TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024043839
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022149041
出願日2022-09-20
発明の名称コネクタ
出願人株式会社ヨコオ
代理人個人,個人
主分類H01R 13/52 20060101AFI20240326BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】防水性の向上を図ったコネクタにおいて小型化可能な技術を提供する。
【解決手段】ハウジングと、前記ハウジング内に収容され、一部が前記ハウジング外に延びる端子と、を備え、前記ハウジングは、前記端子の一部を通す端子貫通孔を有する第1ハウジング部と、前記第1ハウジング部に固定される第2ハウジング部と、を有し、前記端子は、前記第2ハウジング部が前記第1ハウジング部に固定されることで該第1ハウジング部と該第2ハウジング部とで形成される収容空間に、前記端子貫通孔に一部を通した状態で収容される、コネクタ。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
ハウジングと、
前記ハウジング内に収容され、一部が前記ハウジング外に延びる端子と、を備え、
前記ハウジングは、前記端子の一部を通す端子貫通孔を有する第1ハウジング部と、前記第1ハウジング部に固定される第2ハウジング部と、を有し、
前記端子は、前記第2ハウジング部が前記第1ハウジング部に固定されることで該第1ハウジング部と該第2ハウジング部とで形成される収容空間に、前記端子貫通孔に一部を通した状態で収容される、コネクタ。
続きを表示(約 640 文字)【請求項2】
前記端子貫通孔を塞ぐ封止材を備える、請求項1に記載のコネクタ。
【請求項3】
前記第1ハウジング部は前記封止材が充填される凹部を有し、前記端子貫通孔は、前記凹部の底面に位置し、前記封止材は前記端子の全周にわたり設けられる請求項2に記載のコネクタ。
【請求項4】
前記端子を配置可能な前記開口の開口面積よりも、前記凹部の底面面積が小さい、請求項3に記載のコネクタ。
【請求項5】
前記凹部は、前記端子の周囲に段差を有する、請求項3に記載のコネクタ。
【請求項6】
前記凹部が、前記第2ハウジング部に対向する側に開口している、請求項3に記載のコネクタ。
【請求項7】
前記凹部が、前記第2ハウジング部に対向する側の反対側に開口している、請求項3に記載のコネクタ。
【請求項8】
前記端子は分岐部を有し、前記分岐部の先端面は、前記第2ハウジング部に対向する前記第1ハウジング部の端面と面一又は前記端面に対し所定高さ位置となっている、請求項1から7に記載のコネクタ。
【請求項9】
第1ハウジング部と、前記第2ハウジング部とは相互に嵌合一体化されている、請求項1から7に記載のコネクタ。
【請求項10】
前記ハウジングは、接続用開口部を有し、
前記端子は、前記接続用開口部から前記ハウジングの外方に臨む、請求項1から7に記載のコネクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コネクタに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
下記特許文献1は、ハウジングに端子を収容した構造のコネクタを開示する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第5501143号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1のようなコネクタでは、ハウジングの下部開口側から端子をハウジング内側に配置する組立手順を採用しており、下部開口は大きな開口面積となる。また、特許文献1のコネクタは防水構造ではなく、仮に、コネクタのハウジングの下部開口を封止して防水構造にしようとする場合、ポッティングによる封止構造に課題が生じていた。例えば、端子配置部分に樹脂等のポッティング液が流れ込まないようにハウジング下部開口に蓋部品を設置し、ポッティング液を充填する空間を創出する必要があるが、蓋部品が追加される分、コネクタの大型化の要因となる。
【0005】
本発明の目的の一例は、防水性の向上を図ったコネクタにおいて小型化可能な技術を提供することにある。本発明の他の目的は、本明細書の記載から明らかになるであろう。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一態様は、ハウジングと、
前記ハウジング内に収容され、一部が前記ハウジング外に延びる端子と、を備え、
前記ハウジングは、前記端子の一部を通す端子貫通孔を有する第1ハウジング部と、前記第1ハウジング部に固定される第2ハウジング部と、を有し、
前記端子は、前記第2ハウジング部が前記第1ハウジング部に固定されることで該第1ハウジング部と該第2ハウジング部とで形成される収容空間に、前記端子貫通孔に一部を通した状態で収容される、コネクタである。
【0007】
本発明の上記態様によれば、防水性の向上を図ったコネクタにおいて小型化可能な技術を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の第1実施形態に係るコネクタ1を上方から見た斜視図である。
コネクタ1を下方から見た斜視図である。
コネクタ1を上方から見た分解斜視図である。
コネクタ1を下方から見た分解斜視図である。
コネクタ1の正面図である。
コネクタ1の平面図である。
コネクタ1の拡大側断面図である。
図7のVIII-VIII断面図である。
コネクタ1の端子圧入工程の側断面図である。
コネクタ1のハウジング組立工程の側断面図である。
コネクタ1のポッティング工程の側断面図である。
本発明の第2実施形態に係るコネクタ1Aを上方から見た斜視図である。
コネクタ1Aを下方から見た斜視図である。
コネクタ1Aを上方から見た分解斜視図である。
コネクタ1Aを下方から見た分解斜視図である。
コネクタ1Aの平面図である。
コネクタ1Aの拡大側断面図である。
図17のXVIII-XVIII断面図である。
コネクタ1Aの端子圧入工程の側断面図である。
コネクタ1Aのポッティング工程の側断面図である。
コネクタ1Aのハウジング組立工程の側断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
図1から図11を参照して本発明に係るコネクタの第1実施形態を説明する。本実施形態に示すコネクタ1は電気的接続に使用される。図1において、コネクタ1における互いに直交する前後、上下、左右の各方向を定義する。前後及び左右方向は、コネクタ1の実装先となる基板100(図5)と平行な方向である。上下方向は、基板100と垂直な方向である。左右方向は、端子30が複数の場合の端子30の配列方向である。
【0010】
図7等に示すように、コネクタ1は、絶縁性のハウジング10と、ハウジング10に収容、保持される導電性の端子30と、ハウジング10から端子30を導出する部分を水密封止する封止材70と、を備える。本実施形態では図1から図6に示すように8つの端子30を備えるが端子数は8つに限らない。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ヨコオ
プローブ
15日前
株式会社ヨコオ
コネクタ
1か月前
株式会社ヨコオ
電鋳バネの製造方法
5日前
株式会社ヨコオ
電鋳バネの製造方法及び電鋳バネ
5日前
株式会社ヨコオ
プランジャーおよびコンタクトプローブ
5日前
トヨタ自動車株式会社
電池
15日前
三菱電機株式会社
静止誘導器
13日前
トヨタ自動車株式会社
コイル
5日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
9日前
電気興業株式会社
反射板装置
15日前
大日本印刷株式会社
流路部材
2日前
東京パーツ工業株式会社
コイル装置
1か月前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
1か月前
太陽誘電株式会社
全固体電池
8日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
13日前
株式会社村田製作所
コイル部品
14日前
東レ株式会社
固体電解質用補強シート
9日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
5日前
中国電力株式会社
直線スリーブ
7日前
キヤノン株式会社
液滴吐出装置
1か月前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
5日前
NTN株式会社
圧粉磁心
1か月前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
5日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
6日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
1か月前
ヒロセ電機株式会社
電気コネクタ
8日前
ヒロセ電機株式会社
電気コネクタ
8日前
トヨタ紡織株式会社
加湿器
1か月前
ローム株式会社
半導体装置
5日前
太陽社電気株式会社
チップ抵抗器
28日前
ローム株式会社
半導体装置
12日前
日本無線株式会社
レーダアンテナ
2日前
トヨタ自動車株式会社
収容ケース
6日前
ローム株式会社
半導体装置
9日前
矢崎総業株式会社
端子
14日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
15日前
続きを見る