TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024053118
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-12
出願番号2024037350,2023047218
出願日2024-03-11,2019-03-28
発明の名称推定システム、推定装置、制御プログラム
出願人京セラ株式会社
代理人弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
主分類G16H 50/20 20180101AFI20240405BHJP(特定の用途分野に特に適合した情報通信技術)
要約【課題】推定結果の信頼性を向上させること。
【解決手段】本発明の一実施形態に係る推定システムは、第1データから疾患に関連する推定結果を出力する近似器と、前記推定結果、及び前記推定結果の根拠を示す参考データを出力する出力部と、を備え、前記近似器は、前記第1データと同種の第2データを含む学習用データと、前記学習用データに関連する診断結果を含む教師用データとによって学習される。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1データから疾患に関連する推定結果を出力する近似器と、
前記推定結果、及び前記推定結果の根拠を示す参考データを出力する出力部と、
を備え、
前記近似器は、前記第1データと同種の第2データを含む学習用データと、前記学習用データに関連する診断結果を含む教師用データとによって学習される、
推定システム。
続きを表示(約 600 文字)【請求項2】
前記近似器は、前記参考データを検索する、請求項1に記載の推定システム。
【請求項3】
前記参考データは、前記学習用データ及び前記教師用データを含む、請求項1または2に記載の推定システム。
【請求項4】
前記参考データは、前記学習用データに付随する個人データを含む、請求項1から3のいずれか1項に記載の推定システム。
【請求項5】
前記参考データは、前記教師用データの診断情報を含む、請求項1から4のいずれか1項に記載の推定システム。
【請求項6】
前記推定結果は、病変部位に関連する、請求項1から5のいずれか1項に記載の推定システム。
【請求項7】
前記第1データは画像データである、請求項1から6のいずれか1項に記載の推定システム。
【請求項8】
前記第1データは診断対象の部位が写る、請求項1から7のいずれか1項に記載の推定システム。
【請求項9】
前記推定結果は、画像データである、請求項1から8のいずれか1項に記載の推定システム。
【請求項10】
前記参考データは画像データであり、
前記近似器は、前記推定結果及び前記参考データの違いを強調する、請求項1から9のいずれか1項に記載の推定システム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、推定システム、推定装置、制御プログラムに関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、ニューラルネットワークを含む診断支援装置が知られている(特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2008-36068号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
このような診断支援装置では、信頼性を向上させることが求められている。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本開示の一態様に係る推定システムは、第1データから疾患に関連する推定結果を出力する近似器と、前記推定結果、及び前記推定結果の根拠を示す参考データを出力する出力部と、を備え、前記近似器は、前記第1データと同種の第2データを含む学習用データと、前記学習用データに関連する診断結果を含む教師用データとによって学習される。
【0006】
また、本開示の一態様に係る推定装置は、第1データから疾患に関連する推定結果を出力する近似器と、前記推定結果、及び前記推定結果の根拠を示す参考データを出力する出力部と、を備え、前記近似器は、前記第1データと同種の第2データを含む学習用データと、前記学習用データに関連する診断結果を含む教師用データとによって学習される。
【0007】
また、本開示の一態様に係る制御プログラムは、コンピュータに、近似器に、前記第1データから疾患に関連する推定結果を出力させるステップと、前記推定結果、及び前記推定結果の根拠を示す参考データを出力する出力ステップと、を実行させる制御プログラムであって、前記近似器は、前記第1データと同種の第2データを含む学習用データと、前記学習用データに関連する診断結果を含む教師用データとによって学習される。
【発明の効果】
【0008】
推定結果の信頼性を使用者が確認することができる。よって、推定結果の信頼性を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
疾患予測システムの構成の一例を示す図である。
疾患予測システムの一部の構成の一例を示す図である。
疾患予測システムの一部の構成の一例を示す図である。
疾患予測システムの一部の構成の一例を示す図である。
疾患予測システムの一部の構成の一例を示す図である。
疾患予測システムの一部の動作の一例を示す図である。
疾患予測システムの一部の動作の一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本開示の疾患推定システム1は、入力データIからAI(Artificial Intelligence)を用いて疾患を推定することができる。入力データIは、例えば画像データであればよい。本発明によって推定される疾患は、医師が画像データに基づいて診断可能な疾患であればよい。例えば、子宮頸がん、皮膚疾患、であればよい。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

京セラ株式会社
試料保持具
13日前
京セラ株式会社
試料保持具
19日前
京セラ株式会社
表示システム
8日前
京セラ株式会社
光学装置及び撮像装置
1か月前
京セラ株式会社
光学装置及び撮像装置
27日前
京セラ株式会社
光学装置及び撮像装置
27日前
京セラ株式会社
分析装置および分析方法
27日前
京セラ株式会社
積層セラミックコンデンサ
12日前
京セラ株式会社
情報処理装置及び情報処理方法
2日前
京セラ株式会社
梱包用隙間部材、梱包体及び部材
1か月前
京セラ株式会社
通信制御方法、ユーザ装置、及び基地局
9日前
京セラ株式会社
通信制御方法、基地局、及びユーザ装置
9日前
京セラ株式会社
積層セラミック電子部品およびその製造方法
16日前
京セラ株式会社
電子機器、電子機器の制御方法、及びプログラム
1か月前
京セラ株式会社
電子機器、電子機器の制御方法、及びプログラム
1か月前
京セラ株式会社
予測装置、予測方法、制御プログラム、および記録媒体
8日前
京セラ株式会社
放熱部材
29日前
京セラ株式会社
通信制御方法
8日前
京セラ株式会社
予測システム
29日前
京セラ株式会社
空中像表示装置
8日前
京セラ株式会社
薄膜回路基板、電子部品実装用パッケージ、および電子モジュール
22日前
京セラ株式会社
情報処理装置、電力需給調整システム、情報処理方法、及びプログラム
6日前
京セラ株式会社
摺動部材および人工関節
29日前
京セラ株式会社
推定システム、および制御方法
29日前
京セラ株式会社
走査装置及び走査装置の製造方法
29日前
京セラ株式会社
電力供給装置、集合住宅及び引込盤
29日前
京セラ株式会社
電力供給システムおよび電力供給方法
19日前
京セラ株式会社
監視システム、監視方法、及びプログラム
29日前
京セラ株式会社
発光素子搭載用パッケージおよび発光装置
8日前
京セラ株式会社
ウェアラブル端末装置、プログラムおよび表示方法
8日前
京セラ株式会社
画像生成装置、画像生成方法、画像生成プログラム及び記録媒体
1か月前
京セラ株式会社
予測装置、予測システム、予測方法、制御プログラム、および記録媒体
26日前
京セラ株式会社
通信制御方法、セルラ通信システム、ユーザ装置、プログラム及びチップセット
8日前
花王株式会社
美容システム
1か月前
個人
支援システム、支援プログラム
1か月前
TOTO株式会社
排泄情報管理システム
2か月前
続きを見る