TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024055639
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-18
出願番号2022162733
出願日2022-10-07
発明の名称乗物用シート
出願人トヨタ紡織株式会社
代理人名古屋国際弁理士法人
主分類B60N 2/427 20060101AFI20240411BHJP(車両一般)
要約【課題】衝突時にリクライナに加わるトルクを低減できる乗物用シートを提供する。
【解決手段】本開示の一態様は、クッションフレームに固定されたロアアームと、バックフレームをロアアームに対して揺動させるリクライナとを備える乗物用シートである。ロアアームは、リクライナプレートを有する。リクライナプレートは、リクライナよりも下方に配置された衝撃吸収孔と、衝撃吸収孔からシート後方に延伸すると共にリクライナプレートの厚み方向に突出するように湾曲した第1ビードと、衝撃吸収孔からシート前方に延伸すると共に、リクライナプレートの厚み方向に突出するように湾曲した第2ビードとを有する。第2ビードの突出方向は、第1ビードの突出方向に対し反対方向である。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
シートクッションと、
前記シートクッションに対してシート前後方向に揺動可能なシートバックと、
前記シートクッションを支持するクッションフレームと、
前記シートバックを支持するバックフレームと、
前記クッションフレームに固定されたロアアームと、
前記バックフレームと前記ロアアームとに連結されると共に、前記バックフレームを前記ロアアームに対してシート前後方向に揺動させるように構成されたリクライナと、
を備え、
前記ロアアームは、前記リクライナが固定されると共に、前記クッションフレームに固定された板状のリクライナプレートを有し、
前記リクライナプレートは、
前記リクライナの回転中心軸よりも下方に配置された衝撃吸収孔と、
前記衝撃吸収孔からシート後方に延伸すると共に、前記リクライナプレートの厚み方向に突出するように湾曲した第1ビードと、
前記衝撃吸収孔からシート前方に延伸すると共に、前記リクライナプレートの厚み方向に突出するように湾曲した第2ビードと、
を有し、
前記第2ビードの突出方向は、前記第1ビードの突出方向に対し反対方向である、乗物用シート。
続きを表示(約 820 文字)【請求項2】
請求項1に記載の乗物用シートであって、
前記第1ビードは、シート幅方向において前記バックフレームに近づく方向に突出する、乗物用シート。
【請求項3】
請求項1又は請求項2に記載の乗物用シートであって、
前記リクライナの前記回転中心軸と平行な方向から視て、前記第1ビードの長手方向は、前記第2ビードの長手方向と交差する、乗物用シート。
【請求項4】
請求項1又は請求項2に記載の乗物用シートであって、
前記第2ビードのシート前方の端部は、前記リクライナと前記リクライナプレートとの接合部よりもシート前方に位置する、乗物用シート。
【請求項5】
請求項1又は請求項2に記載の乗物用シートであって、
前記リクライナプレートは、前記クッションフレームに固定された複数の固定部を有し、
前記衝撃吸収孔は、前記リクライナの前記回転中心軸と平行な方向から視て、前記リクライナの前記回転中心軸と、前記複数の固定部のうち最も下方に位置する固定部とに挟まれる位置に配置される、乗物用シート。
【請求項6】
請求項1又は請求項2に記載の乗物用シートであって、
前記リクライナは、前記バックフレームにシート幅方向外側から重ね合わされ、
前記クッションフレームは、前記リクライナと上下方向に対向すると共に、シート幅方向内側に向かって高さが小さくなるように傾斜した上面を有する傾斜部を有する、乗物用シート。
【請求項7】
請求項6に記載の乗物用シートであって、
前記クッションフレームは、
前記ロアアームが固定されたサイドフレームと、
前記サイドフレームに対しシート幅方向に重ね合わされた補強プレートと、
を有し、
前記傾斜部は、前記補強プレートに設けられる、乗物用シート。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、乗物用シートに関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
車両等に配置される乗物用シートにおいて、シートバックをシートクッションに対して揺動可能とするために、バックフレームと、クッションフレームに連結されたロアアームとの間にリクライナが設けられた構造が公知である(特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
米国特許第10752138号明細書
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ロアアームにリクライナが取り付けられた乗物用シートでは、乗物の衝突時に発生するバックフレームへの荷重が、リクライナにトルクとして伝達される。このトルクがリクライナに入力され続けると、リクライナの破損、リクライナとバックフレームとの接合部分の破損等が発生する。この結果、バックフレームが傾倒するおそれがある。
【0005】
本開示の一局面は、衝突時にリクライナに加わるトルクを低減できる乗物用シートを提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の一態様は、シートクッション(2)と、シートクッション(2)に対してシート前後方向に揺動可能なシートバック(3)と、シートクッション(2)を支持するクッションフレーム(4)と、シートバック(3)を支持するバックフレーム(5)と、クッションフレーム(4)に固定されたロアアーム(6)と、バックフレーム(5)とロアアーム(6)とに連結されると共に、バックフレーム(5)をロアアーム(6)に対してシート前後方向に揺動させるように構成されたリクライナ(7)と、を備える乗物用シート(1)である。
【0007】
ロアアーム(6)は、リクライナ(7)が固定されると共に、クッションフレーム(4)に固定された板状のリクライナプレート(61)を有する。リクライナプレート(61)は、リクライナ(7)の回転中心軸よりも下方に配置された衝撃吸収孔(617)と、衝撃吸収孔(617)からシート後方に延伸すると共に、リクライナプレート(61)の厚み方向に突出するように湾曲した第1ビード(618)と、衝撃吸収孔(617)からシート前方に延伸すると共に、リクライナプレート(61)の厚み方向に突出するように湾曲した第2ビード(619)と、を有する。第2ビード(619)の突出方向は、第1ビード(618)の突出方向に対し反対方向である。
【0008】
このような構成によれば、トルクが入力されたリクライナ(7)からクッションフレーム(4)へ伝達される荷重によって、互いに反対方向に突出した第1ビード(618)及び第2ビード(619)がそれぞれシート幅方向に変形する歪が誘発される。
【0009】
その結果、リクライナ(7)の破損が抑制されると共に、クッションフレーム(4)の変形が抑制される。さらに、リクライナ(7)とバックフレーム(5)との接合時に生じていた歪が衝撃吸収孔(617)によって吸収される。そのため、リクライナ(7)へのトルク入力発生時のリクライナ(7)とバックフレーム(5)との接合部分における破損が抑制される。
【0010】
本開示の一態様では、第1ビード(618)は、シート幅方向においてバックフレーム(5)に近づく方向に突出してもよい。このような構成によれば、第1ビード(618)よりもシート前方に配置された第2ビード(619)がバックフレーム(5)から離れる方向に突出するため、リクライナプレート(61)とバックフレーム(5)との干渉が避けやすくなる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
スーパーEV
2か月前
個人
設置部材
20日前
個人
骨組み型熱交換器
1か月前
個人
車内雨傘載置収納具
15日前
個人
自動車暴走抑制装置
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
28日前
日本精機株式会社
表示装置
20日前
株式会社タイヨー産業
補助枕
16日前
東レ株式会社
フロントグリル
1か月前
個人
断熱構造体とその製造方法
3か月前
日本精機株式会社
表示システム
8日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
10日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
オクト産業株式会社
自動車
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
今日
トヨタ自動車株式会社
車両
今日
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
株式会社SUBARU
車両
3か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
日本精機株式会社
車両用表示装置
3か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
2か月前
新明和工業株式会社
作業車両
2か月前
新明和工業株式会社
荷箱の天蓋装置
1か月前
カヤバ株式会社
シリンダ装置
1か月前
株式会社クボタ
作業車
15日前
株式会社クボタ
作業車
15日前
株式会社ニフコ
カップホルダ
16日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
3か月前
続きを見る