TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024062569
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-10
出願番号2022170483
出願日2022-10-25
発明の名称プロジェクター及び柄フィルター
出願人豊田合成株式会社
代理人弁理士法人平田国際特許事務所
主分類G03B 21/14 20060101AFI20240501BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】低コストで製造することのできる、車両室内などで柄を投影するプロジェクター、及び、そのプロジェクターに用いられる、低コストで製造することのできる柄フィルターを提供することにある。
【解決手段】光を発する光源11と、投影用の柄を有する透明材料からなる柄プレート20と、柄プレート20の柄を拡大して投影するための投影レンズ221と、を備え、柄プレート20が柄形成面を有し、前記柄形成面が、柄プレート20の厚さ方向に対する角度が75°以上、105°以下である第1の面と、前記厚さ方向に対する角度が30°以上、60°以下である第2の面が、前記柄に応じて配置された面である、プロジェクター1を提供する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
光を発する光源と、
投影用の柄を有する透明材料からなる柄フィルターと、
前記柄フィルターの柄を拡大して投影するための投影レンズと、
を備え、
前記柄フィルターが柄形成面を有し、
前記柄形成面が、前記柄フィルターの厚さ方向に対する角度が75°以上、105°以下である第1の面と、前記厚さ方向に対する角度が30°以上、60°以下である第2の面が、前記柄に応じて配置された面である、
プロジェクター。
続きを表示(約 750 文字)【請求項2】
前記柄フィルターの前記柄形成面が、前記第1の面からなる基礎平面と、前記基礎平面に設けられた、向かい合う2つの前記第2の面を含む突起と向かい合う2つの前記第2の面を含む窪みの少なくともいずれか一方とによって構成される、
請求項1に記載のプロジェクター。
【請求項3】
前記柄フィルターがプレート状であり、その両面に前記柄形成面を有する、
請求項1又は2に記載のプロジェクター。
【請求項4】
前記柄フィルターが、前記柄形成面の反対側に、前記光源が発する光を集める集光レンズとして機能するレンズ部を備えた、
請求項1又は2に記載のプロジェクター。
【請求項5】
プロジェクター投影用の柄を有する、透明材料からなるプレート状の柄フィルターであって、
柄形成面を両面に有し、
前記柄形成面が、前記柄フィルターの厚さ方向に対する角度が75°以上、105°以下である第1の面と、前記厚さ方向に対する角度が30°以上、60°以下である第2の面が、前記柄に応じて配置された面である、
柄フィルター。
【請求項6】
プロジェクター投影用の柄を有する、透明材料からなる柄フィルターであって、
柄形成面と、
前記柄形成面の反対側に設けられた、前記プロジェクターの光源が発する光を集める集光レンズとして機能するレンズ部と、
を有し、
前記柄形成面が、前記柄フィルターの厚さ方向に対する角度が75°以上、105°以下である第1の面と、前記厚さ方向に対する角度が30°以上、60°以下である第2の面が、前記柄に応じて配置された面である、
柄フィルター。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、プロジェクター及び柄フィルター、特に車両室内で用いられるプロジェクター及び柄フィルターに関する。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
従来、光源から出射された光を集光する集光レンズと、集光レンズで集光された光を部分的に通す遮光部材と、遮光部材を通過した光を投影して照射パターンを形成する投影レンズと、を備えた車両用灯具が知られている(特許文献1を参照)。
【0003】
特許文献1に記載の車両用灯具においては、照射パターンを形成するため、集光レンズで集光された光を部分的に通す照射スリットが遮光部材としてのフィルターに設けられている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2020-205237号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1に記載の車両用灯具のようにフィルターに照射スリットを設けるためには、一般的に、印刷やフォトリソグラフィ等によりスリットを有する遮光層を基材の上に設けるという煩雑な工法が用いられるため、コストが掛かるという問題がある。
【0006】
本発明の目的は、低コストで製造することのできる、車両室内などで柄を投影するプロジェクター、及び、そのプロジェクターに用いられる、低コストで製造することのできる柄フィルターを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の一態様は、上記目的を達成するために、下記のプロジェクター及び柄フィルターを提供する。
【0008】
[1]光を発する光源と、投影用の柄を有する透明材料からなる柄フィルターと、前記柄フィルターの柄を拡大して投影するための投影レンズと、を備え、前記柄フィルターが柄形成面を有し、前記柄形成面が、前記柄フィルターの厚さ方向に対する角度が75°以上、105°以下である第1の面と、前記厚さ方向に対する角度が30°以上、60°以下である第2の面が、前記柄に応じて配置された面である、プロジェクター。
[2]前記柄フィルターの前記柄形成面が、前記第1の面からなる基礎平面と、前記基礎平面に設けられた、向かい合う2つの前記第2の面を含む突起と向かい合う2つの前記第2の面を含む窪みの少なくともいずれか一方とによって構成される、上記[1]に記載のプロジェクター。
[3]前記柄フィルターがプレート状であり、その両面に前記柄形成面を有する、上記[1]又は[2]に記載のプロジェクター。
[4]前記柄フィルターが、前記柄形成面の反対側に、前記光源が発する光を集める集光レンズとして機能するレンズ部を備えた、[1]又は[2]に記載のプロジェクター。
[5]プロジェクター投影用の柄を有する、透明材料からなるプレート状の柄フィルターであって、柄形成面を両面に有し、前記柄形成面が、前記柄フィルターの厚さ方向に対する角度が75°以上、105°以下である第1の面と、前記厚さ方向に対する角度が30°以上、60°以下である第2の面が、前記柄に応じて配置された面である、柄フィルター。
[6]プロジェクター投影用の柄を有する、透明材料からなる柄フィルターであって、柄形成面と、前記柄形成面の反対側に設けられた、前記プロジェクターの光源が発する光を集める集光レンズとして機能するレンズ部と、を有し、前記柄形成面が、前記柄フィルターの厚さ方向に対する角度が75°以上、105°以下である第1の面と、前記厚さ方向に対する角度が30°以上、60°以下である第2の面が、前記柄に応じて配置された面である、柄フィルター。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、低コストで製造することのできる、車両室内などで柄を投影するプロジェクター、及び、そのプロジェクターに用いられる、低コストで製造することのできる柄フィルターを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図1(a)、(b)は、それぞれ本発明の実施の形態に係るプロジェクターを異なる角度から視た斜視図である。
図2(a)は、本発明の実施の形態に係るプロジェクターを光取り出し側から視た側面図であり、図2(b)は、図2(a)に記載された切断線A-Aで切断されたプロジェクターの断面図である。
図3は、本発明の実施の形態に係るプロジェクターの分解斜視図である。
図4(a)~(d)は、第1のレンズ部品、柄プレート、及び第2のレンズ部品を筐体の部品に組み付ける流れを示す斜視図である。
図5(a)は、図4(d)に示される切断線B-Bで切断された筐体の部品、第1のレンズ部品、及び第2のレンズ部品の断面図である。
図6は、本発明の実施の形態に係る柄プレートの垂直断面図である。
図7は、柄プレートの光遮蔽部が、向かい合う2つの傾斜面を含む突起で構成される場合の、全反射が生じる条件を説明するための模式図である。
図8(a)、(b)、(c)は、それぞれ角度θ

が90°、140°、40°である柄プレートに進入した光の光路を示す模式図である。
図9(a)~(e)は、それぞれ傾斜面の配置例を示す柄プレートの断面図である。
図10(a)~(c)は、本発明の実施の形態に係る柄プレートの変形例の垂直断面図である。
図11は、他の形態の柄フィルターを備えたプロジェクターの断面図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

豊田合成株式会社
管継手
23日前
豊田合成株式会社
発光素子
2日前
豊田合成株式会社
照明装置
26日前
豊田合成株式会社
ガス容器
12日前
豊田合成株式会社
ダクト装置
16日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
24日前
豊田合成株式会社
車両用シート
23日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
24日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
24日前
豊田合成株式会社
無線給電ケース
24日前
豊田合成株式会社
空調用レジスタ
24日前
豊田合成株式会社
車両用外装部品
23日前
豊田合成株式会社
空調用レジスタ
24日前
豊田合成株式会社
エアバッグ装置
23日前
豊田合成株式会社
エルボ型管継手
23日前
豊田合成株式会社
空調用レジスタ
24日前
豊田合成株式会社
フットヒータ装置
24日前
豊田合成株式会社
車両用コンソール
25日前
豊田合成株式会社
車両用コンソール
25日前
豊田合成株式会社
ステアリング装置
23日前
豊田合成株式会社
ストレート型管継手
23日前
豊田合成株式会社
ステアリングハンドル
24日前
豊田合成株式会社
ステアリングホイール
23日前
豊田合成株式会社
硫黄架橋ゴムの脱硫方法
2日前
豊田合成株式会社
インストルメントパネル
23日前
豊田合成株式会社
助手席用エアバッグ装置
23日前
豊田合成株式会社
助手席用エアバッグ装置
24日前
豊田合成株式会社
車両用乗員保護システム
23日前
豊田合成株式会社
インストルメントパネル
23日前
豊田合成株式会社
インストルメントパネル構造
24日前
豊田合成株式会社
インストルメントパネル構造
24日前
豊田合成株式会社
発光素子およびその製造方法
5日前
豊田合成株式会社
自動車用加飾製品及びその製造方法
24日前
豊田合成株式会社
パネル装置及びパネル部の製造方法
24日前
豊田合成株式会社
樹脂成形品の製造方法及び樹脂成形品
23日前
豊田合成株式会社
電磁波透過カバー及びセンサモジュール
23日前
続きを見る