TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024024173
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-22
出願番号2022126809
出願日2022-08-09
発明の名称エンドミル
出願人株式会社不二越
代理人個人,個人
主分類B23C 5/10 20060101AFI20240215BHJP(工作機械;他に分類されない金属加工)
要約【課題】本発明は、主にステンレス鋼を中心とする被削材、いわゆる難削材の溝加工を行う場合において、切りくずのかみ込みが起因してのびびり、バリ発生を抑制するエンドミルを提供することを課題とする。
【解決手段】
少なくとも、複数枚の底刃1と、長手方向に沿ってらせん状に形成された外周刃2と、外周刃2に隣接して形成されるすくい面3を備えたねじれ溝4と、を有するエンドミル10において、ねじれ溝4はすくい面3を備える第1ねじれ溝4aと、第1ねじれ溝4aに隣接して形成される第2ねじれ溝4bと、第2ねじれ溝4bに隣接してエンドミル10の回転方向前方側に形成される第3ねじれ溝4cと、から構成されており、エンドミル10の軸直角断面視において、すくい面3のすくい角αは9~11度の範囲とする。
【選択図】図4


特許請求の範囲【請求項1】
少なくとも、複数枚の底刃と、長手方向に沿ってらせん状に形成された外周刃と、前記外周刃に隣接して形成されるすくい面を備えたねじれ溝と、を有しており、隣接する前記底刃同士が成す角度は互いに異なり、かつ隣接する前記ねじれ溝のねじれ角が互いに異なるエンドミルにおいて、前記ねじれ溝は、前記すくい面を備える第1ねじれ溝と、前記第1ねじれ溝に隣接して形成される第2ねじれ溝と、前記第2ねじれ溝に隣接して前記エンドミルの回転方向前方側に形成される第3ねじれ溝と、から構成されており、前記エンドミルの軸直角断面視において、前記すくい面のすくい角は9~11度の範囲であることを特徴とするエンドミル。
続きを表示(約 270 文字)【請求項2】
前記エンドミルの軸直角断面視において、前記外周刃と前記中心軸を結ぶ直線L0、前記第1ねじれ溝と前記第2ねじれ溝が交わる第1交差稜線R1、前記第2ねじれ溝と前記第3ねじれ溝が交わる第2交差稜線R2、とした場合において、前記第1交差稜線R1を起点とした前記直線L0に平行な直線L1と前記第2ねじれ溝の接線L11との成す角度βが6~10度の範囲であり、前記第2交差稜線R2を起点とした前記直線L0に平行な直線L2と前記第3ねじれ溝の接線L12との成す角度γが11~100度の範囲であることを特徴とする請求項1に記載のエンドミル。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、主にステンレス鋼を中心とする被削材、いわゆる難削材の溝加工を行うエンドミルに関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来、エンドミルによる側面加工や溝加工などの切削加工において、被削材から発生する切りくずの擦過抑制と生成される切りくずの下にクーラント(冷却剤)溜まりを設けることでエンドミルから切りくず離れを促進する技術が開示されている(特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第4986854号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1で開示されたエンドミルは、ステンレス鋼を中心とする被削材を切削加工する場合に発生する切りくずの下にできる空間が狭くなり、切りくず排出性の効果が著しく低下する。
【0005】
そこで、本発明は主にステンレス鋼を中心とする被削材、いわゆる難削材の溝加工を行う場合において、切りくずのかみ込みが起因してのびびり、バリ発生を抑制するエンドミルを提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
前述した課題を解決するために、本発明のエンドミルは、少なくとも、複数枚の底刃と、長手方向に沿ってらせん状に形成された外周刃と、当該外周刃に隣接して形成されるすくい面を備えたねじれ溝と、を有しており、隣接する底刃同士が成す角度は互いに異なり、かつ隣接するねじれ溝のねじれ角も互いに異なるエンドミルにおいて、ねじれ溝は、すくい面を備える第1ねじれ溝、第1ねじれ溝に隣接して形成される第2ねじれ溝、第2ねじれ溝に隣接してエンドミルの回転方向前方側に形成される第3ねじれ溝から構成されており、エンドミルの軸直角断面視においてすくい面のすくい角は9~11度の範囲とする。
【0007】
また、外周刃と中心軸を結ぶ直線L0、第1ねじれ溝と第2ねじれ溝が交わる第1交差稜線、第2ねじれ溝と第3ねじれ溝が交わる第2交差稜線、とした場合において、第1交差稜線を起点として直線L0に平行な直線L1と第2ねじれ溝の接線L11との成す角度が6~10度の範囲であり、第2交差稜線を起点とした直線L0に平行な直線L2と第3ねじれ溝の接線L12との成す角度が11~100度の範囲としてもよい。
【発明の効果】
【0008】
本発明のエンドミルは、ステンレス鋼を中心とする被削材、いわゆる難削材の溝加工を行う場合においても、切りくずのかみ込みが起因してのびびり、バリ発生を抑制するという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明のエンドミル10の正面図である。
本発明のエンドミル10の左側面図である。
図1に示すA-A線断面図である。
図3に示すB部分の拡大図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本発明のエンドミルの一実施形態について図面を用いて説明する。本発明のエンドミル10の正面図を図1、左側面図を図2にそれぞれ示す。本発明のエンドミル10は、図1および図2に示す様に4枚の底刃1(1a,1b,1c,1d)およびそれら底刃の端部(最外周部)から連続的に形成されている4枚の外周刃2(2a,2b,2c,2d)をそれぞれ有している。これらのらせん状の4枚の外周刃2a,2b,2c,2dには、隣接して4条のねじれ溝4,4,4,4が形成されている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社不二越
歯車寸法測定装置
6日前
株式会社不二越
ロボット制御システム
4日前
日東精工株式会社
ねじ締め機
3か月前
津田駒工業株式会社
工作機械
1か月前
日東精工株式会社
ねじ締め機
4日前
個人
低周波振動発生出力方法
17日前
日東精工株式会社
ねじ締め装置
2か月前
個人
パワーデバイスの接合方法
2か月前
日東精工株式会社
着座確認装置
1か月前
アズビル株式会社
溶接方法
1か月前
ウエダ産業株式会社
カッター装置
26日前
株式会社コスメック
クランプ装置
1か月前
株式会社FUJI
工作機械
19日前
株式会社不二越
ドリル
26日前
津田駒工業株式会社
回転テーブル装置
2か月前
株式会社ダイヘン
アーク溶接制御方法
1か月前
株式会社小島半田製造所
はんだ線
25日前
株式会社不二越
複合加工機
2か月前
株式会社不二越
管用タップ
1か月前
個人
クーラント装置
1か月前
ニフコプラント株式会社
ろ過装置
3か月前
株式会社FUJI
工具交換アーム
3か月前
一文機工株式会社
スタッド溶接用プラグ
3か月前
株式会社不二越
エンドミル
2か月前
有限会社 ナプラ
接合材用金属粒子
7日前
株式会社永木精機
埋設管窓開け工具
12日前
株式会社不二越
歯車加工装置
14日前
株式会社FUJI
コレットチャック
2か月前
株式会社NMC
水溶性切削液用フィルター
3か月前
工機ホールディングス株式会社
工具
24日前
株式会社不二越
歯車製造装置
1か月前
株式会社ダイヘン
正逆送給アーク溶接方法
2か月前
株式会社ダイヘン
アークスタート制御方法
3か月前
ダイハツ工業株式会社
位置検出装置
1か月前
ニデック株式会社
マグネット供給装置
3か月前
SUS株式会社
ナット挿入装置
27日前
続きを見る