TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024021690
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-16
出願番号2022124706
出願日2022-08-04
発明の名称台車
出願人三甲株式会社
代理人弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
主分類B62B 5/00 20060101AFI20240208BHJP(鉄道以外の路面車両)
要約【課題】台盤にキャスターを固定するロック部材の管理を容易にする台車を提供する。
【解決手段】平面視略矩形状の台盤(11)と、台盤(11)の下面に設けられた座板収容部(40)と、座板収容部(40)に収容されるキャスター(30)であって、キャスター(30)の座板(31)が座板収容部(40)の収容口(41)から収容部(46)に向かう方向である挿入方向へスライド挿入されて収容されるキャスター(30)と、収容口(41)の近傍に配置され、収容口(41)の少なくとも一部を閉塞する閉塞状態と、収容口(41)を開放する開放状態と、に変位可能に設けられたロック部材(60)と、を備え、台盤(11)は、ロック部材(60)を閉塞状態に保持する第1保持部(52A)と、ロック部材(60)を開放状態に保持する第2保持部(52B)と、を有するように構成する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
平面視略矩形状の台盤と、
前記台盤の下面に設けられた座板収容部と、
前記座板収容部に収容されるキャスターであって、前記キャスターの座板が前記座板収容部の収容口から収容部に向かう方向である挿入方向へスライド挿入されて収容されるキャスターと、
前記収容口の近傍に配置され、前記収容口の少なくとも一部を閉塞する閉塞状態と、前記収容口を開放する開放状態と、に変位可能に設けられたロック部材と、
を備え、
前記台盤は、
前記ロック部材を前記閉塞状態に保持する第1保持部と、
前記ロック部材を前記開放状態に保持する第2保持部と、
を有する、
台車。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記台盤は、
前記収容口に隣接して形成されて、前記ロック部材を収容するロック収容部を有し、
前記ロック部材は、
前記台盤の下面から離間する方向および前記台盤の下面に近づく方向に変位可能に前記ロック収容部に収容され、
前記閉塞状態の場合は、前記台盤の下面から離間する方向である下方向に変位して、前記ロック部材の一部が前記座板収容部に収容された前記座板と当接可能となり、
前記開放状態の場合は、前記台盤の下面に近づく方向である上方向に変位して、前記ロック部材が前記収容口よりも前記上方向側へ位置し、前記座板収容部に収容された前記座板が前記ロック部材に当接することなく通過可能となる、
請求項1に記載の台車。
【請求項3】
前記座板収容部は、
前記座板のスライド方向および前記座板に垂直な方向に対して直交する方向である左右方向における前記収容口の両端部から前記座板の挿入方向へ所定長さ延びて、前記座板の相対向する側辺部をスライド挿入可能な一対の間隙を形成する一対の支持部を有し、
前記第1保持部および前記第2保持部は、前記ロック収容部において、前記ロック部材の前記閉塞状態と前記開放状態とに変位する変位方向に沿って配置されている、
請求項2に記載の台車。
【請求項4】
前記ロック収容部は、
前記台盤の下面から前記下方向にリブ状に突出して、一対の前記間隙のそれぞれの上面を形成すると共に、一対の前記間隙の前記上面の間を連絡する連絡壁部と、
前記台盤の下面から前記下方向にリブ状に突出して、前記連絡壁部に対向するように設けられた対向壁部と、
前記連絡壁部と前記対向壁部との間に、前記収容口の前記連絡壁部に沿った長さよりも短い間隔で設けられて、前記左右方向における前記ロック部材の位置決めをする位置決め部と、
を有する、
請求項3に記載の台車。
【請求項5】
前記ロック部材は、
前記連絡壁部および前記対向壁部に対向する側壁部を有し、
前記側壁部と、前記連絡壁部および前記対向壁部とのうちの一方は、前記ロック部材の変位方向に沿って形成された溝部を有し、
他方は、前記溝部に対向する位置に、前記溝部に摺動可能に嵌め込まれる突出部を有し、
前記ロック部材は、前記溝部と前記突出部との嵌合により前記ロック部材の変位方向に案内される、
請求項4に記載の台車。
【請求項6】
前記ロック部材は、
前記ロック収容部に収容された前記ロック部材を、前記下方向に向かって付勢する付勢部と、
前記閉塞状態において、前記台盤に係合し、前記ロック部材の前記ロック収容部からの離脱を防止する離脱防止部と、
を有し、
前記付勢部は、
前記開放状態において、前記ロック部材を前記下方向へ付勢し、
前記閉塞状態において、前記離脱防止部が前記台盤に係合するように付勢する、
請求項2から5のいずれか1項に記載の台車。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、台盤の下面にキャスターが取り付けられた台車に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、台車を構成する台板の下面に設けられた一対の取付け部の固定溝に、キャスターの座板の互いに対向する一対の側縁を横スライドさせて、奥側の壁面まで挿入する。そして、両取付け部間の横側壁面と平行に着脱具をスライド挿入して、着脱具の着脱片を横側壁面の係止部に係止することによって、ワンタッチで着脱具を取り付けることができる。また、着脱具の舌状片を押しながら、着脱片の係止を解除することによって、ワンタッチで着脱具を取り外すことができる構成が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-62922号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来の構成では、次のような問題がある。すなわち、着脱具の着脱片の係止を解除した状態では、着脱具は台板に保持されていないため、キャスター交換時等に、外した着脱具を紛失するおそれがある。また、キャスター交換時に、外した着脱具を別途管理する必要があり、作業性が低下するおそれがある。
【0005】
本発明の一態様は、台盤にキャスターを固定するロック部材の管理を容易にする台車を実現することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記の課題を解決するために、本発明の一態様に係る台車は、平面視略矩形状の台盤と、前記台盤の下面に設けられた座板収容部と、前記座板収容部に収容されるキャスターであって、前記キャスターの座板が前記座板収容部の収容口から収容部に向かう方向である挿入方向へスライド挿入されて収容されるキャスターと、前記収容口の近傍に配置され、前記収容口の少なくとも一部を閉塞する閉塞状態と、前記収容口を開放する開放状態と、に変位可能に設けられたロック部材と、を備え、前記台盤は、前記ロック部材を前記閉塞状態に保持する第1保持部と、前記ロック部材を前記開放状態に保持する第2保持部と、を有する。
【0007】
上記の台車において、前記台盤は、前記収容口に隣接して形成されて、前記ロック部材を収容するロック収容部を有し、前記ロック部材は、前記台盤の下面から離間する方向および前記台盤の下面に近づく方向に変位可能に前記ロック収容部に収容され、前記閉塞状態の場合は、前記台盤の下面から離間する方向である下方向に変位して、前記ロック部材の一部が前記座板収容部に収容された前記座板と当接可能となり、前記開放状態の場合は、前記台盤の下面に近づく方向である上方向に変位して、前記ロック部材が前記収容口よりも前記上方向側へ位置し、前記座板収容部に収容された前記座板が前記ロック部材に当接することなく通過可能となる構成としてもよい。
【0008】
上記の台車において、前記座板収容部は、前記座板のスライド方向および前記座板に垂直な方向に対して直交する方向である左右方向における前記収容口の両端部から前記座板の挿入方向へ所定長さ延びて、前記座板の相対向する側辺部をスライド挿入可能な一対の間隙を形成する一対の支持部を有し、前記第1保持部および前記第2保持部は、前記ロック収容部において、前記ロック部材の前記閉塞状態と前記開放状態とに変位する変位方向に沿って配置されている構成としてもよい。
【0009】
上記の台車において、前記ロック収容部は、前記台盤の下面から前記下方向にリブ状に突出して、一対の前記間隙のそれぞれの上面を形成すると共に、一対の前記間隙の前記上面の間を連絡する連絡壁部と、前記台盤の下面から前記下方向にリブ状に突出して、前記連絡壁部に対向するように設けられた対向壁部と、前記連絡壁部と前記対向壁部との間に、前記収容口の前記連絡壁部に沿った長さよりも短い間隔で設けられて、前記左右方向における前記ロック部材の位置決めをする位置決め部と、を有する構成としてもよい。
【0010】
上記の台車において、前記ロック部材は、前記連絡壁部および前記対向壁部に対向する側壁部を有し、前記側壁部と、前記連絡壁部および前記対向壁部とのうちの一方は、前記ロック部材の変位方向に沿って形成された溝部を有し、他方は、前記溝部に対向する位置に、前記溝部に摺動可能に嵌め込まれる突出部を有し、前記ロック部材は、前記溝部と前記突出部との嵌合により前記ロック部材の変位方向に案内される構成としてもよい。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自転車の傘
3か月前
個人
重量物移動台車
4日前
個人
サドル揺動装置
5か月前
個人
二輪バイク補助輪
5か月前
井関農機株式会社
作業機
1か月前
個人
自転車
6か月前
個人
車両用横転防止装置
1か月前
井関農機株式会社
作業機
3か月前
個人
クリアレインシェード
13日前
三甲株式会社
保護具
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
6か月前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
株式会社ホシプラ
台車
11日前
株式会社北誠商事
被覆構造体
2か月前
個人
自転車の駐輪装置
6か月前
三甲株式会社
台車
1か月前
三甲株式会社
台車
3か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
6か月前
井関農機株式会社
走行車両
1か月前
ヤマハ発動機株式会社
車両
1か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
6か月前
井関農機株式会社
作業車両
3か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
3か月前
THK株式会社
操舵装置
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両構造
6か月前
アルインコ株式会社
箱付き台車
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両構造
6か月前
ダイハツ工業株式会社
車両構造
4か月前
本田技研工業株式会社
車両
3か月前
カワサキモータース株式会社
乗物
2か月前
カヤバ株式会社
ストロークセンサ
3か月前
株式会社プライムダイレクト
カート
20日前
株式会社クボタ
作業車
6か月前
株式会社クボタ
作業車
3か月前
スズキ株式会社
車体後部構造
4か月前
スズキ株式会社
車体後部構造
4か月前
続きを見る