TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024033981
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-13
出願番号2022137944
出願日2022-08-31
発明の名称画像形成装置
出願人ブラザー工業株式会社
代理人
主分類B41J 29/38 20060101AFI20240306BHJP(印刷;線画機;タイプライター;スタンプ)
要約【課題】切断するための加工後の印刷媒体を排出するタイミングおよび次の印刷媒体を供給するタイミングを改善した画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置(1)では、印刷媒体(S)に画像形成処理をした後、印刷媒体(S)を、搬送方向で前後する第1印刷媒体と第2印刷媒体とに切断するための加工が行われる。また、加工が行われたタイミングにて、次の印刷媒体(S)の供給の開始と、第1印刷媒体および第2印刷媒体との排出の開始とを同期して実行する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
印刷媒体を搬送する搬送部と、
前記印刷媒体を搬送方向へ搬送するための搬送路と、
前記搬送路に設けられるとともに、感光ドラムと、前記感光ドラム上にトナーを供給する現像ローラと、前記感光ドラム上に供給されたトナーを前記印刷媒体に転写する転写部と、前記印刷媒体に転写されたトナーを前記印刷媒体上に定着させる定着部と、を有する画像形成部と、
前記画像形成部よりも下流に設けられ、前記印刷媒体を切断するための加工をする加工部と、
制御部と、
を備え、
前記制御部は、
前記画像形成部により、前記印刷媒体に画像を形成する画像形成処理と、
前記画像形成処理の後、前記加工部により、前記印刷媒体を、前記搬送方向で前後する第1印刷媒体と第2印刷媒体とに切断するための加工をする加工処理と、
を実行し、
前記加工処理が完了したタイミングにおいて、次の印刷媒体の供給の開始と、前記加工処理にて加工した第1印刷媒体および第2印刷媒体との排出の開始とを同期して実行することを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,900 文字)【請求項2】
前記加工処理は、前記印刷媒体を前記第1印刷媒体と前記第2印刷媒体とに切断する切断処理であることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記加工部は、
切断刃と、前記切断刃を保持して初期位置から前記感光ドラムの軸線方向と同じ方向である走査方向へ駆動可能なキャリッジと、
を有し、
前記制御部は、
前記切断処理にて、前記キャリッジを前記初期位置から前記走査方向に移動させて前記印刷媒体を切断し、
前記切断処理が完了したタイミングにおいて、前記キャリッジが前記初期位置に戻る前に次の印刷媒体の供給の開始と、前記切断処理にて切断した第1印刷媒体および第2印刷媒体との排出の開始とを同期して実行することを特徴とする請求項2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記制御部は、
前記切断処理にて切断した第2印刷媒体の前記搬送方向における後端が前記切断刃の走査軌道を越えたタイミングで、前記キャリッジを前記切断処理が完了した位置である切断完了位置から、前記初期位置に戻すことを特徴とする請求項3に記載の画像形成装置。
【請求項5】
印刷媒体が載置される給送トレイと、
前記給送トレイに載置された印刷媒体をピックアップするピックアップローラと、
をさらに備え、
前記制御部は、
前記加工処理が完了したタイミングにおいて、前記加工処理にて加工した第1印刷媒体および第2印刷媒体との排出の開始と、前記ピックアップローラを駆動させることによる前記次の印刷媒体の供給の開始とを同期して実行することを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の画像形成装置。
【請求項6】
印刷媒体が載置される給送トレイと、
前記給送トレイに載置された印刷媒体をピックアップするピックアップローラと、
印刷媒体を排出トレイへ排出する排出ローラと、
前記ピックアップローラを駆動させる第1モータと、
前記第1モータとは異なる、前記排出ローラを駆動させる第2モータと、
をさらに備え、
前記制御部は、
前記切断処理が完了したタイミングにおいて、前記第1モータの回転を開始させ、前記第1モータの回転速度が前記ピックアップローラの駆動に適した回転速度になったことと同期して、前記第2モータの回転を開始させることで、前記排出ローラを駆動させることを特徴とする請求項2または3に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記制御部は、
前記第1モータの回転速度が前記ピックアップローラの駆動に適した回転速度になったタイミングにて、次の印刷媒体を前記ピックアップローラにニップさせることで、次の印刷媒体の供給の開始を実行することを特徴とする請求項6に記載の画像形成装置。
【請求項8】
印刷媒体が載置される給送トレイと、
前記給送トレイに載置された印刷媒体をピックアップするピックアップローラと、
印刷媒体を排出トレイへ排出する排出ローラと、
前記ピックアップローラおよび前記排出ローラを駆動させる第3モータと、
をさらに備え、
前記制御部は、
前記切断処理が完了したタイミングにおいて、前記第3モータによる前記ピックアップローラおよび前記排出ローラの駆動を開始させることを特徴とする請求項2または3に記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記第3モータと前記ピックアップローラとを接続するクラッチをさらに備え、
前記制御部は、
前記第3モータの回転速度が前記ピックアップローラの駆動に適した回転速度になったタイミングにて前記クラッチをオンに切り替え、前記ピックアップローラと前記第3モータとを接続することで次の印刷媒体の供給の開始を実行することを特徴とする請求項8に記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記ピックアップローラを駆動させる第1モータと、
前記第1モータと前記ピックアップローラとを接続するクラッチと、
をさらに備え、
前記制御部は、
前記第1モータの回転速度が前記ピックアップローラの駆動に適した回転速度になったタイミングにて前記クラッチをオンに切り替え、前記ピックアップローラと前記第1モータとを接続することで次の印刷媒体の供給の開始を実行することを特徴とする請求項5に記載の画像形成装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真プリンタなどの画像形成装置には、シートを裁断する裁断部を実装したものがある。特許文献1には、シートに画像形成処理を実行した後、裁断部にて裁断することにより、各々画像形成処理された、2つのシートを生成して、排出する画像形成装置が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-186448号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところが、特許文献1の画像形成装置では、裁断後のシートの排紙および次のシートの給紙のタイミングについて、改善の余地がある。
【0005】
本開示は、従来よりも、切断するための加工後の印刷媒体を排出するタイミングおよび次の印刷媒体を供給するタイミングを改善した画像形成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記の課題を解決するために、本開示の第1態様の画像形成装置は、印刷媒体を搬送する搬送部と、前記印刷媒体を搬送方向へ搬送するための搬送路と、前記搬送路に設けられるとともに、感光ドラムと、前記感光ドラム上にトナーを供給する現像ローラと、前記感光ドラム上に供給されたトナーを前記印刷媒体に転写する転写部と、前記印刷媒体に転写されたトナーを前記印刷媒体上に定着させる定着部と、を有する画像形成部と、前記画像形成部よりも下流に設けられ、前記印刷媒体を切断するための加工をする加工部と、制御部と、を備えている。前記制御部は、前記画像形成部により、前記印刷媒体に画像を形成する画像形成処理と、前記画像形成処理の後、前記加工部により、前記印刷媒体を、前記搬送方向で前後する第1印刷媒体と第2印刷媒体とに切断するための加工をする加工処理と、を実行し、前記加工処理が完了したタイミングにおいて、次の印刷媒体の供給の開始と、前記加工処理にて加工した第1印刷媒体および第2印刷媒体との排出の開始とを同期して実行する。
【0007】
本開示の第2態様の画像形成装置は、上記の第1態様において、前記加工処理は、前記印刷媒体を前記第1印刷媒体と前記第2印刷媒体とに切断する切断処理である構成としてもよい。
【0008】
本開示の第3態様の画像形成装置では、上記の第2態様において、前記加工部は、切断刃と、前記切断刃を保持して初期位置から前記感光ドラムの軸線方向と同じ方向である走査方向へ駆動可能なキャリッジと、を有している。前記制御部は、前記切断処理にて、前記キャリッジを前記初期位置から前記走査方向に移動させて前記印刷媒体を切断し、前記切断処理が完了したタイミングにおいて、前記キャリッジが前記初期位置に戻る前に次の印刷媒体の供給の開始と、前記切断処理にて切断した第1印刷媒体および第2印刷媒体との排出の開始とを同期して実行してもよい。
【0009】
本開示の第4態様の画像形成装置は、上記の第3態様において、前記制御部は、前記切断処理にて切断した第2印刷媒体の前記搬送方向における後端が前記切断刃の走査軌道を越えたタイミングで、前記キャリッジを前記切断処理が完了した位置である切断完了位置から、前記初期位置に戻してもよい。
【0010】
本開示の第5態様の画像形成装置は、上記の第1態様から第3態様のいずれかにおいて、印刷媒体が載置される給送トレイと、前記給送トレイに載置された印刷媒体をピックアップするピックアップローラと、をさらに備えている。前記制御部は、前記加工処理が完了したタイミングにおいて、前記加工処理にて加工した第1印刷媒体および第2印刷媒体との排出の開始と、前記ピックアップローラを駆動させることによる前記次の印刷媒体の供給の開始とを同期して実行してもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
積層体
8か月前
シヤチハタ株式会社
印判
2か月前
日本化薬株式会社
処理液
1か月前
株式会社デュプロ
転写装置
7か月前
三菱製紙株式会社
転写用基材
8か月前
東京インキ株式会社
親水化剤
5か月前
東京インキ株式会社
親水化剤
5か月前
シヤチハタ株式会社
吐出容器
8か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
7か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
8か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
6か月前
株式会社リコー
印刷装置
8か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
7か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
5か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
8か月前
株式会社リコー
印刷装置
5か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
5か月前
株式会社リコー
電子機器
4か月前
三菱製紙株式会社
転写捺染用紙
5か月前
キヤノン電子株式会社
印刷装置
16日前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
8か月前
三菱製紙株式会社
画像形成方法
5か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
8か月前
キヤノン株式会社
プリンタ
8か月前
三光株式会社
感熱記録材料
2か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
16日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
3か月前
東レ株式会社
凸版印刷版の製造方法
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
8か月前
フジコピアン株式会社
熱転写シート
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
8か月前
株式会社リコー
画像形成装置
7か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
2か月前
三菱製紙株式会社
直接感熱記録材料
2か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
6か月前
株式会社リコー
画像形成装置
3か月前
続きを見る