TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024025589
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-26
出願番号2022129136
出願日2022-08-13
発明の名称段差昇降装置
出願人個人
代理人
主分類A61G 5/06 20060101AFI20240216BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】車椅子や荷物運搬台車などで段差や階段を昇降するのに好適な、段差昇降装置を提供する。
【解決手段】車椅子や荷物運搬台車などに設置する装置であって、互いに並行でそれぞれ独立に水平方向へ張出格納可能な少なくとも4本のアーム1と、前記少なくとも4本のアーム1のそれぞれの張出方向先端付近に配置するそれぞれ独立に鉛直方向へ移動または伸縮可能な脚2と、を備え、前記少なくとも4本のアーム1は少なくとも2本ずつ反対方向へ張り出すように配置することを特徴とする、段差昇降装置とする。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
車椅子や荷物運搬台車などに設置する装置であって、互いに並行でそれぞれ独立に水平方向へ張出格納可能な少なくとも4本のアーム(1)と、前記少なくとも4本のアーム(1)のそれぞれの張出方向先端付近に配置するそれぞれ独立に鉛直方向へ移動または伸縮可能な脚(2)と、を備え、前記少なくとも4本のアーム(1)は少なくとも2本ずつ反対方向へ張り出すように配置することを特徴とする、段差昇降装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車椅子や荷物運搬台車などで段差や階段を昇降するのに好適な、段差昇降装置に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
車椅子での単独移動時や荷物運搬台車での重量物運搬移動時などにおいて、段差や階段を昇降することは困難である。車椅子や荷物運搬台車などで段差や階段を昇降するための装置として、引用文献1~2に階段昇降装置などが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開昭59-189847号公報
特開2003-146218号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
車椅子や荷物運搬台車などで段差や階段を昇降するための装置として、引用文献1~2に階段昇降装置などが開示されているが、引用文献1の階段昇降装置では、地面と接触する鉛直部材が8本必要であり、また、引用文献2の脚車輪移動装置では、地面と接触する鉛直部材が最低6本必要なものとなっている。
【0005】
本発明は、車椅子や荷物運搬台車などで段差や階段を昇降するための装置であり、地面と接触する鉛直部材が最低4本のシンプルな構造とすることができる、段差昇降装置を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
車椅子や荷物運搬台車などに設置する装置であって、互いに並行でそれぞれ独立に水平方向へ張出格納可能な少なくとも4本のアーム1と、前記少なくとも4本のアーム1のそれぞれの張出方向先端付近に配置するそれぞれ独立に鉛直方向へ移動または伸縮可能な脚2と、を備え、前記少なくとも4本のアーム1は少なくとも2本ずつ反対方向へ張り出すように配置することを特徴とする、段差昇降装置とする。
【発明の効果】
【0007】
各アーム1と各脚2を順番に動作することにより段差や階段を昇降することができる。一例として、車椅子での階段昇り時における具体的動作順の例を図1(a)~(d)を用いて説明する。
1.階段下側のアーム1C、1Dを格納状態で脚2C、2Dを接地し、階段上側のアーム1A、1Bを張出状態で2A、2Bを接地する(a)。
2.脚2A~Dを同時に伸ばして車椅子を持ち上げ、アーム1C、1Dを張り出しながらアーム1A,1Bを格納して、車椅子を平行移動する(b)。
3.脚2A~Dを同時に縮めて車椅子の片方の車輪を接地させ、アーム1Dを格納して脚2Dを接地する(c)。
4.アーム1Cを格納して脚2Cを接地する。アーム1C、1Dを格納する時において、脚2C、2Dは、アーム1C、1Dを動かすことができる最低限の縮め量とすることが安全上重要である。また、アーム1Dの格納とアーム1Cの格納の順序は逆でもよい。
5.脚1A、1Bを縮めて、アーム1A、1Bを張出状態にして、脚2A、2Bを接地する(d)。
上記1~5の繰り返しにより段差や階段を昇ることができる。また、上記の動作の概ね逆の動作を行うことで、段差や階段を降りることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
動作順の例を示す模式図である。(a)~(d)の各上段は平面図、各下段は背面図。
実施例1の三面図である。(a)は平面図、(b)は背面図、(c)は側面図。
実施例2の三面図である。(a)は平面図、(b)は背面図、(c)は側面図。
【発明を実施するための形態】
【0009】
車椅子や荷物運搬台車などに設置する装置であって、互いに並行でそれぞれ独立に水平方向へ張出格納可能な少なくとも4本のアーム1と、前記少なくとも4本のアーム1のそれぞれの張出方向先端付近に配置するそれぞれ独立に鉛直方向へ移動または伸縮可能な脚2と、を備え、前記少なくとも4本のアーム1は少なくとも2本ずつ反対方向へ張り出すように配置することを特徴とする、段差昇降装置とする。
【0010】
図2に、本段差昇降装置を車椅子に取り付けた実施例1を示す。実施例1では、車椅子の背面と膝裏部分にそれぞれ2本ずつのアーム1を配置している。アーム1は人手によるスライド動作構造とし、脚2はギヤードモータとラック・ピニオンによる電動駆動としている。それぞれの脚2は容易に取り外すことができ、本段差昇降装置を使用しないときの車椅子使用への影響を小さくしている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
帽子
4か月前
個人
X線用貼付剤
3か月前
個人
段差昇降装置
1か月前
個人
逆流防止用具
1か月前
個人
エアリフター
2か月前
個人
肩甲骨下制器具
3か月前
個人
シミ皮膚改善剤
2か月前
個人
足指活性パッド
4か月前
個人
鼻腔拡張具
1か月前
個人
透析装置の洗浄方法
3か月前
個人
電動式孫の手
1か月前
株式会社東亜産業
温熱具
1か月前
個人
アーシング青竹踏台
3か月前
株式会社コーセー
組成物
1か月前
個人
透析装置の洗浄方法
4か月前
個人
透析装置の洗浄方法
1か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
4か月前
個人
光脱毛器
2か月前
株式会社ファンケル
洗浄料
4か月前
個人
マッサージガン保持具
8日前
株式会社いうら
介助リフト
14日前
個人
弾性材一体コルセット
21日前
個人
座椅子型排泄介護装置
4か月前
株式会社コロナ
サウナ装置
3か月前
個人
根管治療用のファイル
28日前
株式会社ニデック
眼科装置
4か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
4か月前
個人
医療用チューブ保護具
2か月前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
2か月前
株式会社ニデック
検眼装置
1か月前
オンキヨー株式会社
聴診器
1か月前
株式会社ダリヤ
染毛料組成物
4か月前
株式会社ダリヤ
化粧料組成物
3か月前
オンキヨー株式会社
電子機器
1か月前
株式会社ノエビア
皮膚外用剤
21日前
大正製薬株式会社
固形組成物
1か月前
続きを見る