TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024072344
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-28
出願番号2022183070
出願日2022-11-16
発明の名称圧着端子
出願人矢崎総業株式会社
代理人弁理士法人虎ノ門知的財産事務所
主分類H01R 4/18 20060101AFI20240521BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】適正に圧着することができる圧着端子を提供する。
【解決手段】圧着端子1において、被覆圧着部48は、電線の被覆部が配置される第3基部41cと、第3基部41cの両側縁から電線の軸線周り方向に沿って両側に延設される一対のバレル片44,45とを含んで構成される。被覆圧着部48は、第3基部41c上に配置された被覆部を一対のバレル片44,45で覆って加締めることにより被覆部に圧着される。ここで、被覆圧着部48は、被覆部に接触する側の接触面に、被覆部の軸線周り方向に沿って、一対のバレル片44,45と第3基部41cとにわたって凸形状に延在する突条部480が軸線に沿う軸線方向Xに間隔をあけて少なくとも1つ形成されている。複数の突条部480は、導体圧着部46側の第2突条部48bの高さが、導体圧着部46側とは反対側の第1突条部48a側の高さよりも低い。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
導電性部材と電気的に接続される電気接続部と、
電線の導体部に対して圧着される導体圧着部と、
前記電線の被覆部に対して圧着される被覆圧着部と、を備え、
前記被覆圧着部は、前記被覆部が配置される底板、及び、前記底板の両側縁から前記電線の軸線周り方向に沿って両側に延設される一対の加締片を含んで構成され、前記底板上に配置された前記被覆部を前記加締片で覆って加締めることにより前記被覆部に圧着され、
前記被覆部に接触する側の面に、前記被覆部の前記軸線周り方向に沿って、一対の前記加締片と前記底板とにわたって凸形状に延在する突条部が前記軸線に沿う軸線方向に間隔をあけて少なくとも1つ形成され、
複数の前記突条部は、前記導体圧着部側の前記突条部の高さが、前記導体圧着部側とは反対側の前記突条部側の高さよりも低いことを特徴とする圧着端子。
続きを表示(約 88 文字)【請求項2】
複数の前記突条部は、当該突条部の前記軸線方向の間隔が、基端側から先端側に向けて徐々に狭くなる先細り形状に形成されている請求項1に記載の圧着端子。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、圧着端子に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、圧着端子として、例えば、特許文献1には、被覆電線の芯線部分を加締める芯線圧着部と、被覆電線の被覆部分を加締める被覆圧着部とを有し、被覆圧着部における被覆電線との接触面には、被覆電線と交差する方向に延びた溝が形成され、この溝の側面と溝に隣接する接触面とが鋭角に交わっている端子金具が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2021-197265号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、上述の特許文献1に記載の端子金具は、例えば、被覆圧着部による圧縮にバラツキが生じる場合があり、この点で更なる改善の余地がある。
【0005】
そこで、本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、適正に圧着することができる圧着端子を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明に係る圧着端子は、導電性部材と電気的に接続される電気接続部と、電線の導体部に対して圧着される導体圧着部と、前記電線の被覆部に対して圧着される被覆圧着部と、を備え、前記被覆圧着部は、前記被覆部が配置される底板、及び、前記底板の両側縁から前記電線の軸線周り方向に沿って両側に延設される一対の加締片を含んで構成され、前記底板上に配置された前記被覆部を前記加締片で覆って加締めることにより前記被覆部に圧着され、前記被覆部に接触する側の面に、前記被覆部の前記軸線周り方向に沿って、一対の前記加締片と前記底板とにわたって凸形状に延在する突条部が前記軸線に沿う軸線方向に間隔をあけて少なくとも1つ形成され、複数の前記突条部は、前記導体圧着部側の前記突条部の高さが、前記導体圧着部側とは反対側の前記突条部側の高さよりも低いことを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明に係る圧着端子は、被覆圧着部による圧縮にバラツキが生じて、導体圧着部側の被覆部をより強く圧縮した際に、導体圧着部側の被覆部の変形を、より低い突条部によって小さくすることができる。これにより、圧着端子は、被覆部を圧着後に余分な被覆部が被覆圧着部側から導体圧着部側にはみ出すことを抑制することができ、この結果、被覆部に対して被覆圧着部を適正に圧着することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態に係る圧着端子の構成例を示す斜視図である。
図2は、実施形態に係る端子付き電線の構成例を示す斜視図である。
図3は、実施形態に係る端子付き電線の構成例を示す平面図である。
図4は、図3のP-P断面図である。
図5は、図4の一部拡大図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
本発明を実施するための形態(実施形態)につき、図面を参照しつつ詳細に説明する。以下の実施形態に記載した内容により本発明が限定されるものではない。また、以下に記載した構成要素には、当業者が容易に想定できるもの、実質的に同一のものが含まれる。更に、以下に記載した構成は適宜組み合わせることが可能である。また、本発明の要旨を逸脱しない範囲で構成の種々の省略、置換又は変更を行うことができる。
【0010】
なお、以下の説明では、互いに交差する第1方向、第2方向、及び、第3方向のうち、第1方向を「軸線方向X」といい、第2方向を「幅方向Y」といい、第3方向を「高さ方向Z」という。ここでは、軸線方向Xと幅方向(交差方向)Yと高さ方向Zとは、相互に交差し、典型的には直交する。軸線方向Xは、圧着端子が設けられる電線の軸線X1(図2参照)に沿う方向、当該電線が延在する延在方向、圧着端子と相手端子との挿抜方向等に相当する。幅方向Yと高さ方向Zとは、軸線方向Xと交差する方向に相当する。また、図1は、圧着端子の圧着前の状態を表している。図2~図5は、圧着端子の圧着後の状態を表している。また、以下の説明で用いる各方向は、特に断りのない限り、各部が相互に組み付けられた状態での方向を表すものとする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

矢崎総業株式会社
端子
1か月前
矢崎総業株式会社
センサ
4日前
矢崎総業株式会社
端子台
29日前
矢崎総業株式会社
ケース
22日前
矢崎総業株式会社
収容箱
1か月前
矢崎総業株式会社
収容箱
29日前
矢崎総業株式会社
端子台
29日前
矢崎総業株式会社
端子台
29日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
22日前
矢崎総業株式会社
圧着端子
18日前
矢崎総業株式会社
クランプ
18日前
矢崎総業株式会社
固定構造
26日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
23日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
15日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
12日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
12日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
12日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
コネクタ
25日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
固定構造
26日前
矢崎総業株式会社
電子装置
29日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
29日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
29日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
29日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
端子構造
1か月前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
照明構造
1か月前
矢崎総業株式会社
配線基板
1か月前
矢崎総業株式会社
コネクタ
4日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
4日前
矢崎総業株式会社
係合構造
4日前
続きを見る