7か月前
個人
自動二輪車
9か月前
井関農機株式会社
作業機
5か月前
個人
車両用横転防止装置
3か月前
個人
自転車
8か月前
井関農機株式会社
作業機
3か月前
個人
カウル取り付け器具
9か月前
個人
物品収納構造
10か月前
井関農機株式会社
作業車両
18日前
三甲株式会社
保護具
3か月前
個人
クリアレインシェード
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
4か月前
井関農機株式会社
作業車両
8か月前
個人
車両底面への噴流発生器
9か月前
株式会社北誠商事
被覆構造体
4か月前
個人
電動カート
9か月前
個人
自転車の駐輪装置
8か月前
個人
スライドレインプルーフ
1か月前
株式会社クラベ
面状ユニット
1か月前
個人
固定具及び自転車
10か月前
株式会社ホシプラ
台車
2か月前
帝人株式会社
車両構造体
1か月前
三甲株式会社
台車
3か月前
個人
自動二輪車に装着する被服
9か月前
三甲株式会社
台車
5か月前
双福鋼器株式会社
ラック
10か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
10か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
5か月前
井関農機株式会社
走行車両
3か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
8か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
10か月前
続きを見る