TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024027471
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-01
出願番号2022130291
出願日2022-08-17
発明の名称乗員保護装置
出願人豊田合成株式会社
代理人個人
主分類B60R 21/18 20060101AFI20240222BHJP(車両一般)
要約【課題】膨張時のバッグ本体部における導管部からの浮き上がりを規制可能として、乗員の保護性能を向上可能な乗員保護装置を提供すること。
【解決手段】乗員保護装置10は、シートベルト11のラップベルト部13に、エアバッグ29が折り畳まれて収納される。膨張完了時のエアバッグは、乗員MPを受止可能なバッグ本体部30と、バッグ本体部に膨張用ガスGを供給する導管部45と、を備える。エアバッグには、膨張完了時のバッグ本体部における導管部から離れた離隔側壁部35Rと、導管部の元部46の端部46a側と、を連結して、膨張用ガスの流入初期時における離隔側壁部35Rの端部46a側からの浮き上がりを規制可能な規制テザー55が、配設されている。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
シートに着座した乗員の腰部に装着されるシートベルトのラップベルト部に、膨張時に乗員の上半身を受け止めて保護可能なエアバッグが折り畳まれて収納され、
前記エアバッグが、膨張完了時に、下面側を、乗員の大腿部に支持させる支持面とし、後面側を、乗員拘束面として乗員を受止可能なバッグ本体部と、該バッグ本体部にガス供給装置からの膨張用ガスを供給する導管部と、を備えて構成され、
前記導管部が、前記シートベルトの下端側の固定端側に延びて、前記ガス供給装置に連結させる先端部と、膨張完了時の前記バッグ本体部の下面の後端側に連結されて、前記ガス供給装置からの膨張用ガスを前記バッグ本体部に供給する連通口を前記バッグ本体部に設けられた流入口に連通させた元部と、前記先端部と前記元部との間の筒状の中間部と、を備えて構成されるとともに、
折り畳まれた前記バッグ本体部が、前記導管部の元部側とともに、前記ラップベルト部のバッグ収納部位に組み付けられる構成とした乗員保護装置であって、
膨張完了時の前記バッグ本体部における前記導管部から離れた側の側壁部と、前記導管部の元部における前記中間部から離れた端部側と、を連結して、膨張用ガスの流入初期時における前記側壁部側の前記端部側からの浮き上がりを規制可能な規制テザーが、配設されていることを特徴とする乗員保護装置。
続きを表示(約 340 文字)【請求項2】
膨張完了時の前記バッグ本体部における前記導管部から離れた側の前記側壁部に対して左右方向で対向する前記導管部側の側壁部と、前記導管部の元部における前記中間部側の部位と、を連結して、膨張用ガスの流入時における前記導管部側の前記側壁部側における前記中間部側の部位からの浮き上がりを規制可能な第2の規制テザーが、配設されていることを特徴とする請求項1に記載の乗員保護装置。
【請求項3】
前記第2の規制テザーが、前記バッグ本体部における前記導管部から離れた側の前記側壁部と前記導管部の元部における前記中間部から離れた端部側とを連結した第1の前記規制テザーよりも、長さ寸法を長くして、配設されていることを特徴とする請求項2に記載の乗員保護装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、シートに着座した乗員を保護するための乗員保護装置に関する。
続きを表示(約 2,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、乗員保護装置としては、エアバッグが、シートベルトのラップベルト部の部位に、折り畳まれて配設されて、作動時に、膨張用ガスを流入させて膨張し、前方移動する乗員の上半身を受け止めて保護するものが知られている(例えば、特許文献1参照)。エアバッグは、膨張完了時に、下面側を、乗員の大腿部に支持させる支持面とし、後面側を、乗員拘束面として乗員を受止可能なバッグ本体部と、バッグ本体部にガス供給装置からの膨張用ガスを供給する導管部と、を備えて構成されていた。導管部は、シートベルトの下端側の固定端側に延びて、ガス供給装置に連結させる先端部と、膨張完了時のバッグ本体部の下面の後端側に連結されて、ガス供給装置からの膨張用ガスをバッグ本体部に供給する連通口をバッグ本体部に設けられたガス供給口に連通させた元部と、先端部と元部との間の筒状の中間部と、を備えて構成されていた。そして、エアバッグは、バッグ本体部が折り畳まれて、導管部の元部側とともに、ラップベルト部のバッグ収納部位に組み付けられていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-66425号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、従来の乗員保護装置では、作動時、膨張用ガスが、導管部の先端部側から中間部を経て元部に流入し、そして、元部の連通口から流入口を経てバッグ本体部内に流入することから、バッグ本体部内に流入する膨張用ガスは、バッグ本体部における導管部から離れた側の側壁部に当たりつつ前壁部側に流れて、導管部から離れた縁側を、導管部の元部から浮き上がらせて、乗員の上半身から離れる側に移動させる挙動を招き易い。すなわち、バッグ本体部の乗員拘束面の導管部から離れる縁側が、乗員の上半身から離れてしまう虞れが生ずることから、膨張時のバッグ本体部の導管部からの浮き上がりを規制することが、乗員の保護性能を向上させる点で、好ましい。
【0005】
本発明は、上述の課題を解決するものであり、膨張時のバッグ本体部における導管部からの浮き上がりを規制可能として、乗員の保護性能を向上可能な乗員保護装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明に係る乗員保護装置では、シートに着座した乗員の腰部に装着されるシートベルトのラップベルト部に、膨張時に乗員の上半身を受け止めて保護可能なエアバッグが折り畳まれて収納され、
前記エアバッグが、膨張完了時に、下面側を、乗員の大腿部に支持させる支持面とし、後面側を、乗員拘束面として乗員を受止可能なバッグ本体部と、該バッグ本体部にガス供給装置からの膨張用ガスを供給する導管部と、を備えて構成され、
前記導管部が、前記シートベルトの下端側の固定端側に延びて、前記ガス供給装置に連結させる先端部と、膨張完了時の前記バッグ本体部の下面の後端側に連結されて、前記ガス供給装置からの膨張用ガスを前記バッグ本体部に供給する連通口を前記バッグ本体部に設けられた流入口に連通させた元部と、前記先端部と前記元部との間の筒状の中間部と、を備えて構成されるとともに、
折り畳まれた前記バッグ本体部が、前記導管部の元部側とともに、前記ラップベルト部のバッグ収納部位に組み付けられる構成とした乗員保護装置であって、
膨張完了時の前記バッグ本体部における前記導管部から離れた側の側壁部と、前記導管部の元部における前記中間部から離れた端部側と、を連結して、膨張用ガスの流入初期時における前記側壁部側の前記端部側からの浮き上がりを規制可能な規制テザーが、配設されていることを特徴とする。
【0007】
本発明に係る乗員保護装置では、乗員がシートベルトを装着し、ラップベルト部を腰部の前方に配置させた状態で、作動されれば、導管部の先端部から流入するガス発生装置からの膨張用ガスが、導管部の中間部を経て元部に流入し、連通口から流入口を経て、バッグ本体部に流入し、バッグ本体部が、ラップベルト部のバッグ収納部位から膨張して突出する。その際、バッグ本体部は、流入する膨張用ガスにより、導管部から離れた側の側壁部(離隔側壁部とする)に当たりつつ前壁部側に流れて、導管部から離れた縁側を、導管部の元部から浮き上がらせて、乗員の上半身から離れる側に移動しようとするが、規制テザーにより、膨張用ガスの流入初期時における離隔側壁部の導管部の元部側からの浮き上がりが規制されることから、乗員拘束面における導管部側から離れる縁側が、乗員の上半身からの離隔を防止されて、乗員は、大腿部に支持面を支持された状態で、乗員から離隔されることを抑制された乗員拘束面によって、受け止められて保護される。
【0008】
したがって、本発明に係る乗員保護装置では、膨張時のバッグ本体部の導管部からの浮き上がりを規制されて、乗員の保護性能を向上させることができる。
【0009】
そして、本発明に係る乗員保護装置では、膨張完了時の前記バッグ本体部における前記導管部から離れた側の前記側壁部に対して左右方向で対向する前記導管部側の側壁部と、前記導管部の元部における前記中間部側の部位と、を連結して、膨張用ガスの流入時における前記導管部側の前記側壁部側における前記中間部側の部位からの浮き上がりを規制可能な第2の規制テザーが、配設されていることが望ましい。
【0010】
このような構成では、バッグ本体部の膨張時、導管部から離れる側の第1規制テザーが、バッグ本体部の離隔側壁部における導管部からの離隔を規制し、第2規制テザーが、離隔側壁部と左右方向で対向する側壁部(導管部に接近する近接側壁部とする)における導管部からの離隔を規制できる。すなわち、第2規制テザーにより、バッグ本体部の近接側壁部側の導管部からの離隔を規制できることから、第1,2規制テザーにより、膨張時のバッグ本体部の左右の揺動を規制できて、膨張完了時のバッグ本体部の姿勢を、揺動させること無く、迅速に安定させて、乗員を保護することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
スーパーEV
1か月前
個人
揺動照射照明装置
3か月前
個人
自動車暴走抑制装置
今日
株式会社コーワ
清掃装置
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
3か月前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
3か月前
東レ株式会社
フロントグリル
今日
個人
断熱構造体とその製造方法
1か月前
個人
ワイパーアームリフト装置
3か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
日本精機株式会社
車両用表示装置
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
16日前
オクト産業株式会社
自動車
23日前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
株式会社SUBARU
車両
10日前
トヨタ自動車株式会社
車両
20日前
株式会社SUBARU
車両
10日前
トヨタ自動車株式会社
車両
27日前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
16日前
株式会社SUBARU
車両
10日前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
2か月前
カヤバ株式会社
シリンダ装置
10日前
日本化薬株式会社
ガス発生器
1か月前
日邦産業株式会社
ウォッシャ
2か月前
新明和工業株式会社
荷箱の天蓋装置
7日前
新明和工業株式会社
作業車両
28日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
続きを見る