TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023124897
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-09-07
出願番号2022028754
出願日2022-02-27
発明の名称自動二輪車に装着する被服
出願人個人
代理人
主分類B62J 23/00 20060101AFI20230831BHJP(鉄道以外の路面車両)
要約【課題】
従来、自動二輪車の外観を変える手段として、塗装、パーツの追加・変更・除去、デザインを印刷されたフィルムを貼る等があるが、手間が掛かることが多い。そこで、被服の特徴を活かした自動二輪車に装着する被服という容易な手段を提供する。
【解決手段】
被服素材のデニム生地を、自動二輪車のレッグシールドに合う形状へと加工し、正面にデニムパンツのデザインを施して被服本体ができる。そこに装着具を取付ける。装着具は、自動二輪車に対しての被服の着脱が容易にできる、且つ、自動二輪車の走行を妨げず、走行時における風圧や振動等の影響に耐えるものである。以上を特徴とする自動二輪車に装着する被服。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
自動二輪車に装着する被服。
続きを表示(約 90 文字)【請求項2】
自動二輪車のレッグシールドに対しての被服の着脱が容易にできる、且つ、自動二輪車の走行を妨げず、走行時における風圧や振動等の影響に耐える装着の仕組み。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、人体の保護や装飾が用途である被服が、多くの場合、容易に人体の外観を変えられることに着目し、その用途の範囲を自動二輪車という非人体にまで拡げた被服に関するものである。
続きを表示(約 2,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来、自動二輪車の外観を変える手段として、塗装、パーツの追加・変更・除去、デザインを印刷されたフィルムを貼る等がある。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
自動二輪車の外観を変える従来の手段は、手間が掛かることが多い。そこで、被服の特徴を活かした容易な手段を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0004】
被服になる素材を、自動二輪車の装着部に合う形状へと加工し、正面に装飾のためのデザインを施し被服本体とする。そこに装着具を取付ける。装着具は、自動二輪車に対しての被服の着脱が容易にできる、且つ、自動二輪車の走行を妨げず、走行時における風圧や振動等の影響に耐えるものである
被服の装着具だけでは強い装着力が得られない場合には、車体側に装着補助具を取付けて装着力を強化する。装着補助具の取付け方は、車体のボルトやネジを利用する方法、または、車体に穴を空ける等の加工を施す方法がある。以上を特徴とする自動二輪車に装着する被服である。
【発明の効果】
【0005】
本発明には以下の効果がある。
(1)自動二輪車の外観を容易に変えられるので手間が省ける。
(2)自動二輪車の走行を妨げず、走行時における風圧や振動等の影響に耐え装着を維持するので安全である。
(3)車体側に装着補助具を取付ける場合においても、最初の手間で済む。
(4)被服であるので、縫製に関わる既存の豊富な資源を利用できる。
(5)洗うことができる。
(6)数着所持すれば、自動二輪車の着せ替えを楽しむことができる。
(7)本発明を使いたいから、自動二輪車を購入するという逆転現象も考えられる。
(8)車種により様々なレッグシールがあるので、それに応じて被服のバリエーションも増える。
【図面の簡単な説明】
【0006】
実施例1における本発明の正面図と背面図である。
実施例1における装着部であるレッグシールド単体正面図と背面斜視図である。
実施例1における本発明装着後の正面図と背面斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【実施例】
【0007】
以下、本発明を自動二輪車用レッグシールドに装着する場合の実施の形態を説明する。
(1)素材のデニム生地を装着部であるレッグシールドに合う形状へと加工し、正面にデニムパンツのデザインを施して、被服本体10が作られる。
(2)被服本体10の背面に上ポケット11が取付けられている。ポケットの素材はデニム生地である。
(3)被服本体10の背面に上ベルト12が取付けられている。ベルトはカムロック式である。
(4)被服本体10の背面に下ベルト14が取付けられている。ベルトはカムロック式である。
(5)被服本体10の背面に下ポケット13が取付けられている。ポケットの素材はデニム生地である。
(6)被服本体10の背面にストッパー17が取付けられている。ストッパーの素材は、ポリエチレンである。
(7)被服本体10の穴用留め具取付け部15に穴用留め具16が取付けられている。留め具はコイルバネ付きフックである。
(8)被服本体10の支柱用留め具取付け部18に支柱用留め具19が取付けられている。留め具はコイルバネ付きフックである。
(9)洗うことを想定して、装着具の硬質な部分は、取り外せる仕組みである。
本発明は、以上の構成よりなっている。
留め具の種類は、現状のフックよりも外れにくいものに変えてもよい。
実施例では使用していない磁石やクリップも今後の被服制作に取り入れる予定である。
穴用留め具取付け部15、支柱用留め具取付け部18をストッパー17のような形状にしてもよい。
穴22と支柱23の一方のみを備える車種があるので、不要な留め具取付け部と留め具は構成から除外するか、留め具取付け部をストッパーに置き換えてもよい。
【0008】
装着は以下の手順で行う。
(1)上ベルト12をバックルから外す。
(2)下ベルト14をバックルから外す。
(3)本発明の背面をレッグシールドの正面に合わせる。
(4)上ポケット11をレッグシールドの上コーナー20に被せる。
(5)下ポケット13をレッグシールドの下コーナー21に被せる。
(6)ストッパー17をレッグシールドの内側に引っ掛けるように当てる。
(7)穴用留め具取付け部15をレッグシールドの内側に折り曲げて、穴用留め具16を穴22の縁に留める。
(8)支柱用留め具取付け部18をレッグシールドの内側に折り曲げて、支柱用留め具19を支柱23に留める。
(9)下ベルト14を締める。
(10)上ベルト12を締める。
【符号の説明】
【0009】
10 被服本体
11 上ポケット
12 上ベルト
13 下ポケット
14 下ベルト
15 穴用留め具取付け部
16 穴用留め具
17 ストッパー
18 支柱用留め具取付け部
19 支柱用留め具
20 自動二輪車用レッグシールドの上コーナー
21 自動二輪車用レッグシールドの下コーナー
22 自動二輪車用レッグシールドに空けたメンテナンス用の穴
23 自動二輪車用レッグシールドを車体のエンジン部へ固定するための支柱
24 エンジン略図

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自転車の傘
4か月前
個人
サドル揺動装置
6か月前
個人
重量物移動台車
1か月前
個人
多目的運搬トレー
10か月前
個人
自動二輪車
8か月前
個人
二輪バイク補助輪
7か月前
個人
車両用横転防止装置
3か月前
個人
物品収納構造
10か月前
井関農機株式会社
作業機
4か月前
井関農機株式会社
作業機
3か月前
個人
サドル用収納ケース
10か月前
個人
カウル取り付け器具
8か月前
個人
自転車
8か月前
井関農機株式会社
作業車両
6日前
個人
クリアレインシェード
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
4か月前
三甲株式会社
保護具
3か月前
井関農機株式会社
作業車両
8か月前
個人
自転車の駐輪装置
7か月前
個人
電動カート
9か月前
株式会社ホシプラ
台車
2か月前
個人
車両底面への噴流発生器
9か月前
株式会社北誠商事
被覆構造体
4か月前
株式会社クラベ
面状ユニット
27日前
個人
固定具及び自転車
10か月前
個人
スライドレインプルーフ
27日前
三甲株式会社
台車
3か月前
帝人株式会社
車両構造体
22日前
三甲株式会社
台車
4か月前
双福鋼器株式会社
ラック
10か月前
個人
自動二輪車に装着する被服
9か月前
井関農機株式会社
走行車両
3か月前
ヤマハ発動機株式会社
車両
10か月前
個人
足踏みペダル式自転車
23日前
井関農機株式会社
作業車両
11か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
9か月前
続きを見る