TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024034176
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-13
出願番号2022138249
出願日2022-08-31
発明の名称電池
出願人トヨタ自動車株式会社
代理人個人
主分類H01M 10/04 20060101AFI20240306BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】短絡の発生を抑制可能な電池を提供すること。
【解決手段】本開示に係る電池1は、複数の正極P1~Pnと、正極P1~Pnに対応する複数の負極N1~Nnと、正極及び負極を隔離する複数のセパレータS1~Snと、が鉛直方向に積層している電池である。電池1においては、上層部に位置するセパレータの水平面方向の大きさが、下層部に位置するセパレータの水平面方向の大きさよりも大きいか、上層部に位置するセパレータの熱収縮率が、下層部に位置するセパレータの熱収縮率よりも小さいか、の少なくともいずれかである。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
複数の正極と、前記正極に対応する複数の負極と、前記正極及び前記負極を隔離する複数のセパレータと、が鉛直方向に積層している電池であって、
上層部に位置するセパレータの水平面方向の大きさが、下層部に位置するセパレータの水平面方向の大きさよりも大きいか、上層部に位置するセパレータの熱収縮率が、下層部に位置するセパレータの熱収縮率よりも小さいか、の少なくともいずれかである、
電池。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、電池に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、正極と、負極とが、セパレータを介して積層され、長手方向に捲回されてなる電極体を備える電池が記載されている。特許文献1に記載のセパレータは、正極及び負極の少なくとも一方に対向する対向部と、対向部からはみ出したはみ出し部とを有している。
【0003】
特許文献1には、セパレータの熱収縮が大きくなると、セパレータに亀裂が入り、短絡の原因となることが記載されている。特許文献1に記載の電池においては、短絡の原因となるセパレータの亀裂の発生を抑制することを目的として、はみ出し部にセパレータ積重部が形成されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2020-053150号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、平置き積層型の電池の場合においても、セパレータの熱収縮が電池の性能に影響を及ぼす場合がある。
平置き積層型の電池においては、セパレータの熱収縮によって、正極と負極とが外縁部で接触し、短絡が発生する場合があった。特に、上層部においては、セパレータの熱収縮率が、下層部と比較して高くなる傾向にあるため、このような短絡がより発生しやすくなる傾向があった。
【0006】
本開示は、このような課題を解決するためになされたものであって、短絡の発生を抑制可能な電池を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本開示に係る電池は、
複数の正極と、前記正極に対応する複数の負極と、前記正極及び前記負極を隔離する複数のセパレータと、が鉛直方向に積層している電池であって、
上層部に位置するセパレータの水平面方向の大きさが、下層部に位置するセパレータの水平面方向の大きさよりも大きいか、上層部に位置するセパレータの熱収縮率が、下層部に位置するセパレータの熱収縮率よりも小さいか、の少なくともいずれかである、
電池である。
【0008】
このような構成によると、熱収縮率が高くなる傾向にある上層部のセパレータにおいても、熱収縮後の水平面方向の大きさを、各セパレータに当接する正極及び負極の水平面方向の大きさよりも、大きく保つことができる。その結果として、本実施形態に係る電池は、短絡の発生を抑制できる。
【発明の効果】
【0009】
本開示によって、短絡の発生を抑制可能な電池を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
従来技術に係る電池の構成を示す模式断面図である。
第1の実施形態に係る電池の構成を示す模式断面図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

トヨタ自動車株式会社
電池
16日前
トヨタ自動車株式会社
コイル
6日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
14日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
9日前
大日本印刷株式会社
流路部材
3日前
三菱電機株式会社
静止誘導器
14日前
富士電機株式会社
半導体装置
1日前
電気興業株式会社
反射板装置
16日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
10日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
6日前
中国電力株式会社
直線スリーブ
8日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
6日前
東レ株式会社
固体電解質用補強シート
10日前
株式会社村田製作所
コイル部品
15日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
6日前
ローム株式会社
半導体装置
13日前
ローム株式会社
半導体装置
10日前
日本無線株式会社
レーダアンテナ
3日前
個人
組み合わせアース端子
1日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
7日前
ローム株式会社
半導体装置
6日前
ヒロセ電機株式会社
電気コネクタ
9日前
トヨタ自動車株式会社
収容ケース
7日前
ヒロセ電機株式会社
電気コネクタ
9日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
16日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
16日前
富士電機株式会社
半導体装置
1日前
富士電機株式会社
半導体装置
1日前
矢崎総業株式会社
端子
15日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
16日前
株式会社ノーリツ
燃料電池ユニット
今日
三菱電機株式会社
半導体装置
9日前
オムロン株式会社
コイル部品
15日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
16日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
16日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
16日前
続きを見る