TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024019735
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-09
出願番号2024000336,2021517348
出願日2024-01-04,2019-09-27
発明の名称イオンチャネルモジュレーター
出願人プラクシス プレシジョン メディシンズ, インコーポレイテッド
代理人個人,個人,個人,個人,個人
主分類C07D 487/04 20060101AFI20240202BHJP(有機化学)
要約【課題】 疾患を処置する方法を提供すること
【解決手段】 本発明は、部分的には、電位開口型ナトリウムイオンチャネル機能異常、例えば、遅発性/持続性ナトリウム電流異常に関連する疾患または状態の予防および/または治療に有用な縮合ヘテロアリール化合物および組成物を対象とするところのものである。神経障害(例えば、ドラベ症候群、てんかん)、疼痛、および神経筋障害を含むナトリウムイオンチャネル機能異常に関連する疾患または状態を治療する方法も本明細書に提供されるところのものである。
【選択図】 なし
特許請求の範囲【請求項1】
明細書に記載の発明


発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
関連出願の相互参照
本出願は、参照により全体が本明細書に組み込まれる2018年9月28日に出願された米国仮特許出願第62/738,508号に対する優先権及びその利益を主張する。
続きを表示(約 4,700 文字)【背景技術】
【0002】
ナトリウムイオン(Na+)チャネルは、主に一時的様式で開き、急速に不活性化され、それにより、高速Na+電流を生成して、活動電位を開始する。遅発性または持続性ナトリウム電流(INaL)は、心筋細胞及びニューロンの高速Na+電流の持続的成分である。多くの一般的な神経状態及び心臓状態は、異常なINaL増強に関連しており、哺乳動物における電気的機能不全及び収縮機能不全の両方の病態形成に寄与する(例えば、Pharmacol Ther(2008)119:326-339を参照されたい)。したがって、ナトリウムチャネル活性、例えば、異常なINaLを選択的に調節する薬学的化合物は、かかる病状の治療に有用である。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0003】
Pharmacol Ther(2008)119:326-339
【発明の概要】
【課題を解決するための手段】
【0004】
疾患、障害、または状態、例えば、ナトリウムイオンチャネル機能異常、例えば、遅発性ナトリウム電流(INaL)異常に関連する疾患、障害、または状態の予防及び/または治療に有用な縮合ヘテロアリール化合物及び組成物が本明細書に記載される。
一態様では、本発明は、式Iを有する化合物であって、
JPEG
2024019735000001.jpg
31
59
式中、
X及びYが各々独立して、CR

またはNであり、


が、
JPEG
2024019735000002.jpg
14
15
、CF

、単環式C



シクロアルキル、または4~7員単環式ヘテロシクリルであり、当該シクロアルキル及び当該ヘテロシクリルが1つ以上のR

で任意に置換され、


が、水素、C



ハロアルキル、または1つ以上のR

で任意に置換される単環式C



シクロアルキルであり、


が、水素、C



アルキル、またはC



ハロアルキルであり、


が、水素またはC



アルキルであり、


が、ハロ、C



シクロアルキル、またはO-C



アルキルもしくはO-C



シクロアルキルで任意に置換されるC



アルキルであり、


が、C



アルキルまたはC



ハロアルキルであり、当該C



アルキルまたは当該C



【0005】
別の態様では、本開示は、式IIを有する化合物であって、
JPEG
2024019735000003.jpg
32
64
式中、


が、
JPEG
2024019735000004.jpg
13
15
、CF

、単環式C



シクロアルキル、または4~7員単環式ヘテロシクリルであり、当該シクロアルキル及び当該ヘテロシクリルが1つ以上のR

で任意に置換され、


が、水素、C



ハロアルキル、または1つ以上のR

で任意に置換される単環式C



シクロアルキルであり、


が、水素、C



アルキル、またはC



ハロアルキルであり、


が、水素またはC



アルキルであり、


が、ハロ、C



シクロアルキル、またはO-C



アルキルもしくはO-C



シクロアルキルで任意に置換されるC



アルキルであり、


が、C



アルキルまたはC



ハロアルキルであり、当該C



アルキルまたは当該C



ハロアルキルが各々、OR

で置換され、
tが、1または2であり、
【0006】
別の態様では、本開示は、式IIIを有する化合物であって、
JPEG
2024019735000005.jpg
31
72
式中、


が、
JPEG
2024019735000006.jpg
13
15
、CF

、単環式C



シクロアルキル、または4~7員単環式ヘテロシクリルであり、当該シクロアルキル及び当該ヘテロシクリルが1つ以上のR

で任意に置換され、


が、水素、C



ハロアルキル、または1つ以上のR

で任意に置換される単環式C



シクロアルキルであり、


が、水素、C



アルキル、またはC



ハロアルキルであり、


が、水素またはC



アルキルであり、


が、ハロ、C



シクロアルキル、またはO-C



アルキルもしくはO-C



シクロアルキルで任意に置換されるC



アルキルであり、


が、C



アルキルまたはC



ハロアルキルであり、当該C



アルキルまたは当該C



ハロアルキルが各々、OR

で置換され、
tが、1または2であり、
【0007】
別の態様では、本開示は、式IVを有する化合物であって、
JPEG
2024019735000007.jpg
28
65
式中、
X及びYが各々独立して、CR

またはNであり、


が、
JPEG
2024019735000008.jpg
13
15
、CF

、単環式C



シクロアルキル、または4~7員単環式ヘテロシクリルであり
、当該シクロアルキル及び当該ヘテロシクリルが1つ以上のR

で任意に置換され、


が、水素、C



ハロアルキル、または1つ以上のR

で任意に置換される単環式C



シクロアルキルであり、


が、水素、C



アルキル、またはC



ハロアルキルであり、


が、水素またはC



アルキルであり、


が、C



アルキルまたはC



ハロアルキルであり、当該C



アルキルまたは当該C



ハロアルキルが各々、OR

で置換され、


及びR

が各々独立して、から選択され、ハロ、C



アルキル、C



ハロアルキル、C



【0008】
本明細書に開示される化合物(例えば、式I、II、III、またはIVの化合物)またはその薬学的に許容される塩と、薬学的に許容される担体と、を含む、薬学的組成物も本明細書に提供される。
【0009】
別の態様では、ナトリウムイオンチャネル機能異常に関連する状態の治療を必要とする対象におけるそれを治療する方法であって、対象に、本明細書に開示される化合物(例えば、式I、II、III、またはIVの化合物)もしくはその薬学的に許容される塩または本明細書に開示される薬学的組成物の治療有効量を投与することを含む、方法が本明細書に提供される。
【0010】
いくつかの実施形態では、状態は、神経障害または精神障害である。いくつかの実施形態では、状態は、てんかんまたはてんかん症候群である。いくつかの実施形態では、状態は、遺伝性てんかんまたは遺伝性てんかん症候群である。いくつかの実施形態では、状態は、小児てんかんまたは小児てんかん症候群である。いくつかの実施形態では、状態は、てんかん性脳症である。いくつかの実施形態では、てんかん性脳症は、ドラベ症候群、乳児けいれん、またはレノックス・ガストー症候群からなる群から選択される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本化薬株式会社
有害生物防除剤
26日前
日産化学株式会社
ペプチドの製造方法
4日前
東レ株式会社
テレフタル酸の製造方法
2か月前
日本化薬株式会社
縮合多環芳香族化合物
2か月前
三菱ケミカル株式会社
化合物
1か月前
大正製薬株式会社
アミノ酸誘導体の製造方法
1か月前
小野薬品工業株式会社
EP2アンタゴニスト
27日前
株式会社ファンケル
フロログルシノール誘導体
1か月前
ダイキン工業株式会社
シラン化合物
8日前
学校法人君が淵学園
慢性腎臓病進行抑制剤
1か月前
キヤノン株式会社
有機化合物及び有機発光素子
2か月前
東レ株式会社
化合物、発光素子材料、それを用いた発光素子
2か月前
ENEOS株式会社
有機リン化合物の製造方法
2か月前
ミヨシ油脂株式会社
添加剤
2か月前
キヤノン株式会社
有機化合物および有機発光素子
2か月前
キヤノン株式会社
有機化合物および有機発光素子
2か月前
帝人株式会社
環式ジアルコール化合物およびその製造方法
27日前
マナック株式会社
芳香族ブロモ化合物の製造方法
1か月前
味の素株式会社
化合物またはその塩
1か月前
学校法人 関西大学
抗氷核ペプチド
2か月前
上野製薬株式会社
2,5-フランジカルボン酸の製造方法
4日前
株式会社ADEKA
化合物及び組成物
2か月前
日本曹達株式会社
アゾリルピリジン化合物および有害生物防除剤
12日前
長瀬産業株式会社
エルゴチオネイン誘導体の製造方法
2か月前
東海物産株式会社
高純度のバレニンを含む動物性エキス由来組成物
1か月前
本州化学工業株式会社
芳香族ビスエーテル化合物の製造方法
1か月前
東ソー株式会社
Fc結合性タンパク質固定化吸着剤を用いた抗体の精製方法
2か月前
天津大学
エタノール脱水によるエチレン製造の製造プロセス及び装置
2か月前
イーライ リリー アンド カンパニー
cGAS阻害剤
2か月前
JSR株式会社
化合物
1か月前
国立大学法人東北大学
アミド結合の生成方法
2か月前
国立大学法人京都大学
カップリング化合物の製造方法
2か月前
本田技研工業株式会社
電解合成システム
2か月前
日本化薬株式会社
有害生物防除剤
2か月前
株式会社半導体エネルギー研究所
有機化合物、発光デバイス、および受光デバイス
2か月前
株式会社レゾナック
1,3-ブタンジオールの製造方法
1か月前
続きを見る