TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024048551
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-09
出願番号2022154517
出願日2022-09-28
発明の名称印象材練和装置
出願人株式会社ジーシー
代理人個人
主分類A61C 9/00 20060101AFI20240402BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】電動ではなく手動でペーストを抽出するとともに、印象材練和をより柔軟に行うことができる印象材練和装置を提供する。
【解決手段】歯科用の印象材を形成する少なくとも2種類のペースト状材料を練和して排出する印象材練和装置10であって、ペースト状材料を内包する袋状の容器であるパッケージ1を保持する複数の保持部21と、保持部に隣接して設けられた操作部31と、保持部を挟んで操作部の反対側に配置された抽出部11と、を有し、保持部にはパッケージを押圧する押圧部材24が設けられ、操作部には手動により操作する操作部材32が具備されており、操作部材の操作により押圧部材が移動して抽出部に前記ペースト状材料が供給され、操作部材の1回の操作による押圧部材の移動の大きさが複数の保持部ごとに異なる。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
歯科用の印象材を形成する少なくとも2種類のペースト状材料を練和して排出する印象材練和装置であって、
前記ペースト状材料を内包する袋状の容器であるパッケージを保持する複数の保持部と、
前記保持部に隣接して設けられた操作部と、
前記保持部を挟んで前記操作部の反対側に配置された抽出部と、を有し、
前記保持部には前記パッケージを押圧する押圧部材が設けられ、前記操作部には手動により操作する操作部材が具備されており、
前記操作部材の操作により前記押圧部材が移動して前記抽出部に前記ペースト状材料が供給され、
前記操作部材の1回の操作による前記押圧部材の移動の大きさが複数の前記保持部ごとに異なる、
印象材練和装置。
続きを表示(約 100 文字)【請求項2】
前記保持部には前記押圧部材に連結されたラチェット機構が備えられ、前記ラチェット機構のラチェット刃のピッチが複数の前記保持部ごとに異なる、請求項1に記載の印象材練和装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、歯科分野で用いられる印象材を形成するためにペースト状材料を練和する練和装置に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
歯科の分野において用いられる印象材には、2種類のペースト状材料(以下、単に「ペースト」と記載することがある。)を自動練和装置で適量ずつ混合して印象材を形成することがある。これによれば印象材の作製が容易で精度もよく、作業効率を向上させることができる。このような2種類のペーストには、いくつかの公知の組み合わせがあるが、例えばアルギン酸を主成分とする基材ペーストと石膏を主成分とする硬化材ペーストとの組み合わせを挙げることができる。これら2種類のペーストは可撓性を有する材料により形成された容器であるそれぞれのパッケージに入れられている。
【0003】
特許文献1には、2種類のパッケージを設置可能とし、それぞれのパッケージから電動で自動的にペーストを抽出し、練和して提供する印象材自動練和装置が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2013-27634号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本開示は、電動ではなく手動でペーストを抽出するとともに、印象材練和をより柔軟に行うことができる印象材練和装置を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
従来技術のような印象材自動練和装置では電動でそれぞれのパッケージからペーストを抽出して練和する。発明者は印象材練和装置を電動でなく手動とし、電気を必要とすることなくペーストを抽出することを考えた。ここで、2つのパッケージからのペーストの抽出は必ずしも同量であるとは限らず、また、場合によって抽出量を変更したいこともある。従来技術のような印象材自動練和装置では電動であることから抽出量を変更することが容易であるが、手動である場合にペーストの抽出量をパッケージごとに変えることが難しかった。これに対して発明者はペーストの抽出量をパッケージごとに変更できる手段を備える印象材練和装置を具体化して本発明を完成させた。
【0007】
本願は、歯科用の印象材を形成する少なくとも2種類のペースト状材料を練和して排出する印象材練和装置であって、ペースト状材料を内包する袋状の容器であるパッケージを保持する複数の保持部と、保持部に隣接して設けられた操作部と、保持部を挟んで操作部の反対側に配置された抽出部と、を有し、保持部にはパッケージを押圧する押圧部材が設けられ、操作部には手動により操作する操作部材が具備されており、操作部材の操作により押圧部材が移動して抽出部にペースト状材料が供給され、操作部材の1回の操作による押圧部材の移動の大きさが複数の保持部ごとに異なる、印象材練和装置である。
【0008】
保持部には押圧部材に連結されたラチェット機構が備えられ、ラチェット機構のラチェット刃のピッチが複数の保持部ごとに異なるように構成してもよい。
【発明の効果】
【0009】
本開示によれば、手動により複数のパッケージのそれぞれからペーストを抽出して複数のペーストを練和して印象材を得ることができる。また、複数のパッケージから抽出される量を異ならしめることができ、配合割合の自由度を高めることが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図1はパッケージ1の外観斜視図である。
図2はパッケージ1が装着された印象材練和装置10の外観斜視図である。
図3はパッケージ1と印象材練和装置10との分解斜視図である。
図4は印象材練和装置10の側面図である。
図5は印象材練和装置10の一部を示した外観斜視図である。
図6(a)は印象材練和装置10の一部を示した外観斜視図、図6(b)は図6(a)とは反対側における印象材練和装置10の一部を示した外観斜視図である。
図7はパッケージ1が装着された印象材練和装置50の外観斜視図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
帽子
5か月前
個人
逆流防止用具
3か月前
個人
蓋付きしびん
10日前
個人
段差昇降装置
3か月前
個人
エアリフター
3か月前
個人
ケース
6か月前
個人
X線用貼付剤
4か月前
個人
聴診器
10日前
個人
入れ歯
6日前
個人
シミ皮膚改善剤
3か月前
個人
肩甲骨下制器具
5か月前
個人
介護浴槽
17日前
個人
足指活性パッド
5か月前
個人
入浴介護補助装置
10日前
個人
鼻腔拡張具
2か月前
個人
歯科用ハンドピース
6か月前
個人
全身麻酔用枕
6か月前
個人
除菌・消臭液
6か月前
個人
透析装置の洗浄方法
5か月前
個人
アーシング青竹踏台
4か月前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
株式会社コーセー
組成物
2か月前
個人
座椅子脱着式車椅子
12日前
個人
電動式孫の手
2か月前
株式会社東亜産業
温熱具
2か月前
個人
歯科用ハンドピース
6か月前
個人
スプレー式目薬容器
20日前
個人
透析装置の洗浄方法
4か月前
個人
歯科補綴装置
6か月前
株式会社ニデック
眼科装置
5か月前
個人
排泄信号事前検出装置
6か月前
個人
ツボ刺激機能付き座具
6か月前
個人
マッサージガン保持具
1か月前
個人
根管治療用のファイル
2か月前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
3か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
5か月前
続きを見る