TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024068030
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-17
出願番号2022186923
出願日2022-11-04
発明の名称蓋付きしびん
出願人個人
代理人
主分類A61G 9/00 20060101AFI20240510BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】現在、病院や一般家庭の病人介護において使用されているしびんは、取尿後に尿がこぼれやすい欠陥があり、毎回排尿後に尿を処理する必要がある、これは介護とくに夜の介護にとって大きな負担になる。
【解決手段】本発明は、しびんに蓋を着けることによって、この負担を解消する。
特許請求の範囲【請求項1】
尿をとるためのしびんにおいて、蓋を付けたしびん

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、しびん、すなわち病人などが床についたままで排尿するために使用する容器に関するものである。
続きを表示(約 620 文字)【背景技術】
【0002】
現在のしびんは、一般的に取っ手の着いた広口瓶の形を取っている。
【発明の概要】
【】
【本発明が解決しようとする課題】
【0003】
現在のしびんは、尿を取るには便利であるが、引き続いてその日、あるいはその夜に使用するには、広口瓶であるため、尿のこぼれやすい欠陥がある。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明は、この広口瓶に、ねじ込んだりはめ込んだりする形の蓋をつけることによって、尿のこぼれやすい欠陥を解消する。
【0005】
この蓋は、たとえば現在の家庭用の石油缶において、その円い取油口に、少し直径の大きな円環を着けるのと同様の形でルースな固定を行うことによって、蓋の逸失を防ぐことができる。
【発明の効果】
【0006】
現在のしびんにおいては、一回尿を取るたびに、誰かがその尿を処理する必要があり、特に夜の看護や介護において、看護師や介護人にとって、大きな負担になる。
【0007】
本発明は、構造が簡単なうえ、家庭用の石油缶などに類似の構造を見ることができるので、図面は省略する。
【産業上の利用可能性】
【0008】
たとえば、病院において、本発明のしびんを使用すれば、看護師の負担とりわけ夜の負担を大きく軽減することができる。

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
帽子
6か月前
個人
蓋付きしびん
27日前
個人
ケース
7か月前
個人
エアリフター
3か月前
個人
X線用貼付剤
5か月前
個人
逆流防止用具
3か月前
個人
聴診器
27日前
個人
入れ歯
23日前
個人
段差昇降装置
3か月前
個人
肩甲骨下制器具
5か月前
個人
シミ皮膚改善剤
4か月前
個人
足指活性パッド
6か月前
個人
介護浴槽
1か月前
個人
鼻腔拡張具
3か月前
個人
入浴介護補助装置
27日前
個人
透析装置の洗浄方法
6か月前
株式会社東亜産業
温熱具
3か月前
個人
スプレー式目薬容器
1か月前
株式会社コーセー
組成物
3か月前
個人
歯科用ハンドピース
7か月前
個人
歯科用ハンドピース
7か月前
個人
アーシング青竹踏台
5か月前
個人
除菌・消臭液
7か月前
個人
電動式孫の手
3か月前
個人
座椅子脱着式車椅子
29日前
個人
透析装置の洗浄方法
5か月前
個人
透析装置の洗浄方法
3か月前
個人
全身麻酔用枕
6か月前
個人
弾性材一体コルセット
2か月前
個人
座椅子型排泄介護装置
5か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
6か月前
株式会社ニデック
眼科装置
6か月前
株式会社ニデック
眼科装置
7日前
個人
ツボ刺激機能付き座具
7か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
6か月前
個人
医療用チューブ保護具
4か月前
続きを見る