TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023180523
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-21
出願番号2022093895
出願日2022-06-09
発明の名称印刷装置
出願人株式会社リコー
代理人個人
主分類B41J 29/38 20060101AFI20231214BHJP(印刷;線画機;タイプライター;スタンプ)
要約【課題】印刷装置の操作者が、印刷装置が印刷不可なメンテナンス状態から印刷可能状態になるまで、操作画面前で待たなくてよいようにすることができる印刷装置を提供する。
【解決手段】本発明は、媒体を保持する保持部を搬送する搬送機構と、前記搬送機構により搬送される前記媒体に印刷する印刷部と、を備え、前記搬送機構は、前記印刷部のメンテナンスが行われているビジー状態であっても、印刷指示を受け入れて前記保持部の搬送を開始し、当該保持部を印刷開始位置で待機させ、前記印刷部は、前記ビジー状態が解かれた場合に、前記媒体に対する印刷を開始する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
媒体を保持する保持部を搬送する搬送機構と、
前記搬送機構により搬送される前記媒体に印刷する印刷部と、を備え、
前記搬送機構は、前記印刷部のメンテナンスが行われているビジー状態であっても、印刷指示を受け入れて前記保持部の搬送を開始し、当該保持部を印刷開始位置で待機させ、
前記印刷部は、前記ビジー状態が解かれた場合に、前記媒体に対する印刷を開始する、印刷装置。
続きを表示(約 270 文字)【請求項2】
前記印刷部は、前記ビジー状態である場合、前記印刷部にエラーが発生したか否かを判断し、前記印刷部にエラーが発生した場合、前記媒体に対する印刷を終了する、請求項1に記載の印刷装置。
【請求項3】
前記印刷部にエラーが発生した場合、前記印刷部にエラーが発生していることを表示する表示部をさらに備える請求項2に記載の印刷装置。
【請求項4】
前記印刷指示は、印刷指示ボタンの押下により入力され、前記ビジー状態であっても前記印刷指示ボタンを有効である、請求項1から3のいずれか一項に記載の印刷装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、印刷装置に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
印刷の生産性向上のため、印刷データの受信前に先行して印刷予備動作を行う技術が開発されている。特許文献1には、印刷スループットを早くする目的で、印刷装置のメンテナンス動作と給排紙動作を並行で動かす構成が開示されている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、上記の技術では、印刷装置が準備中(メンテナンス中)である場合は、操作パネル等で印刷処理の指示がすぐに実行できないという課題がある。
【0004】
本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、印刷装置の操作者が、印刷装置が印刷不可なメンテナンス状態から印刷可能状態になるまで、操作画面前で待たなくてよいようにすることができる印刷装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明は、媒体を保持する保持部を搬送する搬送機構と、前記搬送機構により搬送される前記媒体に印刷する印刷部と、を備え、前記搬送機構は、前記印刷部のメンテナンスが行われているビジー状態であっても、印刷指示を受け入れて前記保持部の搬送を開始し、当該保持部を印刷開始位置で待機させ、前記印刷部は、前記ビジー状態が解かれた場合に、前記媒体に対する印刷を開始する。
【発明の効果】
【0006】
本発明によれば、印刷装置の操作者が、当該印刷装置が印刷不可なメンテナンス状態から印刷可能状態になるまで、操作画面前で待たなくてよいようにすることができる、という効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0007】
図1は、第1の実施の形態にかかる印刷装置を適用したインクジェットプリンタの構成の一例を示す図である。
図2は、第1の実施の形態にかかるインクジェットプリンタが有する搬送プラテンの構成の一例を説明するための図である。
図3は、第1の実施の形態にかかるインクジェットプリンタの制御部の概要の一例を説明するための図である。
図4は、従来のインクジェットプリンタによる印刷実行時の処理の流れの一例を示すフローチャートである。
図5は、第1の実施の形態にかかるインクジェットプリンタによる印刷実行時の処理の流れの一例を示すフローチャートである。
図6は、第2の本実施の形態にかかるインクジェットプリンタによる印刷実行時の処理の流れの一例を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下に添付図面を参照して、印刷装置の実施の形態を詳細に説明する。
【0009】
(第1の実施の形態)
図1は、第1の実施の形態にかかる印刷装置を適用したインクジェットプリンタの構成の一例を示す図である。本発明の技術範囲には、この実施の形態に記載の範囲には限定されず、複合機、用紙以外の布帛などに印刷を行う装置等、その他の形態も含まれる。
【0010】
このインクジェットプリンタは、板金と一体となったスライドレール104でキャリッジ100を保持し、主走査モータ105によって、駆動プーリ106と従動プーリ107間に渡したタイミングベルト102を介してキャリッジ100を主走査方向に移動走査する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
積層体
6か月前
シヤチハタ株式会社
印判
17日前
株式会社デュプロ
転写装置
5か月前
東京インキ株式会社
親水化剤
3か月前
三菱製紙株式会社
転写用基材
6か月前
東京インキ株式会社
親水化剤
3か月前
シヤチハタ株式会社
吐出容器
6か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
6か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
3か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
6か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
9か月前
株式会社リコー
印刷装置
6か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
4か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
5か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
7か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
5か月前
キヤノン電子株式会社
印刷装置
7か月前
株式会社リコー
印刷装置
4か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
9か月前
三菱製紙株式会社
画像形成方法
3か月前
株式会社リコー
電子機器
2か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
3か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
6か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
6か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
3か月前
キヤノン株式会社
プリンタ
6か月前
独立行政法人 国立印刷局
印刷物
8か月前
三菱ケミカル株式会社
感熱記録体
8か月前
三光株式会社
感熱記録材料
1か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
6か月前
株式会社リコー
画像形成装置
7か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
日本製紙株式会社
感熱記録体
7か月前
株式会社リコー
画像形成装置
5か月前
株式会社リコー
液滴吐出装置
8か月前
日本製紙株式会社
感熱記録体
7か月前
続きを見る