TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024065152
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-15
出願番号2022173894
出願日2022-10-31
発明の名称作業車
出願人株式会社クボタ
代理人個人,個人
主分類B60K 17/22 20060101AFI20240508BHJP(車両一般)
要約【課題】線状部材の配策を好適に行うことができる作業車を提供する。
【解決手段】エンジン3が固定される機体フレーム2と、前輪の車軸を支持し、揺動軸130回りに揺動可能な前車軸ケース20と、前車軸ケース20から機体フレーム2へ伝わる振動を吸収するサスペンション装置100と、エンジン3の下方に位置するように機体フレーム2に固定されると共に揺動軸130を支持し、エンジン3との間において、前後方向に延びる線状部材(第一ホース33、第二ホース160)を配策可能な配策空間Aを区画する支持部材110と、を具備する。
【選択図】図12
特許請求の範囲【請求項1】
エンジンが固定される機体フレームと、
前輪の車軸を支持し、揺動軸回りに揺動可能な前車軸ケースと、
前記前車軸ケースから前記機体フレームへ伝わる振動を吸収する緩衝装置と、
前記エンジンの下方に位置するように前記機体フレームに固定されると共に前記揺動軸を支持し、前記エンジンとの間において、前後方向に延びる線状部材を配策可能な配策空間を区画する支持部材と、
を具備する作業車。
続きを表示(約 800 文字)【請求項2】
前記エンジンは、
前後方向に延びるように下面に形成された凹部を有し、
前記配策空間は、
前記凹部と前記支持部材とによって区画される第一配策空間を含む、
請求項1に記載の作業車。
【請求項3】
前記線状部材は、
前記エンジンの後方側から、前記前車軸ケースに設けられたステアリングシリンダに接続される第一ホースを含み、
前記第一配策空間には、前記第一ホースが配策される、
請求項2に記載の作業車。
【請求項4】
前記配策空間は、
前記エンジンの側面と、前記側面に対向する前記機体フレームの内面と、前記支持部材と、によって区画される第二配策空間を含む、
請求項1に記載の作業車。
【請求項5】
前記緩衝装置は、
緩衝シリンダを具備し、
前記線状部材は、
前記エンジンの後方側から、前記緩衝シリンダに接続される第二ホースを含み、
前記第二配策空間には、前記第二ホースが配策される、
請求項4に記載の作業車。
【請求項6】
前記前車軸ケースが固定されると共に、前記支持部材に対して前記揺動軸回りに揺動可能に支持される揺動部材を具備し、
前記揺動部材は、
前後方向に延びるように上面に形成され、前記線状部材を案内可能な案内溝部を有する、
請求項1に記載の作業車。
【請求項7】
前記支持部材の下方には、前記エンジンからの駆動力を前記車軸に伝達する駆動伝達軸が配置される、
請求項1から請求項6までのいずれか一項に記載の作業車。
【請求項8】
前記支持部材に固定され、前記駆動伝達軸を下方から覆うカバー部を具備する、
請求項7に記載の作業車。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、作業車の技術に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、作業車の技術は公知となっている。例えば、特許文献1に記載の如くである。
【0003】
特許文献1には、トラクターが記載されている。上記トラクターは、エンジンの駆動力をミッションケース内の変速装置で変速し、機体の下側に配置された前輪駆動軸を介して、フロントアクスルケース内の車軸に伝達させている。上記フロントアクスルケースは、ケース揺動支持部(サスペンション装置)によって機体に対して揺動可能に支持されている。
【0004】
上述のようなトラクターでは、サスペンション装置やフロントアクスルケース等に、油圧を利用したシリンダが設けられる場合がある。この場合、上記シリンダに油を供給するためのホース等の線状部材を、好適に配策することが求められる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特許第3155738号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本開示の一態様は、以上の如き状況に鑑みてなされたものであり、その解決しようとする課題は、線状部材の配策を好適に行うことができる作業車を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本開示の一態様の解決しようとする課題は以上の如くであり、次にこの課題を解決するための手段を説明する。
【0008】
本開示の一態様に係る作業車は、エンジンが固定される機体フレームと、前輪の車軸を支持し、揺動軸回りに揺動可能な前車軸ケースと、前記前車軸ケースから前記機体フレームへ伝わる振動を吸収する緩衝装置と、前記エンジンの下方に位置するように前記機体フレームに固定されると共に前記揺動軸を支持し、前記エンジンとの間において、前後方向に延びる線状部材を配策可能な配策空間を区画する支持部材と、を具備するものである。
本開示の一態様によれば、線状部材の配策を好適に行うことができる。
【0009】
本開示の一態様に係る前記エンジンは、前後方向に延びるように下面に形成された凹部を有し、前記配策空間は、前記凹部と前記支持部材とによって区画される第一配策空間を含むものである。
本開示の一態様によれば、エンジンの下面に形成された凹部を利用して、線状部材を配策することができる。
【0010】
本開示の一態様に係る前記線状部材は、前記エンジンの後方側から、前記前車軸ケースに設けられたステアリングシリンダに接続される第一ホースを含み、前記第一配策空間には、前記第一ホースが配策されるものである。
本開示の一態様によれば、第一ホースの配策を好適に行うことができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
設置部材
1か月前
個人
骨組み型熱交換器
1か月前
個人
車内雨傘載置収納具
1か月前
個人
自動車暴走抑制装置
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
東レ株式会社
フロントグリル
2か月前
株式会社タイヨー産業
補助枕
1か月前
個人
キャンピングトレーラー
13日前
株式会社豊田自動織機
電動車両
4日前
個人
全自動解除式シートベルト
3日前
日本精機株式会社
表示システム
1か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
18日前
オクト産業株式会社
自動車
2か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
3か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
24日前
トヨタ自動車株式会社
車両
24日前
カヤバ株式会社
シリンダ装置
2か月前
株式会社クボタ
作業車
1か月前
新明和工業株式会社
荷箱の天蓋装置
2か月前
新明和工業株式会社
作業車両
3か月前
個人
視認ペダル操作システム
10日前
株式会社コーワ
フィルター清掃装置
10日前
株式会社クボタ
作業車
1か月前
株式会社ニフコ
カップホルダ
1か月前
ダイハツ工業株式会社
搬送装置
2か月前
オムロン株式会社
表示システム
1か月前
株式会社クボタ
作業車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両構造
24日前
続きを見る