TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023182978
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-27
出願番号2022096306
出願日2022-06-15
発明の名称装飾品の作製キット及び装飾品の作製キットの製造方法、並びに装飾品の製造方法
出願人株式会社 カワダ
代理人個人
主分類B44C 5/04 20060101AFI20231220BHJP(装飾技術)
要約【課題】本発明は、設計の自由度を向上させる装飾品の作製キットを実現できる。
【解決手段】本発明は、表面が一色の枠板本体層と、前記枠板本体層の裏面の粘着層と、前記粘着層を覆う剥離層とを有する粘着層部と3層構造を有し、透明板に対してカラー部分が透明印刷された造形部に対応しステンドグラスの装飾枠を模した装飾枠部、前記装飾枠部と前記周囲部とを接続する枠接続保持部とを有する枠板部のうち、装飾枠部に対応する部分の剥離層を剥離する剥離ステップと、造形部を有する造形板部を前記装飾枠部に対して貼り合わせる貼り合わせステップと、前記貼り合わされた前記造形部及び前記装飾枠部を前記枠周囲部から型抜きする型抜きステップとを有する。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
透明板に対してカラー部分が透明印刷された造形部を有する造形板部と、
表面が一色の枠板本体層と、前記枠板本体層の裏面の粘着層と、前記粘着層を覆う剥離層とを有する3層構造を有し、前記造形部に対応し、ステンドグラスの装飾枠を模した装飾枠部と、前記装飾枠部を囲む枠周囲部と、前記装飾枠部と前記枠周囲部との間に形成された枠周囲ギャップと、前記装飾枠部と前記枠周囲部とを接続する枠接続保持部とを有する枠板部と
を備えることを特徴とする装飾品の作製キット。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記造形板部は、
前記造形部を囲む造形周囲部と、前記造形部と前記造形周囲部とを接続する造形接続保持部とを有し、前記造形部と前記造形周囲部との間に造形周囲ギャップが形成されている
ことを特徴とする請求項1に記載の装飾品の作製キット。
【請求項3】
前記装飾枠部は、
前記枠接続保持部と接触する外側枠と、前記枠接続保持部と接触しない内側枠とを有し、
前記外側枠の幅は、前記内側枠の幅より太い
ことを特徴とする請求項1に記載の装飾品の作製キット。
【請求項4】
前記造形部は、
前記装飾枠部に対応する黒枠線部を有し、
前記黒枠線部の幅は、前記装飾枠部の内側枠の幅よりも小さい
ことを特徴とする請求項1記載の装飾品の作製キット。
【請求項5】
前記外側枠の幅は、
0.4~3.0mmであり、
前記内側枠の幅は、
1. 2~0.8mmであり、
前記枠周囲ギャップの幅は、
0.1~0.4mmである
ことを特徴とする請求項3に記載の装飾品の作製キット。
【請求項6】
前記枠板部は、
前記枠板本体層、前記粘着層、前記剥離層の3層からなる加工前枠板に対し、レーザカットにより前記装飾枠部と前記枠周囲ギャップとが形成される
ことを特徴とする請求項1に記載の装飾品の作製キットの製造方法。
【請求項7】
前記装飾枠部は、
透明なプラスチック板である加工前造形板に対し、カラー印刷が施された後、レーザカットにより前記造形周囲ギャップが形成される
ことを特徴とする請求項2に記載の装飾品の作製キットの製造方法。
【請求項8】
表面が一色の枠板本体層と、前記枠板本体層の裏面の粘着層と、前記粘着層を覆う剥離層とを有する3層構造を有し、透明板に対してカラー部分が透明印刷された造形部に対応しステンドグラスの装飾枠を模した装飾枠部、前記装飾枠部と前記装飾枠部の周囲を構成する枠周囲部とを接続する枠接続保持部とを有する枠板部のうち、前記装飾枠部に対応する部分の剥離層を剥離する剥離ステップと、
前記造形部を有する造形板部を前記装飾枠部に対して貼り合わせる貼合せステップと、
前記貼合わされた前記造形部及び前記装飾枠部を前記枠周囲部から型抜きする型抜きステップと
を有することを特徴とする装飾品の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、部屋を装飾するための置物タイプの装飾品に適用して好適なものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、透明板に対して色彩付台紙を形状に併せて貼り合わせて作成されたカラー部材と、黒い縁取り用表面枠部材とを貼り合わせることにより、ステンドグラスのようなパネル画を製造する方法について知られている(例えば特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許出願公告H5-15560号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
かかる構成のパネル画では、縁取り用表面枠部材として、単体で平面性を維持するものに限られ、ある程度の大きさや強度が求められる。平面性を維持するためには、例えば金属や、ある程度の厚みを有するプラスチック板などをある程度の太さで使用する必要があり、縁取り用表面枠部材のサイズと材質など、設計に制限が生じてしまう。
【0005】
本発明は以上の点を考慮してなされたもので、設計の自由度を向上させ得る装飾品の作製キット及び装飾品の作製キットの製造方法、並びに装飾品の製造方法を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
かかる課題を解決するため、本願発明の装飾品の作製キットは、透明板に対してカラー部分が透明印刷された造形部を有する造形板部と、
表面が一色の枠板本体層と、前記枠板本体層の裏面の粘着層と、前記粘着層を覆う剥離層とを有する3層構造を有し、前記造形部に対応し、ステンドグラスの装飾枠を模した装飾枠部と、前記装飾枠部を囲む枠周囲部と、前記装飾枠部と前記枠周囲部との間に形成された枠周囲ギャップと、前記装飾枠部と前記周囲部とを接続する枠接続保持部とを有する枠板部と
を備えることを特徴とする。
【0007】
本発明の装飾品の製造方法は、表面が一色の枠板本体層と、前記枠板本体層の裏面の粘着層と、前記粘着層を覆う剥離層とを有する粘着層部と3層構造を有し、前記造形部に対応し、ステンドグラスの装飾枠を模した装飾枠部と、前記装飾枠部を囲む枠周囲部と、前記装飾枠部と前記枠周囲部との間に形成された枠周囲ギャップと、前記装飾枠部と前記周囲部とを接続する枠接続保持部とを有する枠板部とのうち、装飾枠部に対応する部分の剥離層を剥離する剥離ステップと、
前記装飾枠部に対して透明板に対してカラー部分が透明印刷された造形部を有する造形板部を貼り合わせる貼り合わせステップと、
前記貼り合わされた前記造形部及び前記装飾枠部を前記枠周囲部から型抜きする型抜きステップと
を備えることを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、設計の自由度を向上させ得る装飾品の作製キット及び装飾品の作製キットの製造方法、並びに装飾品の製造方法を実現できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本実施の形態の作製キットの構成を示す略線図である。
本実施の形態における造形板部の(A)は拡大、(B)は拡大断面図である。
本実施の形態における枠板部の(A)は拡大、(B)は拡大断面図である。。
本実施の形態における造形部の型抜きの説明に供する略線図である。
本実施の形態における枠板部の剥離紙の剥離と造形部の貼り合わせの説明に供する略線図である。
本実施の形態における貼合装飾枠部を示す略線図である。
本実施の形態における貼合装飾枠部の型抜きの説明に供する略線図である。
本実施の形態における装飾品の製造方法を説明するフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
<実施の形態>
図1における1は、全体として本発明の装飾品を作製するための作製キットを示している。作製キット1は、造形板部10と、枠板部20とを有している。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

カワダロボティクス株式会社
スティック状梱包品のピッキングシステムおよび二次梱包システム
1か月前
個人
Leptoの雪
10か月前
極東産機株式会社
壁紙糊付機
9か月前
株式会社タイカ
水圧転写方法
8か月前
個人
立体絵画の制作方法
1か月前
個人
つまみ細工作成補助プレート
10か月前
中国電力株式会社
物品仮固定具
1か月前
昌栄印刷株式会社
転写シート
3か月前
株式会社タイカ
水圧転写シート及び水圧転写方法
8か月前
個人
貝殻の表面処理剤及び貝殻の表面処理方法
3か月前
株式会社メイプル・ノブ
植物飾りの製造方法
10か月前
株式会社メイプル・ノブ
植物飾りの製造方法
6か月前
理想科学工業株式会社
転写媒体製造装置および転写媒体
8か月前
日本クロージャー株式会社
接続具
19日前
個人
漆製品の製造方法
10か月前
セイコーエプソン株式会社
畳表の転写方法、畳表
4か月前
合同会社egmoth
汎用性・量産性の高いコインを用いた芸術作品の表現方法
5か月前
株式会社コシバアンドアソシエイツ
水転写式ジグソーパズル作成セット
1か月前
有限会社芳美商事
インテリア、インテリアの製造方法及びインテリアの設置方法
2か月前
大日本印刷株式会社
化粧材
20日前
大日本印刷株式会社
肌意匠シート製造方法、肌意匠シート製造システム及び肌意匠シート
10か月前
株式会社 カワダ
装飾品の作製キット及び装飾品の作製キットの製造方法、並びに装飾品の製造方法
6か月前
KLASS株式会社
自動壁紙糊付機
6か月前
理想科学工業株式会社
転写シートの製造方法、及び転写シートの製造方法に用いる水性接着液
4か月前
理想科学工業株式会社
転写シートの製造方法、転写シートの製造方法に用いる水性接着液、及び転写物の製造方法
4か月前
株式会社松屋
組子格子飾りの製造方法、組子格子飾りの連結構造、組子格子飾り、及び組子格子飾りセット
6か月前
大日本印刷株式会社
加飾シート、加飾成形品の製造方法、離型部材付き転写シート、離型部材付き加飾シート、転写シート前駆体、加飾シート前駆体、転写シートの製造方法、加飾シートの製造方法、および加飾物品の製造方法
8か月前
グレートインフォメーション株式会社
電子チケットシステム
7か月前
富士通株式会社
文字列変換プログラム及び文字列変換方法、並びに情報処理装置
8か月前
アプライド マテリアルズ インコーポレイテッド
プラズマ処理チャンバ内のウエハキャリアのための高度な温度制御
2か月前
コニカミノルタ株式会社
データ解析支援方法、当該方法をコンピューターに実行させるプログラム、および情報処理装置
14日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
送信装置及び送信方法
2か月前
ソニーグループ株式会社
送信装置、及び、送信方法
7か月前
ソニーグループ株式会社
送信装置、及び送信方法
11か月前
日本製鋼所M&E株式会社
クラッド鋼溶接鋼管およびその製造方法
10か月前
キヤノン株式会社
画像処理装置、撮像装置、画像処理方法、およびプログラム
1か月前
続きを見る