TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024033592
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-13
出願番号2022137256
出願日2022-08-30
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/00 20060101AFI20240306BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】電源装置の交換容易性を維持しつつ電磁ノイズの発生を抑制した画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置100は、画像形成を行うための部品に電力を供給するAC/DC電源基板500と、画像形成を行うための部品に電力を供給するIH電源基板510と、AC/DC電源基板500とIH電源基板510との間を仕切る仕切り用の板金721と、AC/DC電源基板500とIH電源基板510とを一体として覆う筒状となる板金720、722と、を備える。AC/DC電源基板500とIH電源基板510は、筒状となる板金720,722の開放口方向(Y軸方向)に引き抜くことができるようになっている。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
画像形成を行うための部品に電力を供給する第1電源基板と、
画像形成を行うための部品に電力を供給する第2電源基板と、
前記第1電源基板と前記第2電源基板との間を仕切る仕切り用板金と、
前記第1電源基板と前記第2電源基板とを一体として覆う筒状となる板金と、を備え、
前記第1電源基板と前記第2電源基板は、前記筒状の板金の開放口方向に引き抜くことができるようになっていることを特徴とする、
画像形成装置。
続きを表示(約 1,500 文字)【請求項2】
前記第2電源基板が取り付けられるL字に成形された支持板金をさらに備えており、
前記仕切り用板金は、L字に成形され、前記第1電源基板が取り付けられており、
前記筒状の板金は、L字に成形された板金を含んでおり、
前記支持板金、前記仕切り用板金、及び前記L字に成形された板金により、筒状を形成していることを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記第2電源基板が取り付けられる平板の支持板金をさらに備えており、
前記仕切り用板金は、前記第1電源基板が取り付けられる平板であり、
前記筒状の板金は、L字に成形された板金と平板である板金とを含んでおり、
前記支持板金、前記L字に成形された板金、及び前記平板である板金により、筒状を形成していることを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記第1電源基板は、前記仕切り用板金の第1面に対して平行に取り付けられており、
前記仕切り用板金は、前記第1電源基板の電子部品が実装される面よりも前記第1面が大きく構成されており、
前記仕切り用板金は、前記第1面に直交する第2面を有しており、
前記第2面は、前記第1電源基板の電子部品が実装される前記面に直交する面よりも大きく構成されることを特徴とする、
請求項2記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記第1電源基板は、前記仕切り用板金の第1面に対して平行に取り付けられており、
前記仕切り用板金は、前記第1電源基板の電子部品が実装される面よりも前記第1面が大きく構成されることを特徴とする、
請求項2または3記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記第2電源基板は、前記支持板金の第1面に対して平行に取り付けられており、
前記支持板金は、前記第2電源基板の電子部品が実装される面よりも前記第1面が大きく構成されており、
前記支持板金は、前記第1面に直交する第2面を有しており、
前記第2面は、前記第2電源基板の電子部品が実装される前記面に直交する面よりも大きく構成されることを特徴とする、
請求項2記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記第2電源基板は、前記支持板金の第1面に対して平行に取り付けられており、
前記支持板金は、前記第2電源基板の電子部品が実装される面よりも前記第1面が大きく構成されることを特徴とする、
請求項2または3記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記第1電源基板は、商用電源から供給される交流電力を直流電力に変換するAC/DC電源装置であることを特徴とする、
請求項1~3のいずれか1項記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記部品は、加熱コイルを含み、
前記第2電源基板は、前記加熱コイルに交流電力を供給するIH電源装置であることを特徴とする、
請求項1~3のいずれか1項記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記第1電源基板と前記第2電源基板とを固定する固定ユニットをさらに備えており、
前記仕切り用板金は、前記第1電源基板が取り付けられる面に直交して、前記固定ユニットに前記第1電源基板を固定するための第1固定部を有し、
前記支持板金は、前記第2電源基板が取り付けられる面に直交して、前記固定ユニットに前記第2電源基板を固定するための第2固定部を有することを特徴とする、
請求項2または3記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、プリンタ、コピー機、複合機等の画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
画像形成装置は、画像形成に用いられる機械部品(以下、単に「部品」という。)を制御するために、電子部品を実装した複数の基板を備える。基板は、故障等の際に容易に交換可能であることが望まれている。例えば特許文献1は、基板類を着脱可能な一つのユニットとして構成する画像形成装置を開示する。基板を一つのユニットとして構成するために、一方向からの操作で基板等の電装ユニットにアクセス可能である。近年、このようなサービスコスト低減のための技術が多く提案されている。画像形成装置に搭載される電源装置は、一般的にスイッチング装置である。そのために、電源装置は、特許文献2に示されるように、内蔵する基板から放射される電磁ノイズをシールド用の部材で覆った箱形のユニット構成とされることが一般的である。
【0003】
オフィスで用いられる中速、高速の画像形成装置は、定着器の適度が立ち上がり時間の高速化と電力効率が求められる。そのために画像形成装置は、IH(Induction Heating)電源装置を搭載することが一般的である。IH電源装置を搭載する画像形成装置は、国内の電波法、北米のFCCPart18、欧州のEN55011等の電磁波に関する専用の法規制が存在するために、他の画像形成装置より、周波数帯が広く、厳格な電磁波影響の確認が要求されている。
【0004】
なお、画像形成装置は、商用電源から供給される交流電力を内部で使用する直流電力に変換するAC/DC電源装置とIH電源装置とが、隣接して配置される傾向にある。それぞれの電源装置の基板の交換性と、電磁ノイズの影響に対応するために、AC/DC電源装置とIH電源装置とは、それぞれ個別のユニットとして配置されることが好ましい。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2007-133433号公報
特開2021-4958号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
AC/DC電源装置とIH電源装置とが隣接して配置される場合、各電源装置の直接放射を防ぐシールドを形成することは可能である。しかし、例えばAC/DC電源装置に設けられる板金とIH電源装置に設けられる板金とが所定距離で隣接する場合、平行平板共振が発生し、板金がアンテナとして機能して大きな電磁波を放出する可能性がある。
【0007】
本発明は、上述の問題に鑑み、電源装置の交換容易性を維持しつつ電磁ノイズの発生を抑制した画像形成装置を提供することを主たる目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の画像形成装置は、画像形成を行うための部品に電力を供給する第1電源基板と、画像形成を行うための部品に電力を供給する第2電源基板と、前記第1電源基板と前記第2電源基板との間を仕切る仕切り用板金と、前記第1電源基板と前記第2電源基板とを一体として覆う筒状となる板金と、を備え、前記第1電源基板と前記第2電源基板は、前記筒状の板金の開放口方向に引き抜くことができるようになっていることを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、電源基板の交換容易性を維持しつつ電磁ノイズの発生を抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
画像形成装置の構成図。
(a)、(b)は、一般的な画像形成装置の電源ユニットの説明図。
(a)、(b)は、本実施形態の電源ユニットの説明図。
(a)~(c)は、一体型電源ユニットの説明図。
(a)、(b)は、他の構成の一体型電源ユニットの説明図。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
成形体
19日前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
キヤノン株式会社
記録装置
27日前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
キヤノン株式会社
発光装置
1か月前
キヤノン株式会社
測距装置
28日前
キヤノン株式会社
定着装置
28日前
キヤノン株式会社
記録装置
15日前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
キヤノン株式会社
定着装置
12日前
キヤノン株式会社
記録装置
2日前
キヤノン株式会社
雲台装置
27日前
キヤノン株式会社
制御装置
29日前
キヤノン株式会社
撮像装置
9日前
キヤノン株式会社
撮像装置
8日前
キヤノン株式会社
光学機器
1か月前
キヤノン株式会社
記録装置
20日前
キヤノン株式会社
記録装置
1か月前
キヤノン株式会社
定着装置
19日前
キヤノン株式会社
電子機器
1か月前
キヤノン株式会社
読取装置
19日前
キヤノン株式会社
光走査装置
12日前
キヤノン株式会社
面状発熱体
5日前
キヤノン株式会社
露光ヘッド
12日前
キヤノン株式会社
カメラ装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
14日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
29日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
22日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
29日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
29日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
続きを見る