TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024017052
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-08
出願番号2022119429
出願日2022-07-27
発明の名称液体水素移送システム
出願人トキコシステムソリューションズ株式会社
代理人個人,個人
主分類C01B 3/00 20060101AFI20240201BHJP(無機化学)
要約【課題】液体水素の移送に伴うボイルオフガスの発生をより簡易に抑制することが可能な技術を提供する。
【解決手段】一実施形態に係る液体水素移送システム1は、液体水素を貯留する液体水素貯槽10と、液体水素を貯留する液体水素貯槽20と、液体水素貯槽10と液体水素貯槽20との間で液体水素を移送するための液体水素流路31と、液体水素流路31に設けられ、液体水素に含まれるオルト水素のパラ水素への転換を促進する触媒を含むオルト・パラ転換触媒槽31Rと、を備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
液体水素を貯留する第1の貯留部と、
液体水素を貯留する第2の貯留部と、
前記第1の貯留部と前記第2の貯留部との間で液体水素を移送するための第1の経路と、
前記第1の経路に設けられ、液体水素に含まれるオルト水素のパラ水素への転換を促進する触媒を含む転換促進部と、を備える、
液体水素移送システム。
続きを表示(約 410 文字)【請求項2】
前記第1の貯留部から前記第2の貯留部に液体水素を移送するための前記第1の経路、及び前記第2の貯留部から前記第1の貯留部に液体水素を移送するための前記第1の経路が設けられ、
前記転換促進部は、前記第1の貯留部から前記第2の貯留部に液体水素を移送するための前記第1の経路、及び前記第2の貯留部から前記第1の貯留部に液体水素を移送するための前記第1の経路の双方に設けられる、
請求項1に記載の液体水素移送システム。
【請求項3】
前記第1の貯留部と前記第2の貯留部との間を接続する管部と、
液体水素が気化したボイルオフガスを前記第1の貯留部及び前記第2の貯留部の少なくとも一方から外部に流出させるための第2の経路と、を備え、
前記第1の経路及び前記第2の経路の双方は、前記管部の内部に設けられる、
請求項1又は2に記載の液体水素移送システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、液体水素移送システムに関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、第1の貯留部と第2の貯留部との間で、液体水素を移送する移送システムが知られている(特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014-108759号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、液体水素の移送の過程や移送後の貯留の過程では、様々な要因で液体水素が気化したボイルオフガス(BOG:Boil Off Gas)が発生する可能性がある。そのため、例えば、ボイルオフガスを燃料として利用可能な設備や液化するための設備がない場合、貯留部の圧力上昇に伴いボイルオフガスを大気に放出する必要が生じる。よって、液体水素の移送に伴うボイルオフガスの発生は抑制されることが望ましい。
【0005】
一方、例えば、液体水素の移送経路や移送先の貯留部を液体窒素等で冷却可能な構造を採用し、ボイルオフガスの発生を抑制することも可能であるが、設備が複雑化しコストの上昇を招来する可能性がある。
【0006】
そこで、上記課題に鑑み、液体水素の移送に伴うボイルオフガスの発生をより簡易に抑制することが可能な技術を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記目的を達成するため、本開示の一実施形態では、
液体水素を貯留する第1の貯留部と、
液体水素を貯留する第2の貯留部と、
前記第1の貯留部と前記第2の貯留部との間で液体水素を移送するための第1の経路と、
前記第1の経路に設けられ、液体水素に含まれるオルト水素のパラ水素への転換を促進する触媒を含む転換促進部と、を備える、
液体水素移送システムが提供される。
【発明の効果】
【0008】
上述の実施形態によれば、液体水素の移送に伴うボイルオフガスの発生をより簡易に抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
液体水素移送システムの第1例を示す図である。
液体水素移送システムの第2例を示す図である。
液体水素移送システムの第3例を示す図である。
移送管の構造の一例を示す断面図である。
移送管の構造の一例を示す断面図である。
移送管の構造の一例を示す断面図である。
再液化装置の構成の一例を概略的に示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、図面を参照して実施形態について説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

川崎重工業株式会社
合成ガスの製造方法
18日前
株式会社トクヤマ
改質六方晶窒化ホウ素粉末の製造方法
17日前
東ソー株式会社
耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体
18日前
個人
硫化リチウムの製造方法および製造装置
8日前
太平洋セメント株式会社
無機酸化物中空粒子
18日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
オキソ酸金属塩の製造方法
16日前
高純度シリコン株式会社
多結晶シリコンの製造方法
2日前
国立大学法人東海国立大学機構
水素の製造装置および水素の製造方法
2日前
太平洋セメント株式会社
多泡状無機酸化物中空粒子
26日前
住友大阪セメント株式会社
分散液、化粧料、分散液の製造方法
2日前
株式会社エスイー
無水金属塩化物の製造方法
23日前
DIC株式会社
モリブデン被覆アルミナ粒子およびその製造方法
18日前
東洋化学工業株式会社
塩化銀粒子および塩化銀含有ペースト
11日前
三菱重工業株式会社
水素製造装置、及び水素製造システム
3日前
株式会社クラレ
炭素質材料、蓄電デバイス用負極、蓄電デバイス、及び炭素質材料の製造方法
25日前
国立大学法人長岡技術科学大学
ヨウ素の取得方法
16日前
崑山科技大学
土粘土及び酸化グラフェンで成長させた三次元カーボンナノチューブの作製と応用
10日前
太平洋セメント株式会社
酸化ホウ素含有無機酸化物中空粒子の製造方法
4日前
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
シリカ粒子の製造方法
11日前
国立大学法人北海道大学
複合材料及びその製造方法
17日前
月島機械株式会社
金属化合物の微粒子の製造方法、金属化合物の微粒子
8日前
国立大学法人東海国立大学機構
アモルファスジルコニアナノシートの合成
26日前
日揮触媒化成株式会社
アルカリ土類金属リン酸塩化合物およびその製造方法
16日前
日揮触媒化成株式会社
溶媒リサイクル法を用いた酸化チタンゾルの製造方法および酸化チタンゾル
3日前
信越化学工業株式会社
六方晶窒化ホウ素の製造方法
25日前
アンリツ株式会社
グラフェンシート及びグラフェンナノリボン製造方法
16日前
株式会社東芝
ニオブチタン酸化物、活物質、電極、二次電池、電池パック、及び車両
23日前
住友大阪セメント株式会社
二酸化炭素利用システム、炭酸カルシウムの製造装置及び製造方法
22日前
三菱ケミカル株式会社
シリカ粒子、シリカ粒子の製造方法、シリカゾル及びシリカゾルの製造方法
11日前
国立大学法人東北大学
有機修飾酸化物微粒子の製造方法及び有機修飾酸化物微粒子
15日前
株式会社東芝
ニオブチタン系酸化物、電極、二次電池、電池パック、車両、及び定置用電源
25日前
株式会社レゾナック
フラーレンの製造装置及びフラーレンの製造方法
1日前
アンリツ株式会社
グラフェン薄膜製造方法及びグラフェン薄膜基板
16日前
イーピー ミネラルス,エルエルシー
直行珪藻土機能性フィラー製品の製造プロセス
25日前
ビーエーエスエフ コーポレーション
CHAゼオライト材料および関連する合成方法
25日前
扶桑化学工業株式会社
コロイダルシリカ及びその製造方法
29日前
続きを見る