TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024073872
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-30
出願番号2022184833
出願日2022-11-18
発明の名称車両
出願人トヨタ自動車株式会社
代理人個人
主分類B60R 16/04 20060101AFI20240523BHJP(車両一般)
要約【課題】昇圧回路の小型化。
【解決手段】車体の上面に取り付けられた第1の太陽電池パネル、車体の側面に取り付けられた第2の太陽電池パネル、第1及び第2の昇圧回路、第1の昇圧回路に接続されたメインバッテリ、第2の昇圧回路に接続されメインバッテリよりもバッテリ電圧が低いサブバッテリ、第1の太陽電池パネルの接続先を第1及び第2の昇圧回路のいずれかに切り換える第1のスイッチ、及び第2の太陽電池パネルの接続先を第1及び第2の昇圧回路のいずれかに切り換える第2のスイッチを備えた車両である。第1のスイッチは、第1の太陽電池パネルにおける発電電圧が基準値よりも高い場合に第1の昇圧回路、低い場合に第2の昇圧回路を選択する。第2のスイッチは、第2の太陽電池パネルにおける発電電圧が基準値よりも高い場合に第1の昇圧回路、低い場合に第2の昇圧回路を選択する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
車体の上面に取り付けられた第1の太陽電池パネルと、
前記車体の側面に取り付けられた第2の太陽電池パネルと、
第1及び第2の昇圧回路と、
前記第1の昇圧回路に接続されたメインバッテリと、
前記第2の昇圧回路に接続され、前記メインバッテリよりもバッテリ電圧が低いサブバッテリと、
前記第1の太陽電池パネルの接続先を前記第1及び第2の昇圧回路のいずれかに切り換える第1のスイッチと、
前記第2の太陽電池パネルの接続先を前記第1及び第2の昇圧回路のいずれかに切り換える第2のスイッチと、を備え、
前記第1のスイッチは、前記第1の太陽電池パネルにおける第1の発電電圧が第1の基準値よりも高い場合、前記第1の昇圧回路を選択し、前記第1の発電電圧が前記第1の基準値よりも低い場合、前記第2の昇圧回路を選択し、
前記第2のスイッチは、前記第2の太陽電池パネルにおける第2の発電電圧が第2の基準値よりも高い場合、前記第1の昇圧回路を選択し、前記第2の発電電圧が前記第2の基準値よりも低い場合、前記第2の昇圧回路を選択する、
車両。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は車両に関し、例えば車体の上面及び側面に太陽電池パネルが取り付けられた車両に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、ルーフ、ボンネット、及びドア上に太陽電池パネルが取り付けられた車両が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2021-151135号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
各太陽電池パネルにおいて発電された電力は、昇圧回路によって所定の電圧に昇圧され、バッテリに充電される。ここで、ドア等の車体の側面に設けられた太陽電池パネルにおける発電電圧は、ルーフやボンネット等の車体の上面に設けられた太陽電池パネルにおける発電電圧に比べ、小さい傾向にある。
【0005】
そのため、各太陽電池パネルにおいて発電された電力を同じバッテリ(例えば走行用のメインバッテリ)に充電しようとすると、特に発電電圧が低い太陽電池パネルにおける発電電圧を昇圧するための昇圧回路が大型化してしまう問題があった。
【0006】
本開示は、このような事情に鑑みなされたものであって、発電電圧が低い太陽電池パネルにおける発電電圧を昇圧するための昇圧回路を小型化可能な車両を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本開示の一態様に係る車両は、
車体の上面に取り付けられた第1の太陽電池パネルと、
前記車体の側面に取り付けられた第2の太陽電池パネルと、
第1及び第2の昇圧回路と、
前記第1の昇圧回路に接続されたメインバッテリと、
前記第2の昇圧回路に接続され、前記メインバッテリよりもバッテリ電圧が低いサブバッテリと、
前記第1の太陽電池パネルの接続先を前記第1及び第2の昇圧回路のいずれかに切り換える第1のスイッチと、
前記第2の太陽電池パネルの接続先を前記第1及び第2の昇圧回路のいずれかに切り換える第2のスイッチと、を備え、
前記第1のスイッチは、前記第1の太陽電池パネルにおける第1の発電電圧が第1の基準値よりも高い場合、前記第1の昇圧回路を選択し、前記第1の発電電圧が前記第1の基準値よりも低い場合、前記第2の昇圧回路を選択し、
前記第2のスイッチは、前記第2の太陽電池パネルにおける第2の発電電圧が第2の基準値よりも高い場合、前記第1の昇圧回路を選択し、前記第2の発電電圧が前記第2の基準値よりも低い場合、前記第2の昇圧回路を選択するものである。
【発明の効果】
【0008】
本開示により、発電電圧が低い太陽電池パネルにおける発電電圧を昇圧するための昇圧回路を小型化可能な車両を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
第1の実施形態に係る車両の斜視図である。
第1の太陽電池パネル10aの模式断面図である。
第1の実施形態に係る車両に搭載された充電システムを模式的に示すブロック図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、本開示を適用した具体的な実施形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。ただし、本開示が以下の実施形態に限定される訳ではない。また、説明を明確にするため、以下の記載及び図面は、適宜、簡略化されている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
スーパーEV
3か月前
個人
設置部材
1か月前
個人
骨組み型熱交換器
1か月前
個人
自動車暴走抑制装置
2か月前
個人
車内雨傘載置収納具
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
東レ株式会社
フロントグリル
2か月前
株式会社タイヨー産業
補助枕
1か月前
個人
キャンピングトレーラー
9日前
日本精機株式会社
表示システム
28日前
株式会社豊田自動織機
電動車両
今日
トヨタ自動車株式会社
車両
20日前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
3か月前
オクト産業株式会社
自動車
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
3か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
3か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
20日前
井関農機株式会社
作業車両
14日前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
3か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
新明和工業株式会社
荷箱の天蓋装置
2か月前
新明和工業株式会社
作業車両
3か月前
株式会社コーワ
フィルター清掃装置
6日前
株式会社クボタ
作業車
1か月前
株式会社クボタ
作業車
1か月前
カヤバ株式会社
シリンダ装置
2か月前
個人
視認ペダル操作システム
6日前
株式会社ニフコ
カップホルダ
1か月前
続きを見る