TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023170140
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-12-01
出願番号2022081666
出願日2022-05-18
発明の名称評価システム
出願人個人
代理人個人
主分類G06Q 50/10 20120101AFI20231124BHJP(計算;計数)
要約【課題】金銭だけでは評価しきれない個人や団体の普段の行為(生活態度)や生活環境などを加味して、個人や団体に対する適正な評価を行えるようにすること。
【解決手段】本発明では、電子通信回線網(7)に接続された評価機関のコンピューター(2)によって個人や団体の評価を行う評価システム(1)において、評価機関のコンピューター(2)は、個人又は団体による寄付行為やボランティア行為などの慈善行為に基づいて慈善行為スコアを算出し、又は/及び、個人又は団体を取り巻く生活環境に基づいて生活環境スコアを算出し、その個人又は団体ごとに集計した慈善行為スコアや生活環境スコアをその個人又は団体の評価スコアとして記憶し、他のコンピューター(6)からの要求に応じて個人又は団体の評価スコアを提示することにした。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
電子通信回線網に接続された評価機関のコンピューターによって個人や団体の評価を行う評価システムにおいて、
評価機関のコンピューターは、個人又は団体による寄付行為やボランティア行為などの慈善行為に基づいて慈善行為スコアを算出し、又は/及び、個人又は団体を取り巻く生活環境に基づいて生活環境スコアを算出し、その個人又は団体ごとに集計した慈善行為スコアや生活環境スコアをその個人又は団体の評価スコアとして記憶し、他のコンピューターからの要求に応じて個人又は団体の評価スコアを提示することを特徴とする個人又は団体の評価システム。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
前記慈善行為には、現実空間における個人又は団体によって現実空間で行われた慈善行為と、現実空間における個人又は団体に対応する仮想空間における個人又は団体によって仮想空間で行われた慈善行為とを含むことを特徴とする請求項1に記載の個人又は団体の評価システム。
【請求項3】
前記生活環境には、個人又は団体が自ら発する言動や喜怒哀楽などの能動的な環境と、個人又は団体が生活する温度や湿度などの受動的な環境を含むことを特徴とする請求項1に記載の個人又は団体の評価システム。
【請求項4】
前記評価機関のコンピューターは、個人又は団体の評価スコアに基づいてランク付けを行い、ランクごとの称号を発行することを特徴とする請求項1に記載の個人又は団体の評価システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コンピューターによって個人や団体の評価を行う評価システムに関するものである。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来より、個人や団体の評価を行う際に、個人や団体の信用度を数値化した信用スコアを算出する評価システムが用いられている(たとえば、特許文献1参照。)。
【0003】
従来の評価システムでは、個人や団体の信用スコアとして、個人や団体の収入や資産や預貯金額や投資額や返済実績などの金融情報に基づいて算出されたものを用いている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2021-77243号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところが、上記従来の評価システムでは、個人や団体に対する評価を、個人や団体の金融情報に基づいて算出された金銭的な信用スコアだけで行っているために、金銭だけでは評価しきれない個人や団体の普段の行為(たとえば、活動性の程度や社会貢献性の程度などを示す生活態度)や生活環境などが一切加味されず、個人や団体に対する適正な評価を行うことが困難である。
【課題を解決するための手段】
【0006】
そこで、請求項1に係る本発明では、電子通信回線網に接続された評価機関のコンピューターによって個人や団体の評価を行う評価システムにおいて、評価機関のコンピューターは、個人又は団体による寄付行為やボランティア行為などの慈善行為に基づいて慈善行為スコアを算出し、又は/及び、個人又は団体を取り巻く生活環境に基づいて生活環境スコアを算出し、その個人又は団体ごとに集計した慈善行為スコアや生活環境スコアをその個人又は団体の評価スコアとして記憶し、他のコンピューターからの要求に応じて個人又は団体の評価スコアを提示することにした。
【0007】
また、請求項2に係る本発明では、前記請求項1に係る本発明において、前記慈善行為には、現実空間における個人又は団体によって現実空間で行われた慈善行為と、現実空間における個人又は団体に対応する仮想空間における個人又は団体によって仮想空間で行われた慈善行為とを含むことにした。
【0008】
また、請求項3に係る本発明では、前記請求項1に係る本発明において、前記生活環境には、個人又は団体が自ら発する言動や喜怒哀楽などの能動的な環境と、個人又は団体が生活する温度や湿度などの受動的な環境を含むことにした。
【0009】
また、請求項4に係る本発明では、前記請求項1に係る本発明において、前記評価機関のコンピューターは、個人又は団体の評価スコアに基づいてランク付けを行い、ランクごとの称号を発行することにした。
【発明の効果】
【0010】
そして、本発明では、以下に記載する効果を奏する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自国主食備蓄目的飛行機
21日前
学校法人東京農業大学
評価方法
18日前
個人
収納管理システム
18日前
花王株式会社
肌状態推定方法
18日前
株式会社ワコム
電子ペン
13日前
ユビ電株式会社
情報処理装置
4日前
株式会社mov
情報処理装置
18日前
個人
契約支援システム及びプログラム
8日前
株式会社九門
避難安全性能評価システム
4日前
ノヅック株式会社
調達代行依頼システム
5日前
ノヅック株式会社
調達部門評価システム
5日前
NGB株式会社
評価装置
8日前
コベルコ建機株式会社
作業管理装置
18日前
トヨタ自動車株式会社
給電システム
20日前
株式会社野村総合研究所
ポイントシステム
6日前
大和ハウス工業株式会社
判定システム
18日前
株式会社エレックス
運転管理システム
12日前
福島印刷株式会社
連絡先管理システム
18日前
個人
非接触生体認証決済装置および決済方法
8日前
クェスタ株式会社
コミュニケーションシステム
8日前
株式会社日立製作所
計算機システム
19日前
デクセリアルズ株式会社
スマートカード
18日前
ユビ電株式会社
情報処理装置及びシステム
4日前
トヨタ自動車株式会社
設計システム及び設計方法
19日前
個人
コンテンツ作成支援システム及びプログラム
4日前
ユビ電株式会社
情報処理装置及びシステム
4日前
ユビ電株式会社
情報処理装置及びシステム
4日前
株式会社JAN8
商品レビュー情報収集システム
18日前
トヨタ自動車株式会社
制御装置
19日前
KDDI株式会社
制御装置、及びプログラム
4日前
大日本印刷株式会社
真贋判定装置およびプログラム
8日前
株式会社デンソーウェーブ
ICカードリーダ
18日前
株式会社知財事業研究所
未来の決算書作成システム
21日前
株式会社日立製作所
ストレージシステム
8日前
キヤノン株式会社
ニューラルネットワークシステム
18日前
株式会社イグアス
評価システム
18日前
続きを見る