TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024072965
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-29
出願番号2022183889
出願日2022-11-17
発明の名称乗員保護装置
出願人豊田合成株式会社
代理人個人
主分類B60R 21/045 20060101AFI20240522BHJP(車両一般)
要約【課題】乗員と保護部との当接タイミングの遅延を抑制するとともに、乗員保護装置の交換性の向上を図ることができる乗員保護装置を提供する。
【解決手段】乗員保護装置50は、乗員Mの膝部MKを受け止めて乗員Mを保護する保護ユニット51と、運転席90の前方の待機位置と、待機位置よりも後方で運転席90と近接した位置である繰り出し位置とに保護ユニット51を移動させる移動機構52であって、車両1によって衝突の予備検知が行われた際に待機位置から繰り出し位置に保護ユニット51を移動させる移動機構52と、を備え、保護ユニット51は、車両1によって予備検知が行われた後、車両1の衝突が検知された際に繰り出し位置から後方に繰り出し、乗員Mの膝部MKを受け止めて乗員Mを保護し、移動機構52から着脱して交換可能に構成されている。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
車両のシートに着座する乗員を保護するための乗員保護装置において、
前記乗員の下肢を受け止めて前記乗員を保護する保護部と、
前記シートの前方の待機位置と、前記待機位置よりも後方で前記シートと近接した位置である繰り出し位置とに前記保護部を移動させる移動部であって、前記車両によって衝突の予備検知が行われた際に前記待機位置から前記繰り出し位置に前記保護部を移動させる移動部と、
を備え、
前記保護部は、
前記車両によって前記予備検知が行われた後、前記車両の衝突が検知された際に前記繰り出し位置から後方に繰り出し、前記乗員の下肢を受け止めて前記乗員を保護し、
前記移動部から着脱して交換可能に構成されていることを特徴とする乗員保護装置。
続きを表示(約 940 文字)【請求項2】
前記移動部は、前記車両によって前記予備検知が行われた後、前記車両の衝突が検知されずに所定の時間が経過した場合、前記繰り出し位置から前記待機位置に移動することを特徴とする請求項1に記載の乗員保護装置。
【請求項3】
前記保護部は、
インフレーターと、
前記インフレーターから供給された膨張用ガスによって膨張するエアバッグと、
を備え、
前記車両によって前記予備検知が行われた後、前記車両の衝突が検知された場合、前記エアバッグの膨張によって後方に繰り出すことを特徴とする請求項1に記載の乗員保護装置。
【請求項4】
前記保護部は、
前記移動部に固定される固定部材と、
前記固定部材の後方に前記固定部材と間隔を空けて配置され、前記乗員に当接する当接部材と、
前記固定部材に一端部が連結され、前記当接部材に他端部が連結された連結部材と、
前記当接部材を後方に向かって押圧する押圧部材と、
を備え、
前記車両によって予備検知が行われた後、前記車両の衝突が検知された場合、前記当接部材が前記押圧部材に押圧されることによって前記連結部材とともに後方に繰り出すことを特徴とする請求項1に記載の乗員保護装置。
【請求項5】
前記保護部は、前記移動部に対してネジ部材の締結によって取り付けられていることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の乗員保護装置。
【請求項6】
前記保護部は、前記移動部に設けられた被係合部に対して係合する係合部を備え、
前記係合部が前記被係合部に係合することにより前記保護部が前記移動部に装着され、前記係合部の前記被係合部に対する係合が解除されることにより前記保護部が前記移動部から取り外されることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の乗員保護装置。
【請求項7】
前記乗員保護装置は、前記車両のインストルメントパネルに設けられ、前記保護部によって前記車両の前座席に着座する前記乗員の下肢を受け止めて保護することを特徴とする請求項1に記載の乗員保護装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車両のシートに着座する乗員の下肢を受け止めて乗員を保護する乗員保護装置に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、特許文献1に記載の構成のように、乗員保護装置として、車両のシートの前方に設けられ、車両の衝突時に後方に繰り出してシートに着座する乗員の下肢を受け止めて乗員を保護する構成が知られている。特許文献1に記載の乗員保護装置は、乗員の下肢を受け止めるエアバッグ(保護部)と、エアバッグを保持し、車両の衝突が検知された後、エアバッグの膨張前に乗員に向かって後方に移動し、エアバッグの膨張時に開裂してエアバッグを繰り出させる移動部を有する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2022-11206号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載の構成では、車両の衝突が検知されたタイミングで移動部の後方への移動が開始される。このため、シートが後方側に移動されている場合など、乗員保護装置の搭載位置とシートとの間の距離が離れている場合、乗員と保護部の当接タイミングが遅延して乗員を的確に保護できないおそれがある。
【0005】
また、特許文献1に記載の構成では、エアバッグが移動部から繰り出す際に、移動部が開裂する。従って、乗員保護装置の使用後に移動部とエアバッグの両方を交換する必要があることから、乗員保護装置の交換作業の複雑化や交換費用の高額化を招来するおそれがある。
【0006】
そこで本発明は、乗員と保護部との当接タイミングの遅延を抑制するとともに、乗員保護装置の交換性の向上を図ることができる乗員保護装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するための本発明に係る乗員保護装置の代表的な構成は、車両のシートに着座する乗員を保護するための乗員保護装置において、前記乗員の下肢を受け止めて前記乗員を保護する保護部と、前記シートの前方の待機位置と、前記待機位置よりも後方で前記シートと近接した位置である繰り出し位置とに前記保護部を移動させる移動部であって、前記車両によって衝突の予備検知が行われた際に前記待機位置から前記繰り出し位置に前記保護部を移動させる移動部と、を備え、前記保護部は、前記車両によって前記予備検知が行われた後、前記車両の衝突が検知された際に前記繰り出し位置から後方に繰り出し、前記乗員の下肢を受け止めて前記乗員を保護し、前記移動部から着脱して交換可能に構成されていることを特徴とする。
【0008】
本発明によれば、乗員保護装置において、乗員と保護部との当接タイミングの遅延を抑制するとともに、乗員保護装置の交換性の向上を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の一実施形態に係る乗員保護装置を搭載した車両の運転席の周囲を左側から見た図である。
運転席から前方を見た図である。
乗員保護装置の断面概略図である。
車両の衝突の予備検知が行われた際の乗員保護装置の断面概略図である。
車両の衝突が検知された際の乗員保護装置の断面概略図である。
車両の衝突が検知された際の運転席の周囲を左側から見た図である。
乗員保護装置の保護ユニットの交換時の様子を示す概略図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、まず本発明の一実施形態に係る乗員保護装置50の全体構成について、図面を参照しながら説明する。以下の説明において、左右方向は、乗員保護装置50を搭載した車両1の左方向と右方向、具体的には運転席90に着座する乗員Mから見た左方向と右方向を意味する。前後方向は、車両1の前方向と後方向、具体的には運転席90に着座する乗員Mから見た前方向と後方向を意味する。上下方向は、鉛直方向の上方向と下方向を意味する。なお、以下に記載されている構成部品の寸法、材質、形状、相対配置等は、特定的な記載がない限り、この発明の範囲をそれらのみに限定する趣旨のものではない。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

豊田合成株式会社
送電装置
15日前
豊田合成株式会社
ガラスラン
14日前
豊田合成株式会社
歩行者保護装置
8日前
個人
車両用エアー傘
14日前
個人
設置部材
2か月前
個人
骨組み型熱交換器
2か月前
個人
自動車盗難防止装置
14日前
個人
車内雨傘載置収納具
2か月前
個人
自動車暴走抑制装置
3か月前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
個人
荷台雨除け装置
23日前
東レ株式会社
フロントグリル
3か月前
株式会社タイヨー産業
補助枕
2か月前
個人
キャンピングトレーラー
1か月前
株式会社豊田自動織機
電動車両
29日前
個人
全自動解除式シートベルト
28日前
日本精機株式会社
表示システム
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
16日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
16日前
井関農機株式会社
作業車両
17日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
個人
テーブル付きハンドルガード具
24日前
個人
セパレート型キャンピングカー
14日前
株式会社コーワ
フィルター清掃装置
1か月前
株式会社クボタ
作業車
2か月前
個人
視認ペダル操作システム
1か月前
株式会社コーワ
フィルター清掃装置
21日前
株式会社クボタ
作業車
2か月前
株式会社ニフコ
カップホルダ
2か月前
ダイハツ工業株式会社
搬送装置
2か月前
ダイハツ工業株式会社
車両構造
21日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
続きを見る