TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024067843
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-17
出願番号2022178209
出願日2022-11-07
発明の名称聴診器
出願人個人
代理人個人
主分類A61B 7/04 20060101AFI20240510BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】本発明は、従来にない非常に実用性の高い聴診器を提供することを目的とする。
【解決手段】音源Hに当接させて該音源Hから発生する音を集音する集音部1を設けた聴診器であって、前記集音部1は、先端部に第一凹所2aを有する第一基体2と、前記第一基体2に可動自在に設けられ先端部に第二凹所4aを有する第二基体4とを有し、前記第一基体2の前記第一凹所2aの開口部に音源当接振動板3aを設けた第一集音部3と、前記第二基体4の前記第二凹所4aの開口縁部を音源当接部5aとした第二集音部5とから成り、前記音源当接部5aは前記音源当接振動板3aに対して突没自在に設けられたものである。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
音源に当接させて該音源から発生する音を集音する集音部を設けた聴診器であって、前記集音部は、先端部に第一凹所を有する第一基体と、前記第一基体に可動自在に設けられ先端部に第二凹所を有する第二基体とを有し、前記第一基体の前記第一凹所の開口部に音源当接振動板を設けた第一集音部と、前記第二基体の前記第二凹所の開口縁部を音源当接部とした第二集音部とから成り、前記音源当接部は前記音源当接振動板に対して突没自在に設けられていることを特徴とする聴診器。
続きを表示(約 380 文字)【請求項2】
請求項1記載の聴診器において、前記第一集音部は、高周波帯域の音を集音するダイアフラム部であり、前記第二集音部は、前記第一集音部よりも低い低周波帯域の音を集音するベル部であることを特徴とする聴診器。
【請求項3】
請求項1,2いずれか1項に記載の聴診器において、前記第二基体は前記第一基体に可動構造部を介して可動自在に設けられ、前記可動構造部を操作する操作部を第一基体の基端部に設けたことを特徴とする聴診器。
【請求項4】
請求項1,2いずれか1項に記載の聴診器において、前記音源当接振動板は前記音源当接部を囲繞する状態で設けられていることを特徴とする聴診器。
【請求項5】
請求項3記載の聴診器において、前記音源当接振動板は前記音源当接部を囲繞する状態で設けられていることを特徴とする聴診器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、聴診器に関するものである。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、医療現場での診察時に使用する聴診器として、例えば特許文献1に開示される聴診器(以下、従来例)が提案されている。
【0003】
この従来例は、集音部(チェストピース)と聴音部(イヤーチップ)とが音伝達用のチューブによって連設された構造であり、集音部を音源(胸部など)に当接し、該音源から発生する音を聴音部で聞くものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2000-237号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、この従来例の集音部は、基体に二種類の集音構造、即ち、基体の一端部に高周波帯域の音(音波)を集音するダイアフラム部が設けられ、基体の他端部(ダイアフラム部の反対側)にダイアフラム部よりも低い低周波帯域の音(音波)を集音するベル部が設けられた所謂ダブルタイプであり、用途に応じて基体をひっくり返して使用しているが、使用するたびに基体の向きを確認して持ち替えなければならず、しかも、実際の現場では、その都度消毒しているが、使用しない側の部位を手で持つ構造の為、衛生上の観点から手で持つ部位を身体に当てられることに抵抗を感じる患者もいる。
【0006】
本発明は、前述した問題点を鑑みてなされたものであり、従来にない非常に実用性の高い聴診器を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
添付図面を参照して本発明の要旨を説明する。
【0008】
音源Hに当接させて該音源Hから発生する音を集音する集音部1を設けた聴診器であって、前記集音部1は、先端部に第一凹所2aを有する第一基体2と、前記第一基体2に可動自在に設けられ先端部に第二凹所4aを有する第二基体4とを有し、前記第一基体2の前記第一凹所2aの開口部に音源当接振動板3aを設けた第一集音部3と、前記第二基体4の前記第二凹所4aの開口縁部を音源当接部5aとした第二集音部5とから成り、前記音源当接部5aは前記音源当接振動板3aに対して突没自在に設けられていることを特徴とする聴診器に係るものである。
【0009】
また、請求項1記載の聴診器において、前記第一集音部3は、高周波帯域の音を集音するダイアフラム部であり、前記第二集音部5は、前記第一集音部3よりも低い低周波帯域の音を集音するベル部であることを特徴とする聴診器に係るものである。
【0010】
また、請求項1,2いずれか1項に記載の聴診器において、前記第二基体4は前記第一基体2に可動構造部6を介して可動自在に設けられ、前記可動構造部6を操作する操作部7を第一基体2の基端部に設けたことを特徴とする聴診器に係るものである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
帽子
6か月前
個人
聴診器
27日前
個人
X線用貼付剤
5か月前
個人
逆流防止用具
3か月前
個人
段差昇降装置
3か月前
個人
エアリフター
3か月前
個人
蓋付きしびん
27日前
個人
入れ歯
23日前
個人
足指活性パッド
6か月前
個人
シミ皮膚改善剤
4か月前
個人
介護浴槽
1か月前
個人
肩甲骨下制器具
5か月前
個人
鼻腔拡張具
3か月前
個人
入浴介護補助装置
27日前
個人
座椅子脱着式車椅子
29日前
個人
電動式孫の手
3か月前
株式会社東亜産業
温熱具
3か月前
個人
透析装置の洗浄方法
5か月前
個人
アーシング青竹踏台
5か月前
株式会社コーセー
組成物
3か月前
個人
スプレー式目薬容器
1か月前
個人
透析装置の洗浄方法
3か月前
個人
全身麻酔用枕
6か月前
個人
透析装置の洗浄方法
6か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
6か月前
個人
排泄信号事前検出装置
7か月前
株式会社いうら
介助リフト
2か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
6か月前
株式会社ファンケル
洗浄料
5か月前
個人
マッサージガン保持具
1か月前
株式会社ニデック
眼科装置
6か月前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
4か月前
個人
弾性材一体コルセット
2か月前
個人
根管治療用のファイル
2か月前
株式会社ニデック
眼科装置
7日前
オンキヨー株式会社
聴診器
3か月前
続きを見る