TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024008317
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-19
出願番号2022110081
出願日2022-07-07
発明の名称穴なしナットと芯なしボルト
出願人個人
代理人
主分類F16B 37/00 20060101AFI20240112BHJP(機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段)
要約【課題】ボルトとナットは機械や建造物の接合に広く使われているが、抜け落ちて問題が起こる事がしばしばある。本発明はボルトナットの抜け落ちに対する予防と対策である。
【解決手段】ナットの内径をゼロにボルトの谷径をゼロにした。ナットは穴がなく遮光性が保たれる特性が生まれボルトが抜け落ちても遮光性が保たれる。また、ボルトは軸方向に伸縮可能な板バネとしての特性が生まれ、ボルトとナットは互いに引き合う方向にバネの復元力が働きボルトのナットの接触面積が大きい事からネジの緩み防止になる事を特徴とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
ナットの内径をゼロにしたことによりナットに新たな特性が生まれた。穴がなく遮光性が保たれる特性であり、ねじ山の面積が大きくボルトとの接触面が広い特徴を持つ。
続きを表示(約 96 文字)【請求項2】
ボルトの谷径をゼロにした事によりボルトに新たな特性が生まれた。軸方向に伸縮可能な板バネとしての特性であり、ねじ山の面積が大きくナットとの接触面が広い特徴を持つ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ボルトとナットの谷径及び内径をゼロにしたボルトとナットの組みである。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
本来、ナットには穴がありボルトには芯があり、ねじることにより2つが合わさり機械や建造物などの接合に使われている。
【0003】
しかし、ボルトナットは振動などで抜けてしまうこともあり、穴から光や穴よりも小さい物質が漏れることがある。ボルトナットは抜ける事がある事、抜けた時に穴から光や物質が漏れるといった欠点があった。
【0004】
ボルトナットは振動で抜けにくい方がいいし、抜けても穴が開かなければ光や物が漏れなくていい。
【0005】
この改善策として、ボルトとナットの谷径及び内径をゼロにした「穴なしナット」と「芯なしボルト」を考案した。(図1の穴なしナット説明図と図2の芯なしボルト説明図)ボルトが抜けた状態でもナットの穴はなく光も漏れない。また芯のないボルトには軸方向に伸縮可能な特性が生まれる。ボルトを軸方向に少し縮めておけばナットにボルトを入れた時にボルトとナットを引き寄せる方向に力が働きスプリングワッシャーと逆方向の力をもつバネとして機能する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2015-178840公報「ワッシャー」
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
解決しようとする問題点は、ボルトナットはしばしば抜け落ちる事、また外れた時に穴が開いてしまうと遮光性が失われ穴より小さい物質が漏れる点である。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、ナットの内径をゼロにした「穴なしナット」とボルトの谷径をゼロにした「芯なしボルト」の組であり、ボルトが抜け落ちても遮光性は維持され、芯のないボルトはバネの特性も生まれ軸方向にあらかじめ縮めたボルトはボルトナットを引き寄せる方向の復元力が生じてゆるみ防止機能を持つ事を最も主要な特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
「穴なしナット」は光が漏れない遮光性を持つ。また「芯なしボルト」は芯が有る事による制約が無くなり軸方向の伸縮性を獲得し、ネジ山はらせん状の板となりバネとしての特性が生まれる。軸方向に縮めた芯なしボルトを穴なしナットに合体すると芯なしボルトのネジ山にはボルトナットを引き寄せる方向にバネの復元力が生じゆるみ防止機能となる。スプリングワッシャーに似ているが、スプリングワッシャーのバネ復元力はボルトナットを引き離す方向であり、引き寄せる方向のバネ復元力を持つ本発明の方が優れている。
【図面の簡単な説明】
【0010】
は穴なしナット説明図である。 V1 穴なしナット上面図 V2 穴なしナット正面図 V3 穴なしナット切り捨て部分の正面図 V4 穴なしナット底面図 V5 切り捨て前の円柱の立体図 V6 穴なしナット切り捨て部分の立体図 V7 穴なしナットの立体図
は芯なしボルト説明図である。 V8 芯なしボルト上面図 V9 芯なしボルト立体図 V10 芯なしボルト正面図 V11 10%縮めた芯なしボルト上面図 V12 10%縮めた芯なしボルト立体図 V13 10%縮めた芯なしボルト正面図
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許