TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024018744
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-08
出願番号2022122274
出願日2022-07-29
発明の名称情報処理装置の動作方法、情報処理装置、及びプログラム
出願人株式会社コーセー
代理人個人,個人,個人
主分類G16C 20/30 20190101AFI20240201BHJP(特定の用途分野に特に適合した情報通信技術)
要約【課題】多成分組成物の設計における処理効率向上を可能にする。
【解決手段】情報処理装置の動作方法は、複数の原料の特性値をそれぞれ示す複数のN(Nは自然数)次元ベクトルの線形結合で画定される領域で、当該線形結合の係数を第1のステップ幅で変化させて、前記複数の原料を含む多成分組成物のN次元の前記特性値における目標値に近似する第1の線形結合を導出する第1の工程と、
前記第1の線形結合の係数を前記第1のステップ幅より小さい第2のステップ幅で変化させて前記目標値に近似する第2の線形結合を導出する第2の工程と、を含む。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
情報処理装置の動作方法であって、
複数の原料の特性値をそれぞれ示す複数のN(Nは自然数)次元ベクトルの線形結合で画定される領域で、当該線形結合の係数を第1のステップ幅で変化させて、前記複数の原料を含む多成分組成物のN次元の前記特性値における目標値に近似する第1の線形結合を導出する第1の工程と、
前記第1の線形結合の係数を前記第1のステップ幅より小さい第2のステップ幅で変化させて前記目標値に近似する第2の線形結合を導出する第2の工程と、
を含む
動作方法。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
請求項1において、
前記情報処理装置が、第1の原料の組合せによる前記領域が前記目標値を含まないと判定される場合に、前記第1の原料の組合せを変更する工程を前記領域が前記目標値を含むと判定されるまで繰り返す、
動作方法。
【請求項3】
請求項2において、
前記情報処理装置が、前記領域と前記目標値の乖離を示す情報を出力する、
動作方法。
【請求項4】
請求項2において、
前記情報処理装置が、前記目標値に基づいて前記1の原料の組合せを変更するための原料の情報を出力する、
動作方法。
【請求項5】
請求項1において、
第1の原料の組合せにおける前記第2の工程の結果と、当該第1の原料の組合せと少なくとも一部の原料が異なる第2の原料の組合せにおける前記2の工程の結果とに基づく第2の線形結合を更に導出する工程を含む、
動作方法。
【請求項6】
請求項5において、
所定の数の原料を前記第1及び第2の原料の組合せに分ける工程を更に含む、
動作方法。
【請求項7】
請求項1~6のいずれかにおいて、
前記特性値はハンセン溶解パラメータである、
動作方法。
【請求項8】
複数の原料の特性値をそれぞれ示す複数のN(Nは自然数)次元ベクトルの線形結合で画定される領域で、当該線形結合の係数を第1のステップ幅で変化させて、前記複数の原料を含む多成分組成物のN次元の前記特性値における目標値に近似する第1の線形結合を導出する第1の工程と、
前記第1の線形結合の係数を前記第1のステップ幅より小さい第2のステップ幅で変化させて前記目標値に近似する第2の線形結合を導出する第2の工程と、
を実行する制御部を有する情報処理装置。
【請求項9】
請求項8において、
前記制御部が、第1の原料の組合せによる前記領域が前記目標値を含まないと判定される場合に、前記第1の原料の組合せを変更する工程を前記領域が前記目標値を含むと判定されるまで繰り返す、
情報処理装置。
【請求項10】
請求項9において、
前記制御部が、前記領域と前記目標値の乖離を示す情報を出力する、
情報処理装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、情報処理装置の動作方法、情報処理装置、及びプログラムに関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
化学製品において、多成分組成物の原料の種類及び配合量を設計する際、原料の組合せは多岐に亘る。かかる多成分組成物の設計を支援する技術が種々提案されている。例えば特許文献1には、原料の選定の際に課されるコスト等の制約条件の入力を簡便化する技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-086817号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
多成分組成物の設計において、情報処理量は膨大となりがちであり、処理効率の改善が求められる。
【0005】
上記に鑑み、以下では、多成分組成物の設計における処理効率向上を可能にする、情報処理装置の動作方法等を開示する。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために本開示における情報処理装置の動作方法は、複数の原料の特性値をそれぞれ示す複数のN(Nは自然数)次元ベクトルの線形結合で画定される領域で、当該線形結合の係数を第1のステップ幅で変化させて、前記複数の原料を含む多成分組成物のN次元の前記特性値における目標値に近似する第1の線形結合を導出する第1の工程と、
前記第1の線形結合の係数を前記第1のステップ幅より小さい第2のステップ幅で変化させて前記目標値に近似する第2の線形結合を導出する第2の工程と、を含む。
【0007】
また、本開示における情報処理装置は、複数の原料の特性値をそれぞれ示す複数のN次元ベクトルの線形結合で画定される領域で、当該線形結合の係数を第1のステップ幅で変化させて、前記複数の原料を含む多成分組成物のN次元の前記特性値における目標値に近似する第1の線形結合を導出する第1の工程と、前記第1の線形結合の係数を前記第1のステップ幅より小さい第2のステップ幅で変化させて前記目標値に近似する第2の線形結合を導出する第2の工程と、を実行する制御部を有する。
【0008】
さらに、本開示におけるプログラムは、情報処理装置により実行されることで当該情報処理装置が、複数の原料の特性値をそれぞれ示す複数のN次元ベクトルの線形結合で画定される領域で、当該線形結合の係数を第1のステップ幅で変化させて、前記複数の原料を含む多成分組成物のN次元の前記特性値における目標値に近似する第1の線形結合を導出する第1の工程と、前記第1の線形結合の係数を前記第1のステップ幅より小さい第2のステップ幅で変化させて前記目標値に近似する第2の線形結合を導出する第2の工程と、
を実行する。
【発明の効果】
【0009】
本開示における情報処理装置の動作方法等によれば、多成分組成物の設計における処理効率向上が可能になる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
情報処理システムの構成例を示す図である。
サーバ装置の動作手順例を示すフローチャート図である。
原料ベクトルの線形結合の例を示す図である。
原料ベクトルの線形結合の例を示す図である。
原料ベクトルの線形結合の例を示す図である。
サーバ装置の動作手順例を示すフローチャート図である。
サーバ装置の動作手順例を示すフローチャート図である。
大域領域と目標値との位置関係の例を示す図である。
大域領域と目標値との位置関係の例を示す図である。
大域領域と目標値との位置関係の例を示す図である。
サーバ装置の動作手順例を示すフローチャート図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
医療情報システム
2か月前
TOTO株式会社
排泄情報管理システム
10日前
TOTO株式会社
生体情報管理システム
10日前
小林クリエイト株式会社
被搬送物識別システム
1か月前
個人
データ移行方法及びプログラム
4か月前
学校法人近畿大学
腫瘍の分類推定システム
2日前
個人
看取り医師マッチングシステム
1か月前
個人
アプリケーションソフトウェア
4か月前
国立研究開発法人物質・材料研究機構
閾値算出方法
1か月前
株式会社Smart119
情報処理システム
4か月前
TRIBAWL株式会社
情報処理装置
2か月前
小林製薬株式会社
漢方生薬製剤の決定支援装置
2か月前
株式会社Xenlon
紹介支援システム
2か月前
株式会社日立製作所
情報処理装置
2か月前
株式会社エクサウィザーズ
情報処理方法及びプログラム
4か月前
株式会社ラフール
情報処理システム
2か月前
株式会社レイヤード
情報処理システム
5日前
個人
情報処理装置、情報処理方法およびプログラム
3か月前
個人
医療情報サーバおよび端末
3か月前
個人
情報処理装置、情報処理方法およびプログラム
1か月前
個人
配薬支援システムおよび配薬支援方法
4か月前
株式会社サンクスネット
健康医療情報一元管理システム
2か月前
トヨタ自動車株式会社
健康増進システム及び健康増進方法
3か月前
ライオン株式会社
提案システム及び提案方法
1か月前
トヨタ自動車株式会社
健康増進システム及び健康増進方法
3か月前
株式会社ヴェルト
ヘルスケア用データ解析システム
1か月前
富士フイルム株式会社
プログラム
5日前
富士フイルム株式会社
プログラム
11日前
TOTO株式会社
排泄情報処理装置、プログラム及びシステム
2日前
TOTO株式会社
排泄情報処理装置、プログラム及びシステム
2日前
株式会社トマーレ
医療情報共有システム
1か月前
株式会社メドレー
プログラム、システム及び方法
10日前
エニシア株式会社
情報処理装置、投与履歴提示方法およびプログラム
19日前
株式会社医療情報技術研究所
モジュール型電子カルテシステム
1か月前
株式会社イードクトル
医療用ポンプ管理システム
4か月前
株式会社ビーライズ
診察シミュレータ
3か月前
続きを見る