TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023149075
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-10-13
出願番号2022057437
出願日2022-03-30
発明の名称画像形成装置
出願人ブラザー工業株式会社
代理人
主分類B41J 2/47 20060101AFI20231005BHJP(印刷;線画機;タイプライター;スタンプ)
要約【課題】ポリゴンミラーが汚れていると判別した場合に動作を変更可能な画像形成装置を提供する
【解決手段】画像形成装置は、光源から出射され、かつポリゴンミラーによって反射されたレーザ光の光量が、第1基準値以下で、第2基準値より大きい場合に、表示部に、第1モードと第2モードとを選択可能とする画面を表示させる。第2モードを選択する情報が入力されなかった場合に、画像形成時にポリゴンミラーを第1回転速度で回転させ、第2モードを選択する情報が入力された場合に、画像形成時にポリゴンミラーを第1回転速度より小さい、第2回転速度で回転させる。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
レーザ光を出射する光源と、
前記光源から出射されたレーザ光を偏向するポリゴンミラーと、
前記ポリゴンミラーを回転するポリゴンモータと、
前記光源から出射され、かつ前記ポリゴンミラーによって反射されたレーザ光を受光して、前記反射されたレーザ光の光量を検出する受光素子と、
制御部と、
前記ポリゴンミラーの回転速度が互いに異なる第1モードと第2モードとを選択可能とする画面を表示する表示部と、
前記第1モードまたは前記第2モードの何れかを選択する情報が入力される入力部と、
を備え、
前記制御部は、
前記受光素子の出力値が、第1基準値より大きい場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを第1回転速度で回転させ、
前記受光素子の出力値が、前記第1基準値以下で、第2基準値より大きい場合に、前記表示部に、前記画面を表示させ、
前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力された場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第1回転速度より小さい、第2回転速度で回転させ、
前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力されなかった場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第1回転速度で回転させる、画像形成装置。
続きを表示(約 1,500 文字)【請求項2】
前記制御部は、
前記表示部での前記画面の表示から、所定時間内に、前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力されなかった場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第1回転速度で回転させ、
前記表示部での前記画面の表示から、前記所定時間内に、前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力された場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第2回転速度で回転させる、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記制御部は、前記画像形成装置の起動時において、
前記受光素子の出力値を前記第1基準値、および前記第2基準値と比較し、
前記比較の結果に基づいて、前記表示部に前記画面を表示させる、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記制御部は、
前記受光素子の出力値が前記第2基準値以下の場合に、前記表示部に画像形成不可と表示し、画像形成を行わない、請求項1から3の何れか1項に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記第1モードと前記第2モードとを識別する第1制御情報を記憶する記憶部を備え、
前記制御部は、
前記入力部から前記第1モードを選択する情報が入力された場合に、前記第1制御情報を前記第1モードに対応する情報とし、
前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力された場合に、前記第1制御情報を前記第2モードに対応する情報とする、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記制御部は、
前記表示部での前記画面の表示から、所定時間内に、前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力されなかった場合に、前記第1制御情報を前記第1モードに対応する情報とし、
前記表示部での前記画面の表示から、前記所定時間内に、前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力された場合に、前記第1制御情報を前記第2モードに対応する情報とする、請求項5に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記制御部は、
前記第1制御情報が前記第1モードに対応する情報のときに、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第1回転速度で回転させ、
前記第1制御情報が前記第2モードに対応する情報のときに、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第2回転速度で回転させる、請求項5または6に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記第1制御情報の初期状態は、前記第1モードに対応する情報である、請求項5から7の何れか1項に記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記画像形成装置の起動時において、
前記制御部は、
前記受光素子の出力値を前記第1基準値、および前記第2基準値と比較し、
前記比較の結果に基づいて、前記表示部に前記画面を表示させ、
前記入力部からの入力に基づいて、前記第1制御情報を書き換える、請求項5から8の何れか1項に記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記記憶部は、画像形成が可能か不可かを識別する第2制御情報を記憶し、
前記制御部は、
前記受光素子の出力値が前記第2基準値以下の場合に、前記第2制御情報を画像形成不可に対応する情報とし、
前記第2制御情報が画像形成不可に対応する情報の場合に、前記表示部に画像形成不可と表示し、画像形成を行わない、請求項5から9の何れか1項に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、シートに画像を形成する電子写真式の画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真プリンタなどの画像形成装置は、ポリゴンミラーを備える。特許文献1は、ポリゴンミラーで反射されたレーザ光をセンサで検出することで、ポリゴンミラーが汚れていることを判別して、ポリゴンミラーが汚れていると判別した場合は、その旨を報知する技術を開示する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2006-011300号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に開示の定着装置は、ポリゴンミラーが汚れていると判別した場合は、その旨を報知するのみであり、判別に応じて画像形成装置の動作状態を変更することは考慮されていない。
【0005】
本開示は、ポリゴンミラーが汚れていると判別した場合に動作状態を変更可能な画像形成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記の課題を解決するために、本開示の画像形成装置は、レーザ光を出射する光源と、前記光源から出射されたレーザ光を偏向するポリゴンミラーと、前記光源から出射され、かつ前記ポリゴンミラーによって反射されたレーザ光を受光して、前記反射されたレーザ光の光量を検出する受光素子と、前記ポリゴンミラーを回転するポリゴンモータと、制御部と、前記ポリゴンミラーの回転速度が互いに異なる第1モードと第2モードとを選択可能とする画面を表示する表示部と、前記第1モードまたは前記第2モードの何れかを選択する情報が入力される入力部と、を備え、前記制御部は、前記受光素子の出力値が、第1基準値より大きい場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを第1回転速度で回転させ、前記受光素子の出力値が、前記第1基準値以下で、第2基準値より大きい場合に、前記表示部に、前記画面を表示させ、前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力された場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第1回転速度より小さい、第2回転速度で回転させ、前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力されなかった場合に、画像形成時に前記ポリゴンミラーを前記第1回転速度で回転させる。
【0007】
上記構成によれば、受光素子の出力値が、第1基準値以下で、第2基準値より大きい場合(ポリゴンミラー表面の汚れが進んだ場合)、ユーザは、画像形成装置の動作を第1モードのままとするか、第2モードとするかを選択できる。第2モードは、ポリゴンミラーの回転速度が第1モードより遅いため、感光体ドラムを露光して静電潜像を形成する速度である画像形成速度、および、画像が形成される、単位時間あたりのシートの枚数である印刷速度は遅いが、ポリゴンミラー表面の汚れの進行速度を低下させることができる。
【0008】
本開示の画像形成装置において、前記制御部は、前記表示部での前記画面の表示から、所定時間内に、前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力されなかった場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第1回転速度で回転させ、前記表示部での前記画面の表示から、前記所定時間内に、前記入力部から前記第2モードを選択する情報が入力された場合に、画像形成時に前記ポリゴンモータを制御して前記ポリゴンミラーを前記第2回転速度で回転させる。
【0009】
上記構成によれば、所定時間内での第2モードを選択する情報の入力の有無に基づいて、第1モード、第2モードを決定できる。
【0010】
本開示の画像形成装置において、前記制御部は、前記画像形成装置の起動時において、前記受光素子の出力値を前記第1基準値、および前記第2基準値と比較し、前記比較の結果に基づいて、前記表示部に前記画面を表示させる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
積層体
8か月前
シヤチハタ株式会社
印判
1か月前
日本化薬株式会社
処理液
1か月前
株式会社デュプロ
転写装置
6か月前
三菱製紙株式会社
転写用基材
8か月前
シヤチハタ株式会社
吐出容器
7か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
11か月前
東京インキ株式会社
親水化剤
4か月前
東京インキ株式会社
親水化剤
4か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
9か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
7か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
7か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
6か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
7か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
10か月前
株式会社リコー
印刷装置
5か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
5か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
5か月前
個人
日本一の力を示す代表者印
10か月前
三菱製紙株式会社
画像形成方法
5か月前
株式会社リコー
電子機器
3か月前
キヤノン電子株式会社
印刷装置
8か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
4か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
5か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
6か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
7か月前
株式会社リコー
印刷装置
7か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
10か月前
独立行政法人 国立印刷局
印刷物
9か月前
オムロン株式会社
押圧治具
10か月前
三菱ケミカル株式会社
感熱記録体
9か月前
三光株式会社
感熱記録材料
2か月前
キヤノン株式会社
プリンタ
7か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
液滴吐出装置
9か月前
株式会社リコー
画像形成装置
6か月前
続きを見る