TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024077438
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-07
出願番号2022189535
出願日2022-11-28
発明の名称画像形成装置
出願人ブラザー工業株式会社
代理人
主分類G03G 15/00 20060101AFI20240531BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】カッターによりシートを切断する場合に、定着部の耐久性が低下するのを抑制することができる画像形成装置を提供する。
【解決手段】制御部(101)は、加熱回転体(51)または加圧回転体(52)を回転させてシートを搬送し、排出ローラ(36、37)を回転させてニップ部(N)を通過したシートを搬送し、シートにおける切断位置がカッターの配置位置(B)に到達した際に排出ローラを停止させ、排出ローラを停止させた後、加熱回転体または加圧回転体を回転させている状態で、カッター(10)によるシートの切断を開始する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
シートに画像を形成するプロセス部と、
加熱回転体と、前記加熱回転体を加熱するヒータと、前記加熱回転体との間でニップ部を形成する加圧回転体とを有し、シートに画像を定着させる定着部と、
シートの搬送方向において前記定着部の下流側に配置され、シートを排出するための排出ローラと、
少なくとも前記加熱回転体または前記加圧回転体に駆動力を伝達するメインモータと、
前記搬送方向において前記定着部の下流側に配置され、シートを切断するカッターと、
前記排出ローラに駆動力を伝達する排出モータと、
制御部とを備え、
前記制御部は、
前記加熱回転体の温度がシートに画像を定着させる第1温度となるよう前記ヒータを制御し、
前記メインモータを制御して、前記加熱回転体または前記加圧回転体を回転させてシートを搬送し、
前記排出モータを制御して、前記排出ローラを回転させて前記ニップ部を通過したシートを搬送し、シートにおける切断位置がカッターの配置位置に到達した際に前記排出ローラを停止させ、
前記排出ローラを停止させた後、前記メインモータを駆動して前記加熱回転体または前記加圧回転体を回転させている状態で、前記カッターによるシートの切断を開始することを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記プロセス部は、感光ドラムを有し、
前記搬送方向において前記感光ドラムの上流側に配置され、シートを搬送する複数の搬送ローラのうち、前記感光ドラムに最も近い搬送ローラであるレジストレーションローラと、
前記搬送方向において前記感光ドラムと前記レジストレーションローラとの間に配置され、シートの通過を検知可能な第1シートセンサとを備え、
前記制御部は、前記第1シートセンサがシートを検知した時点に基づいて前記排出モータを制御することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記定着部は、前記搬送方向において前記ニップ部の下流側に配置され、シートの通過を検知可能な第2シートセンサを有し、
前記制御部は、前記第2シートセンサがシートを検知した時点に基づいて前記排出モータを制御することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記制御部は、前記排出モータの駆動開始から所定時間経過すると、前記排出モータを停止してシートを停止させることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記制御部は、
複数のシートが連続して印字される連続印字を実行する場合、シートの印字枚数に応じて前記メインモータの駆動継続時間を設定し、
前記駆動継続時間が閾値時間以上である場合、前記メインモータを駆動継続した状態で、前記カッターによりシートを切断した後、前記排出モータを制御して前記排出ローラを回転させて、切断した後の前記シートを排出し、前記排出ローラによって排出されるシートの次のシートの供給を開始することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記定着部は、前記搬送方向において前記ニップ部の下流側に配置され、シートの通過を検知可能な第2シートセンサを有し、
前記制御部は、前記第2シートセンサがシートを検知した時点に基づいて前記駆動継続時間を設定することを特徴とする請求項5に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記制御部は、前記第2シートセンサがシートの通過完了を検知した時点に基づいて、前記加熱回転体の温度が前記第1温度よりも低い第2温度となるよう前記ヒータを制御することを特徴とする請求項6に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記プロセス部は、感光ドラムを有し、
前記搬送方向において前記感光ドラムの上流側に配置され、シートを搬送する複数の搬送ローラのうち、前記感光ドラムに最も近い搬送ローラであるレジストレーションローラと、
前記搬送方向において前記感光ドラムと前記レジストレーションローラとの間に配置され、シートの通過を検知可能な第1シートセンサとを備え、
前記制御部は、前記第1シートセンサがシートを検知した時点に基づいて前記駆動継続時間を設定することを特徴とする請求項5に記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記制御部は、前記第1シートセンサがシートの通過完了を検知した時点に基づいて、前記加熱回転体の温度が前記第1温度よりも低い第2温度となるよう前記ヒータを制御することを特徴とする請求項8に記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記制御部は、
前記カッターによりシートを切断した後、前記排出モータを制御して前記排出ローラを回転させて、切断した後の前記シートを排出し、
複数のシートが連続して印字される連続印字を実行する場合、切断した後の前記シートを排出した後、前記第1温度となるよう前記ヒータを制御することを特徴とする請求項7に記載の画像形成装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、画像形成装置に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1に開示の画像形成装置では、定着部の上方に設けられた排出部から、定着部を通過した用紙が排出される。定着部と排出部との間に設けられたカッターは、用紙を搬送方向と直交する方向に切断する。また、定着部から出た用紙の先端部が排出スイッチによって検知され、所定時間経過後に、用紙を排出する排出ローラが停止する。排出ローラが停止した場合、用紙上の先頭の画像と二番目の画像との間の境界線がカッターの切断位置に位置した状態となり、カッターが駆動されて用紙が当該境界線に沿って切断される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2002-362823号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に開示の画像形成装置では、カッターにより用紙が切断される場合、排出ローラが停止することで用紙の切断箇所がカッターの切断位置に位置した状態となる。排出ローラの停止に伴い、定着部の一対のローラも停止した場合、一対のローラの間のニップ部に熱が加わり、一対のローラが局所的に昇温する。これにより、定着部の耐久性が低下する場合がある。本開示は、定着部の耐久性が低下することを抑制することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記の課題を解決するために、本開示の画像形成装置は、シートに画像を形成するプロセス部と、加熱回転体と、前記加熱回転体を加熱するヒータと、前記加熱回転体との間でニップ部を形成する加圧回転体とを有し、シートに画像を定着させる定着部と、シートの搬送方向において前記定着部の下流側に配置され、シートを排出するための排出ローラと、少なくとも前記加熱回転体または前記加圧回転体に駆動力を伝達するメインモータと、前記搬送方向において前記定着部の下流側に配置され、シートを切断するカッターと、前記排出ローラに駆動力を伝達する排出モータと、制御部とを備え、前記制御部は、前記加熱回転体の温度がシートに画像を定着させる第1温度となるよう前記ヒータを制御し、前記メインモータを制御して、前記加熱回転体または前記加圧回転体を回転させてシートを搬送し、前記排出モータを制御して、前記排出ローラを回転させて前記ニップ部を通過したシートを搬送し、シートにおける切断位置がカッターの配置位置に到達した際に前記排出ローラを停止させ、前記排出ローラを停止させた後、前記メインモータを駆動して前記加熱回転体または前記加圧回転体を回転させている状態で、前記カッターによるシートの切断を開始する。
【0006】
制御部は、排出ローラを停止させた後、メインモータを駆動して加熱回転体または加圧回転体を回転させている状態で、カッターによるシートの切断を開始する。これにより、シートがニップ部を通過して排出ローラが停止した後であっても、加熱回転体及び加圧回転体が回転している状態となるので、加熱回転体及び加圧回転体が局所的に昇温することを抑制できる。よって、定着部の耐久性が低下することを抑制できる。
【0007】
本開示の画像形成装置では、前記プロセス部は、感光ドラムを有し、前記搬送方向において前記感光ドラムの上流側に配置され、シートを搬送する複数の搬送ローラのうち、前記感光ドラムに最も近い搬送ローラであるレジストレーションローラと、前記搬送方向において前記感光ドラムと前記レジストレーションローラとの間に配置され、シートの通過を検知可能な第1シートセンサとを備え、前記制御部は、前記第1シートセンサがシートを検知した時点に基づいて前記排出モータを制御してもよい。
【0008】
第1シートセンサは、感光ドラムとレジストレーションローラとの間に配置されている。また、レジストレーションローラは、感光ドラムの上流側に配置される複数の搬送ローラのうち、搬送方向において排出ローラに最も近い搬送ローラである。よって、第1シートセンサは、感光ドラムの上流側において排出ローラに極力近い位置に配置される。
【0009】
さらに、第1シートセンサがシートを検知した後に、シートは排出ローラに到達する。したがって、制御部は、第1シートセンサがシートを検知した時点に基づいて排出モータを制御するので、適切なタイミングで排出モータの駆動を開始して排出ローラの回転駆動を開始できる。
【0010】
本開示の画像形成装置では、前記定着部は、前記搬送方向において前記ニップ部の下流側に配置され、シートの通過を検知可能な第2シートセンサを有し、前記制御部は、前記第2シートセンサがシートを検知した時点に基づいて前記排出モータを制御してもよい。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
撮像装置
21日前
キヤノン株式会社
雲台装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
3か月前
株式会社リコー
画像形成装置
3か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
8日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
花王株式会社
印刷方法
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3か月前
キヤノン株式会社
トナー
9日前
キヤノン株式会社
トナー
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
29日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
15日前
キヤノン株式会社
トナー
15日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
17日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
今日
続きを見る