TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023143773
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-10-06
出願番号2023036034
出願日2023-02-17
発明の名称体組成計
出願人個人
代理人
主分類A61B 5/0537 20210101AFI20230929BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】 簡便に自力測定ができる健康管理ツールとして、一般的に体組成計が多く利用されている。体組成計の測定により得られる情報としては、大半が身体の内部に関わる情報ですが、健康管理の観点からは、身体の外部に関わる情報も重要なファクターとして、日常的かつ容易に自力測定できることが望ましい。
【解決手段】 本発明は、体組成計(10)本体の上に、立位姿勢の被測定者を乗せて回転する状態を、リモートセンシング処理機能、画像処理機能、無線通信接続処理機能の各機能を有するモニタリング機器(91)、及びアプリケーション・ソフトウェアを組合せ利用することにより、測定結果として、被測定者を周囲360度全方位からモニタリングし、被測定者の人体形状の測定を可能にすることにより、身体の内部に関わる情報と、身体の外部に関わる情報と、を日常的かつ容易に自力測定ができる体組成計である。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
被測定者の体重及び身体組成を測定する測定部と、被測定者の人体形状(三次元モデル)を測定するための回転部と、を備え、体組成計(10)本体の上に、立位姿勢の被測定者を乗せて回転する状態をリモートセンシング処理機能、画像処理機能、無線通信接続処理機能の各機能を有するモニタリング機器(91)、及びアプリケーション・ソフトウェアを組合せて利用することにより、測定結果として、被測定者を周囲360度全方位からモニタリングし、被測定者の人体形状を測定することができる体組成計であり、体重及び身体組成の測定によりデータ収集した身体の内部に関わる情報と、人体形状の測定によりデータ収集した身体の外部に関わる情報と、を日常的かつ容易に自力測定することができ、また測定結果をデータ化できる、バッテリーまたは家庭用電源等から給電されて駆動し、機能動作する体組成計。
続きを表示(約 520 文字)【請求項2】
請求項1において、体組成計(10)は、被測定者の体重及び身体組成を測定する測定部と、被測定者の人体形状(三次元モデル)を測定するための回転部と、それぞれを装置として分離、連結させることが可能であり、分離された状態においては、被測定者の体重及び身体組成を測定する測定部は、体組成測定装置(30)として、被測定者の人体形状(三次元モデル)を測定するための回転部は、人体測定回転装置(20)として、個別に、機能・稼働する独立した装置として利用することができ、また、連結された状態においては、被測定者の体重及び身体組成を測定する測定部と、被測定者の人体形状(三次元モデル)を測定するための回転部と、が一体型の装置として利用することができる体組成計。
【請求項3】
請求項1、請求項2において、体組成計(10)及び人体測定回転装置(20)は、無線通信接続処理機能によりペアリング設定された、特定のモバイル端末(スマートフォン、タブレット、PCなど)と、前記特定のモバイル端末(スマートフォン、タブレット、PCなど)にインストールされたアプリケーション・ソフトウェアと、により駆動し、機能動作が制御される体組成計。

発明の詳細な説明【発明の詳細な説明】
【】
【技術分野】
【0001】
本発明は、体重及び身体組成を測定する測定部と、人体形状(三次元モデル)を測定するための回転部と、を備えて成る体組成計に関するものである。
続きを表示(約 2,900 文字)【背景技術】
【0002】
現代の日常生活において、豊かな食生活は、食べ過ぎなくても摂取エネルギーが過剰となります。その反面で、慢性的な運動不足により消費エネルギーが減少し、肥満等による生活習慣病の発症リスクが社会問題として存在することは承知の如くであり、健康管理への関心度の高まりでヘルスケア、ボディケア(フィットネスなど)に対する注目が増してきている。そのような中で家庭を中心に、日常的かつ容易に自力測定ができる簡便な健康管理ツールとして、体組成計(ヘルスメーター)が多く利用されている。
【0003】
一方で、体組成計(ヘルスメーター)の利用者の多くが健康管理上で着目しているキーワードとしては、BMI値とメタボリックシンドロームの2つのワードがあります。BMI値とは、体重と身長の数値から算出された、身体の大きさを表す指数(ボディマスインデックス)のことで、計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なり、WHO(世界保健機構)の基準では30以上、日本では25以上が肥満の指数に該当します。また、メタボリックシンドロームの診断基準とは、日本では男女で異なるが、ウェスト周囲径(おへその高さの腹囲)と血圧、血糖、脂質の各数値により判定される。
【0004】
BMI値とメタボリックシンドロームの評価判定時に用いられる「身長」と「腹囲」といった、人体任意部位の長さや周囲長の数値、いわゆる身体の外部に関わる情報が必要とされる。最近の体組成計(ヘルスメーター)も日進月歩で日々進化してきているが、身近に普及している健康管理ツールとしては、得られる情報の大半が身体の内部に関わる情報に偏ってしまっているように思われる。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
一般的には、体重、身体組成については体組成計、身長は身長計、人体任意部位の長さや周囲長は巻尺によって測定されますが、中でも家庭などで、日常的かつ容易に自力測定ができる簡便な健康管理ツールとして、体重、身体組成を測定する体組成計(ヘルスメーター)が多く利用されている。また一方で、身長及び人体任意部位の長さや周囲長の測定に関しては、自力測定が簡単ではなく、第三者の協力を必要とすることも多々あり、特に一人暮らしの人にとっては、日常的に測定することは非常に困難です。健康管理においては、身体の外部に関わる情報も重要なファクターとして、誰にでも簡便に測定できることが望ましい。本発明が解決しようとする課題は、身近にある体組成計が健康管理ツールとして、体重及び身体組成の測定によりデータ収集される身体の内部に関わる情報だけではなく、人体形状の測定によりデータ収集される身体の外部に関わる情報をも、日常的かつ容易に自力測定ができることを提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、体組成計(10)本体の上に、立位姿勢の被測定者を乗せて回転する状態を、リモートセンシング処理機能、画像処理機能、無線通信接続処理機能の各機能を有するモニタリング機器(91)、及びアプリケーション・ソフトウェアを組合せて利用することにより、測定結果として、被測定者を周囲360度全方位からモニタリングし、被測定者の人体形状を測定することができる体組成計であり、体重及び身体組成の測定によりデータ収集した身体の内部に関わる情報と、人体形状の測定によりデータ収集した身体の外部に関わる情報と、を日常的かつ容易に自力測定することができ、また測定結果をデータ化できる、バッテリーまたは家庭用電源等から給電されて駆動し、機能動作する体組成計である。
【発明の効果】
【0007】
本発明により、従来の体組成計の機能である体重及び身体組成の測定によりデータ収集した身体の内部に関わる情報だけに限定する事なく、人体形状の測定によりデータ収集した身体の外部に関わる情報と、を日常的かつ容易に自力測定することが可能になる。また、測定した身体の内部と外部に関わる情報をデータ統合することにより多面的に捉えられた、より精度の高いデータとしてヘルスケア、ボディケア(フィットネスなど)における指標値としての利用が見込める。例えば、従来利用されてきた体格指標であるBMI(ボディマスインデックス)から近年、イギリス、アメリカなどの国々において研究がすすめられている、次世代の体格指標として注目されるBVI(ボディボリュームインデックス)を簡便に計測する道具としての利用が可能になることも効果の一つである。さらに、身体の外部に関わる情報については、採寸データとしての利用が可能になり、ファッション関連をはじめとするデジタルマーケティング分野における活用にもつながる。
前記BVIとは、英語でBody Volume Indexの略称、ボディ体積指数(ボディ容積指数)のことで、体表面の形状を可視光の全身三次元スキャナーなどを使って計測した体型データと体重データから求めた値のことである。また、BVIの特徴としては、筋肉質であるか脂肪質であるか、或いは肉が身体のどの部位についているかの判断ができる次世代の体格指標とされ、予防医療分野における活用でも期待される指標である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明に係る体組成計の全体を示した斜視図である。
本発明に係る体組成計の平面図である。
本発明に係る体組成計の底面図である。
本発明に係る分離、連結可能な体組成計を示した斜視図である。
本発明に係る分離、連結可能な体組成計において、分離後の人体測定回転装置の平面図である。
本発明に係る分離、連結可能な体組成計において、分離後の人体測定回転装置の底面図である。
本発明に係る分離、連結可能な体組成計において、分離後の体組成測定装置の平面図である。
本発明に係る分離、連結可能な体組成計において、分離後の体組成測定装置の底面図である。
本発明に係る体組成計において、測定方法の仕組みの一実施形態を示した全体像の略図である。
本発明に係る体組成計において、測定プロセスを示したフロー図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
図1、図2、図3は、本発明の体組成計(10)を示す、斜視図、平面図、底面図である。体組成計(10)の機能動作に関わる部品構成として大きく3つに分類すると、動力に関わる部品と、動作制御に関わる部品と、体重及び身体組成(身体の内部に関わる情報)の測定に関わる部品と、を備えて成る。
【0010】
体組成計(10)の動力に関わる部品としては、本体内部に充電が可能な駆動用バッテリーと、蓄電済の前記駆動用バッテリー、または家庭用電源等から給電され駆動し、体組成計(10)本体を回転させる機能を有する電動モーター(15)が内蔵される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
帽子
2か月前
個人
段差昇降装置
8日前
個人
X線用貼付剤
1か月前
個人
エアリフター
12日前
個人
逆流防止用具
8日前
個人
ケース
3か月前
個人
肩甲骨下制器具
2か月前
個人
シミ皮膚改善剤
1か月前
個人
注射器用カバー
4か月前
個人
足指活性パッド
3か月前
株式会社東亜産業
温熱具
4日前
個人
アーシング青竹踏台
1か月前
個人
電動式孫の手
6日前
個人
湯たんぽ保温カバー
4か月前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
個人
歯科補綴装置
4か月前
個人
全身麻酔用枕
3か月前
個人
歯科用ハンドピース
3か月前
個人
歯科用ハンドピース
3か月前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
株式会社コーセー
組成物
4日前
個人
除菌・消臭液
3か月前
株式会社ファンケル
洗浄料
2か月前
大正製薬株式会社
抗糖化剤
4か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
2か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
2か月前
株式会社カネカ
チューブ体
4か月前
個人
医療用チューブ保護具
1か月前
個人
接続装置
3か月前
個人
光脱毛器
26日前
個人
ツボ刺激機能付き座具
3か月前
株式会社ニデック
眼科装置
2か月前
株式会社コロナ
サウナ装置
1か月前
個人
排泄信号事前検出装置
3か月前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
20日前
個人
抗細胞・遺伝子劣化剤
4か月前
続きを見る