TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024060727
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2022168187
出願日2022-10-20
発明の名称凸版印刷版の製造方法
出願人東レ株式会社
代理人
主分類B41C 1/00 20060101AFI20240425BHJP(印刷;線画機;タイプライター;スタンプ)
要約【課題】ロングラン印刷においても、ベタ濃度や網点径の変化を抑制し、良好な印刷物を得ることのできる凸版印刷版を提供すること。
【解決手段】支持体上に印刷レリーフを形成する工程および印刷レリーフをホウ酸系化合物溶液に接触させる工程を有する凸版印刷版の製造方法。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
支持体上に印刷レリーフを形成する工程および印刷レリーフをホウ酸系化合物溶液に接触させる工程を有する凸版印刷版の製造方法。
続きを表示(約 130 文字)【請求項2】
前記印刷レリーフがポリビニルアルコールを含む請求項1の凸版印刷版の製造方法。
【請求項3】
前記ホウ酸系化合物溶液におけるホウ酸系化合物濃度が0.5重量%以上20重量%以下である請求項1または2に記載の凸版印刷版の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は凸版印刷版の製造方法に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
凸版印刷は、凸状の印刷レリーフの頂点にインキを塗布し、被印刷体にインキを転写する印刷方式であり、樹脂凸版印刷やフレキソ印刷などが挙げられる。これらの中で、フレキソ印刷は、その柔軟性を活かして、紙器、ラベル、軟包装用途やエレクトロニクス用途などに広く使用されている。フレキソ印刷に用いられるフレキソ印刷版のレリーフを形成する方法としては、例えば、フレキソ印刷版原版の感光性樹脂層に、画像マスクや原画フィルムを介して紫外線を照射して画像部を選択的に光硬化させ、未硬化部分を現像液により除去する方法や、フレキソ印刷版原版の樹脂層を、レーザーを用いて直接画像様に彫刻する方法などが挙げられる。
【0003】
近年、環境への配慮から、露光・現像により印刷レリーフを形成する方法において、水により現像可能なフレキソ印刷版原版の開発が進んでおり、例えば、イオン性を有する官能基を含む樹脂(A)、光重合開始剤(B)、光重合性モノマー(C)、および樹脂(A)と対イオンを形成しうるイオン性官能基を有するフッ素含有化合物(D)を含む感光性樹脂組成物を用いてなる感光性樹脂印刷版原版(例えば、特許文献1参照)などが提案されている。また、現像工程を不要として現像廃液の課題を解決する、レーザーを用いた彫刻により印刷レリーフを形成する方法に用いられる印刷版原版として、例えば、支持体および支持体上に樹脂層を有し、樹脂層が(A)反応性基を側鎖に有する変性部分ケン化ポリ酢酸ビニル、(B)塩基性窒素を有するポリアミド、(C)5~7員環を有し、かつ重合可能なエチレン性二重結合を有する化合物、および(D)光重合開始剤を含有するレーザー彫刻用樹脂印刷原版(例えば、特許文献2参照)などが提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
国際公開第2018/088336号
国際公開第2014/129243号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、かかる従来技術の印刷版原版から得られる印刷版によりロングラン印刷を行うと、ベタ部の印刷濃度が低下したり、網点径が細るという課題があった。
【0006】
本発明は、上記課題に鑑み、ロングラン印刷においても、ベタ濃度や網点径の変化を抑制し、良好な印刷物を得ることのできる凸版印刷版を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するため、本発明は主として以下の構成を有する。
支持体上に印刷レリーフを形成する工程および印刷レリーフをホウ酸系化合物溶液に接触させる工程を有する凸版印刷版の製造方法。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、ロングラン印刷においても、ベタ濃度や網点径の変化を抑制し、良好な印刷物を得ることができる。
【発明を実施するための形態】
【0009】
本発明における凸版印刷版とは、支持体上に印刷レリーフを有する印刷版を指し、例えば、樹脂凸版印刷版やフレキソ印刷版などが挙げられる。前述のとおり、凸版印刷版を用いた印刷においては、ロングラン印刷の際に、ベタ部の印刷濃度(ベタ濃度)の低下や網点径が細る課題があった。本発明者らは、かかるベタ濃度の低下や網点径の細りは、印刷レリーフ中の未硬化成分が、印刷中に徐々にインキ中に抽出され、印刷レリーフの高さが低くなったり、印刷レリーフの径が小さくなったりすることによるものであることを見出した。そこで、本発明においては、支持体上に印刷レリーフを形成する工程(以下、「レリーフ形成工程」と記載する場合がある)に加えて、印刷レリーフをホウ酸系化合物溶液に接触させる工程(以下、「表面処理工程」と記載する場合がある)を有することを特徴とする。表面処理工程において、ホウ酸系化合物が、印刷レリーフに含まれるバインダー樹脂と反応して緻密な皮膜を形成するため、印刷レリーフ中の未硬化成分のインキ中への抽出を抑制し、ロングラン印刷においても、ベタ濃度や網点径の変化を抑制し、良好な印刷物を得ることができる。なお、表面処理工程に用いるホウ酸系化合物溶液を、「表面処理液」と記載する場合がある。
【0010】
以下、本発明について詳細に説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
衣服
1か月前
東レ株式会社
衣服
1か月前
東レ株式会社
積層体
12日前
東レ株式会社
風車翼
1か月前
東レ株式会社
分離膜
12日前
東レ株式会社
積層体
20日前
東レ株式会社
撹拌装置
17日前
東レ株式会社
人工皮革
1か月前
東レ株式会社
多層成形品
1か月前
東レ株式会社
積層フィルム
2か月前
東レ株式会社
積層フィルム
1か月前
東レ株式会社
積層フィルム
2か月前
東レ株式会社
光源ユニット
1か月前
東レ株式会社
溶融紡糸設備
3日前
東レ株式会社
フロントグリル
2か月前
東レ株式会社
浄化モジュール
17日前
東レ株式会社
中実糸モジュール
17日前
東レ株式会社
ポリエステルフィルム
1か月前
東レ株式会社
車両用衝撃吸収構造体
1か月前
東レ株式会社
凸版印刷版の製造方法
1か月前
東レ株式会社
固体電解質用補強シート
1か月前
東レ株式会社
シート、及び樹脂組成物
1か月前
東レ株式会社
配線付き基材の製造方法
1か月前
東レ株式会社
ポリマー電解質および電池
13日前
東レ株式会社
芳香族ポリアミドフィルム
1か月前
東レ株式会社
積層ポリエステルフィルム
26日前
東レ株式会社
凸版印刷版のインキ洗浄方法
18日前
東レ株式会社
二軸配向ポリプロピレンフィルム
1か月前
東レ株式会社
二軸配向ポリプロピレンフィルム
12日前
東レ株式会社
材料特性評価方法および解析方法
3日前
東レ株式会社
繊維積層構造体および防水透湿性衣料
25日前
東レ株式会社
ポリフェニレンサルファイドフィルム
1か月前
東レ株式会社
積層不織布、断熱材および真空断熱容器
12日前
東レ株式会社
繊維強化樹脂成形体およびその製造方法
27日前
東レ株式会社
除害装置、除害方法及び半導体製造方法
4日前
東レ株式会社
X線検査装置、及び風車ブレードの検査方法
3日前
続きを見る