TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024061542
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2022179153
出願日2022-10-20
発明の名称スプレー式目薬容器
出願人個人
代理人
主分類A61M 11/00 20060101AFI20240425BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】上を向いて目薬を注す時は安定感が無いので安定感の有る横向きか下向き且つ横向きで注せる容器を提供する。
【解決手段】従来から有る目薬容器の口に上向きか横向きで5~6mmφ位の霧状になるスプレー穴を設けその穴の反対入口から容器の底に届くパイプを設ける。容器は、やや硬めにして指で摘まんで押したら一回分が注出するぐらいの硬さにする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
スプレー式の上向き且つ横向き目薬容器。
続きを表示(約 95 文字)【請求項2】
スプレー式の上向き目薬容器。
【請求項3】
スプレー式の下向き且つ横向き目薬容器。
【請求項4】
スプレー式の下向き目薬容器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、目薬をスプレーで目に吹き付ける容器に関するものである。
続きを表示(約 940 文字)【背景技術】
【0002】
従来スプレー式の目薬容器はなかった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
これは次のような欠点があった。
目薬を注す時立ったまま上を向いて上手に出来る人は少ない、特に年を取るとなおさらです、何回も注す必要がある。
本発明は、以上のような欠点をなくすためになされたものである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
従来からある目薬容器の口に上向きか横向きで5~6mmφ位の霧状になるスプレー穴を設け、その穴の反対入口から容器の底に届くパイプを設ける。
容器の硬さは、やや硬めにして指で摘まんで押すと、一回分が注出する位がよい。
容器を逆さまにして使用する時は中のパイプは必要ない。
本発明は、以上の構成よりなるスプレー式目薬容器である。
【発明の効果】
【0006】
目薬容器の出口が上から横から下からと三方向の中から選択出来るのと、霧状の目薬が目に入ってくるので簡単に目薬が注せる。
今までは上を向いて目薬を注していたのが、下を向くか前を向いて霧状の目薬が簡単に何時でも何処でも直ぐに注せる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
スプレー式上向き且つ横向き参考図である。
スプレー式上向き参考図である。
スプレー式下向き且つ横向き参考図である。
スプレー式下向き参考図である。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、本発明を実施するための形態について説明する。
従来から有る目薬容器の口に上向きか又は横向きで、5~6mmφ位の霧状になるスプレー穴を設けその穴の反対入口から容器の底に届くパイプを設ける。本発明は、以上のような構造である。これを使用するときは、上向きまたは横向きのスプレー穴を見つめて容器を指で摘まんで押す。
【符号の説明】
【0009】
1スプレー穴
2パイプ

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
聴診器
27日前
個人
エアリフター
3か月前
個人
入れ歯
23日前
個人
段差昇降装置
3か月前
個人
蓋付きしびん
27日前
個人
逆流防止用具
3か月前
個人
介護浴槽
1か月前
個人
入浴介護補助装置
27日前
個人
鼻腔拡張具
3か月前
個人
座椅子脱着式車椅子
29日前
株式会社東亜産業
温熱具
3か月前
個人
透析装置の洗浄方法
3か月前
個人
スプレー式目薬容器
1か月前
株式会社コーセー
組成物
3か月前
個人
電動式孫の手
3か月前
株式会社ニデック
眼科装置
7日前
株式会社ニデック
検眼装置
3か月前
オンキヨー株式会社
聴診器
3か月前
株式会社いうら
介助リフト
2か月前
個人
マッサージガン保持具
1か月前
個人
弾性材一体コルセット
2か月前
個人
根管治療用のファイル
2か月前
個人
色調採得支援方法
2日前
株式会社熊谷組
歩行器
2か月前
東レ株式会社
浄化モジュール
7日前
株式会社コーセー
粉末化粧料
2日前
株式会社ノエビア
皮膚外用剤
1か月前
大正製薬株式会社
固形組成物
2か月前
大正製薬株式会社
固形組成物
15日前
オンキヨー株式会社
電子機器
3か月前
株式会社ダリヤ
皮膚用化粧料
1か月前
個人
口腔用器具
1か月前
オンキヨー株式会社
電子機器
3か月前
株式会社ニデック
OCT装置
3か月前
株式会社東洋新薬
皮膚外用剤
2か月前
株式会社ダリヤ
整髪料組成物
1か月前
続きを見る