TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024025786
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-26
出願番号2023189412,2021503700
出願日2023-11-06,2019-04-02
発明の名称自動化された食料生産
出願人6ディー バイツ インコーポレイテッド
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類A47J 44/00 20060101AFI20240216BHJP(家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般)
要約【課題】自動化された食料生産のための装置、システム、および方法を提供する。
【解決手段】本開示は、自動化された食料生産システムのためのシステム、方法、装置、および技法に関する。さまざまな実施形態は、クラウド・コンピュータ・ソフトウェアと、キオスクと、ディスペンサと、配達システムと、食料生産を自動化するための他の技法とを含み得る。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
自動化された食料生産キオスクであって、
最大リーチを有するロボット・システムと、
前記ロボット・システムの周りに構成された複数の食材ディスペンサであって、各ディスペンサが、物品を受け取るために前記ロボット・システムのリーチ内に物理的インタフェースを有する、食材ディスペンサと、
前記物品を受け取るために前記ロボット・システムの前記最大リーチ内に物理的インタフェースを有する1つまたは複数の物理的処理ユニットと、
カウンタであって、第1の部分が前記ロボット・システムの前記最大リーチ内にあり、第2の部分が前記ロボット・システムの前記最大リーチの外部にある、カウンタと、
前記カウンタに結合された配達ユニットと、
を備え、
前記ロボット・システムが、前記複数の食材ディスペンサの前記物理的インタフェース内の予め決められた位置の間で前記物品を順次移動させ、前記物品が各物理的インタフェース内にあるとき、対応する食材ディスペンサが、前記ディスペンサ内に保管された食材を前記物品に結合させ、
異なるディスペンサからの複数の食材が前記物品に結合されると、前記ロボット・システムが、前記物品を処理するために前記物品を少なくとも1つの物理的処理ユニットに移動させ、
前記キオスクが、前記物品を処理することを完了したとき、前記ロボット・システムが、前記物品を前記カウンタの前記第1の部分上の第1の位置に移動させ、前記配達ユニットが、前記物品を前記カウンタの前記第1の部分上の前記第1の位置から前記カウンタの前記第2の部分上の第2の位置に移動させる、キオスク。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記食材ディスペンサおよび前記物理的処理ユニットが、無人状態で複数の物品の生産を制御するためのローカル・サーバの制御下で自動化されたシステムであり、前記サーバが、クラウド・サーバから受け取られた異なるレシピに基づいて異なる物品を生産するように前記ロボット・システムの前記移動を制御するために前記クラウド・サーバからレシピを受け取る、請求項1に記載のキオスク。
【請求項3】
前記ローカル・サーバが、前記ロボット・システムに命令を配布することによって、複数の食材ディスペンサの物理的インタフェースの間で前記物品を順次移動させ、前記物品が各物理的インタフェース内にあるとき、前記ローカル・サーバが、対応する食材ディスペンサに命令を配布して前記命令で指定された規定量の食料を分注する動作を実行する、請求項2に記載のキオスク。
【請求項4】
複数の冷蔵ユニットをさらに備え、複数の食材ディスペンサが、材料を保管し、1つまたは複数の冷蔵ユニットの内部に設置され、前記冷蔵ユニットが、前記物品が前記対応する物理的インタフェース内にあるとき、各食材ディスペンサからの材料が、前記食材ディスペンサから前記物品に垂直方向下方へ移動するように、各ディスペンサ・システムの下部と前記対応する物理的インタフェースの上方との間に開口を備える、請求項1に記載のキオスク。
【請求項5】
前記ディスペンサおよび前記カウンタが前記ロボット・システムを取り囲む、請求項1に記載のキオスク。
【請求項6】
前記キオスクが完全に囲まれる、請求項1に記載のキオスク。
【請求項7】
キオスクが、前方部分と後部部分とを備え、前記前方部分が、前記カウンタとウィンドウとを単一の可動ユニットとして備え、前記可動ユニットの側壁が、後部部分の側壁と適合して外部アクセスから前記キオスクの内部を密閉する、請求項6に記載のキオスク。
【請求項8】
前記キオスクが円形または多角形である、請求項1に記載のキオスク。
【請求項9】
前記カウンタの長さに沿って延在し、前記キオスクの上部に対して垂直方向に延在するウィンドウをさらに備え、前記ウィンドウが、完成した物品を取り出すための1つまたは複数の開口を備える、請求項1に記載のキオスク。
【請求項10】
前記物理的処理ユニットのうちの1つまたは複数が、前記食材ディスペンサからの材料を混合するためのブレンダを備える、請求項1に記載のキオスク。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、自動化された食料生産のための装置、システム、および方法に関する。
続きを表示(約 6,900 文字)【背景技術】
【0002】
自律システムを構築するのは技術的に難題であるが、費用効率および柔軟性などの広範囲に及ぶ利益を提供する。自律システム(たとえば、完全に自動化されたシステム)では、デバイスは、限られた人間の介入とともに、または人間の介入なしで動作する。人間の介入なしでは、そのようなシステムは、堅牢に設計され、非常にインテリジェントでなければならない。そのようなシステムに関する1つの技術的難題は、そのようなシステムの異なるインスタンスの展開が、展開間で結果および成果が一致するように制御するのが難しいことである。さらに、自動化されたシステムは、所望の結果を達成するように他のサブシステムとともに個々におよび/または集合的に制御されることを必要とすることがある高度に専門化されたタスクを実行するための複雑なサブシステムを含むことがある。自動化されたシステムの例示的な適用例としては、製品を製造するために使用される自動化されたシステムがあり得る。本明細書において開示される実施形態によって可能にされる1つの特定の例示的な自動化されたシステムは、自動化された食料生産システムである。
【発明の概要】
【0003】
本開示は、自動化された食料生産システムのためのシステム、方法、装置、および技法に関する。さまざまな実施形態は、クラウド・コンピュータ・ソフトウェアと、キオスクと、ディスペンサと、配達システムと、食料生産を自動化するための他の技法とを含み得る。
【0004】
以下の詳細な説明および添付の図面は、本開示の性質および利点のより良い理解を提供する。
【図面の簡単な説明】
【0005】
一実施形態による、リモート・デバイスを制御するためのクラウド・サーバ(cloud server)を示す図である。
一実施形態による、異なるロケーションにわたってリモート・デバイスを制御するためのクラウド・サーバを示す図である。
別の実施形態による、リモート・デバイスを制御するためのクラウド・サーバを示す図である。
一実施形態による、例示的なクラウド・オペレーティング・システムの要素を示す図である。
一実施形態による、例示的なクラウド・オペレーティング・システムの要素を示す図である。
一実施形態による、例示的なクラウド・オペレーティング・システムの要素を示す図である。
一実施形態による、例示的なクラウド・オペレーティング・システムの要素を示す図である。
一実施形態による、例示的なクラウド・オペレーティング・システムの要素を示す図である。
一実施形態による、例示的なクラウド制御されたサーバ、ロボット・システム、およびリモート・デバイスを示す図である。
一実施形態による、例示的なクラウド制御されたキオスクを示す図である。
一実施形態による、食料生産キオスク(food production kiosk)を制御するためのクラウド・サーバを示す図である。
一実施形態による、クラウド・システムのための情報およびユーザ・インタフェースを示す図である。
一実施形態による、クラウド・システムのための情報およびユーザ・インタフェースを示す図である。
一実施形態による、クラウド・システムのための情報およびユーザ・インタフェースを示す図である。
一実施形態による、クラウド・システムのための情報およびユーザ・インタフェースを示す図である。
一実施形態による、クラウド・システムのための情報およびユーザ・インタフェースを示す図である。
一実施形態による、クラウド・システムのための情報およびユーザ・インタフェースを示す図である。
一実施形態による、クラウド・システムのための情報およびユーザ・インタフェースを示す図である。
一実施形態による、クラウド・システムのための情報およびユーザ・インタフェースを示す図である。
一実施形態による、キオスク・サーバとリモート・デバイスとの間のプロセスを示す図である。
一実施形態による、キオスク・サーバとリモート・デバイスとの間の別のプロセスを示す図である。
一実施形態による、注文プロセスを示す図である。
一実施形態による、別の注文プロセスを示す図である。
一実施形態による、注文配達プロセスを示す図である。
別の実施形態による、例示的なキオスクを示す図である。
一実施形態による、例示的な食料生産キオスクを示す図である。
一実施形態による、例示的な食料生産キオスクの別の図である。
一実施形態による、例示的な食料生産キオスクのさらに別の図である。
一実施形態による、別の例示的な食料生産キオスクを示す図である。
一実施形態による、別の例示的な食料生産キオスクを示す図である。
一実施形態による、ディスペンサ装置を示す図である。
別の実施形態による、トラップ・ユニットに結合されたディスペンサ・ユニットの別の図である。
一実施形態による、例示的なトラップを示す図である。
一実施形態による、ディスペンサ・ユニットを示す図である。
さまざまな実施形態による、代替ディスペンサ要素を示す図である。
さまざまな実施形態による、代替ディスペンサ要素を示す図である。
一実施形態による、第1のしきい値位置にあるディスペンサ要素を示す図である。
一実施形態による、第2のしきい値位置にあるディスペンサ要素を示す図である。
一実施形態による、食料ディスペンサ装置の上面図である。
一実施形態による、材料ディスペンサ装置の上面図である。
一実施形態による、完全に自動化されたコンピュータ制御されたディスペンサ・システム(dispenser system)を示す図である。
一実施形態による、顆粒ディスペンサ装置を示す図である。
一実施形態による、粒状ディスペンサの上側セクションを示す図である。
一実施形態による、例示的なストッパを示す図である。
一実施形態による、例示的なストッパを示す図である。
一実施形態による、例示的なストッパを示す図である。
一実施形態による、例示的なキャップを示す図である。
一実施形態による、例示的なキャップを示す図である。
別の実施形態による、別の例示的なストッパを示す図である。
別の実施形態による、別の例示的なストッパを示す図である。
一実施形態による、キャップの畝上に形成された鋸歯形に対するストッパの移動を示す図である。
一実施形態による、キャップの畝上に形成された鋸歯形に対するストッパの移動を示す図である。
一実施形態による、例示的な配達システムを示す図である。
別の実施形態による、例示的な配達システムを示す図である。
一実施形態による、例示的な移動可能ユニット、ガイド、取り付けユニット、およびモータを示す図である。
一実施形態による、例示的な移動可能ユニット、ガイド、および取り付けユニットの上面図である。
一実施形態による、例示的な移動可能ユニット、ガイド、モータ、および取り付けユニットの側面図である。
一実施形態による、例示的な係合ユニットの上面図である。
一実施形態による、例示的な係合ユニットの底面図である。
別の実施形態による、例示的な移動可能ユニット、取り付けユニット、およびモータを示す図である。
別の実施形態による、例示的な移動可能ユニット、取り付けユニット、およびモータの側面図である。
上記の開示によるコンピュータ・システム・ハードウェアを示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0006】
以下の説明では、説明の目的のために、多数の例および具体的な詳細が、本開示の完全な理解を提供するために記載されている。そのような例および詳細は、全体として請求項または特許請求される主題の要素を過度に限定すると解釈されるべきではない。異なる請求項の言い回しに基づいて、特許請求される主題は、これらの例における特徴のいくつかまたはすべてを単独でまたは組み合わせて含んでよく、本明細書において説明される特徴および技法の修正形態および等価物をさらに含んでよいことは、当業者には明らかである。
【0007】
例示的な分散オペレーティング・システム
本開示の一態様は、ローカル・サーバ(local server)101を介してクラウド・サーバ100からデバイス110~114を制御することを含み、デバイス110~114は、いくつかの実施形態では、製品(たとえば、食料)を作製するためにデバイスと相互作用するロボット・システム(robotic system)を含んでよい。図1は、複数のリモート・デバイスの動作を制御するためのクラウド・ベース・システムを示す。本開示の特徴および利点としては、ローカル・サーバへの命令を生成するクラウド・サーバがあり、このローカル・サーバは、リモート・デバイスによる実行のために命令を配布する。本明細書において使用されるとき、クラウド・サーバは、たとえば、1つまたは複数のクラウド・コンピュータ・ハードウェア上で実行可能なソフトウェアを備える。たとえば、ローカル・サーバはソフトウェア・サービス(「ローカル・サービス」)であり、リモート・デバイスに対してローカルであってよいコンピュータ・ハードウェア上でも実行してよい。本開示の実施形態は、たとえば、クラウド・コンピューティング・システム100内で生成された命令が、ローカル・サーバ101によって制御される異なるリモート・デバイス・クラスタに自動的に伝搬される、分散されたモノのインターネット(IOT)オペレーティング・システムとして機能し得る(別名、ローカル・サービス)。ローカル・サーバ101は、実行のためにクラウド・サーバ100から特定のデバイス110~114に命令を配布し得る。したがって、クラウド・サーバ100内のコマンド120は、たとえば、特定の動作を実行する命令へとシームレスに転換される。デバイスは、たとえば、組み合わされた実行が、クラウド・サーバ内のレシピによって指定されたタスクの完了をもたらすように協調され得る。以下で説明される1つの例示的な実施形態は、物理的物品(たとえば、食料)の生産および配達に関し、たとえば、クラウド・サーバが、ローカル・サーバ(たとえば、キオスク・サーバ)に命令を発行し、ローカル・サーバが、この命令を、物理的物品(たとえば、食料)を準備するために複数のデバイスおよび少なくとも1つのロボット・システムに配布する。本明細書において開示される特徴および技法の広範囲の他の実施形態および適用例は、本開示を読んだ後、当業者には明らかであろう。
【0008】
図1を再び参照すると、クラウド・サーバ100は、たとえば、複数の記憶される物体として情報を記憶することがある。記憶される情報は、たとえば、コマンド120、デバイス121、および関連づけられた動作122、および特定のコマンドと特定のデバイス/動作との間のマッピング123を指定してよい。記憶される物体は、たとえば、JSONファイルであってもよいし、テーブル・レコードであってもよいし、情報を記憶するための他の任意の機構であってもよい。クラウド・サーバ100は、たとえば、データ・センタ内のコンピュータ・システム(たとえば、ハードウェア・サーバおよびストレージ・アレイ)上で実装され、インターネット経由でアクセスされてよい。コマンド120は、リモート・システム内のリモート・デバイス110~114のうちの1つまたは複数によって実行されることになる動作122にマップされてよい。リモート・デバイス110~114は、たとえば、データ・センタから離れて物理的に設置されることがある。各デバイスについての情報121は、特定のリモート・デバイスに対応し、リモート・デバイスが実行することが可能である1つまたは複数の動作122と関連づけられてよい。たとえば、動作は、関連づけられたリモート・デバイスによって受け取られるとき、リモート・デバイスによる複雑なデバイス固有プロセスをトリガすることがある。一実施形態では、たとえば、特定のデバイス121は関連づけられた動作122を有し、コマンド120は、特定のデバイスのための1つまたは複数の動作にマップされる。したがって、コマンド120を呼び出すことによって、クラウド・サーバ100上の命令生成器124が、リモート・デバイスの一部分にタスクを実行させるために、コマンドから命令および対応する動作のセットを生成し得る。命令生成器124は、たとえば、データ・モデル、マッピング、および特定の動作を実行するためのユーザからの特定の命令から命令をまとめるソフトウェア・サービスを備えることがある。1つの例示的な実施形態では、1つのコマンドが、複数のリモート・デバイスによって実行される複数の動作に対応することがある。したがって、たとえば、特定のコマンドが呼び出されるとき、コマンドにマップされた対応する動作は、組み合わされ、ローカル・サーバに送信される命令を生成するために使用されることがある。
【0009】
ローカル・サーバ101は、クラウド・サーバ100から命令セットを受け取る。ローカル・サーバ101は、デバイスと関連づけられた1つまたは複数の動作を行うために、サーバに結合された対応するリモート・デバイス110~114に1つまたは複数の特定の命令を配布する。たとえば、命令が、特定のデバイスと関連づけられた動作を含む場合、そのような命令は、ローカル・サーバによって命令セットから解析され、動作を行うためにターゲット・デバイスに送信されることがある。したがって、ローカル・サーバは、クラウド・サーバから受け取られた命令の特定のデバイスに対応する特定の動作に基づいて命令を選択的に配布する。各リモート・デバイスは、ローカル・サーバから受け取られた命令の特定の動作を実行する。各リモート・デバイスは、異なる動作とともに埋め込まれた命令を受け取ったことに応答して関連づけられた動作に対応する予め決められたデバイス固有プロセスを実行するように構成されてよい。
【0010】
たとえば、デバイス1は、クラウド・サーバ100内の動作1と関連づけられることがある。コマンドが、デバイス1:動作1にマップされたクラウド・サーバ内でトリガされる場合、クラウド・サーバは、動作1を含む命令を生成する。ローカル・サーバがクラウド・サーバからの命令を解析するとき、動作1は、実行のために実際のデバイス1に配布される。デバイス1は、動作1を受け取り、動作1に対応する予め決められたプロセスを実行する。同様に、別の例として、デバイス1は、クラウド・サーバ100内の動作2と関連づけられることがある。コマンドが、デバイス1:動作2にマップされたクラウド・サーバ内でトリガされる場合、クラウド・サーバは、動作2を含む命令を生成する。ローカル・サーバがクラウド・サーバからの命令を解析するとき、動作2は、実行のために実際のデバイス1に配布される。デバイス1は、動作2を受け取り、動作2に対応する別の予め決められたプロセスを実行する。デバイス1は、このように、クラウド・サーバによって広範囲のデバイス固有プロセス(たとえば、アルゴリズム、複雑な動作、タスクなど・・・)を実行するためにトリガされることがある。同様に、別の例として、デバイス2が、クラウド・サーバ100内の動作3と関連づけられることがある。コマンドが、デバイス2:動作3にマップされたクラウド・サーバ内でトリガされる場合、クラウド・サーバは、動作3を含む命令を生成する。ローカル・サーバがクラウド・サーバからの命令を解析するとき、動作3は、実行のために実際のデバイス2に配布される。デバイス2は、動作3を受け取り、動作3に対応する別の予め決められたプロセスを実行する。デバイス2は、このように、クラウド・サーバによって広範囲のデバイス固有プロセス(たとえば、アルゴリズム、複雑な動作、タスクなど・・・)を実行するためにトリガされることがある。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
29日前
個人
家具
10か月前
個人
モップ
4か月前
個人
構造体
7か月前
個人
収納体
8か月前
個人
忍者返し
11か月前
個人
快眠用具
8か月前
個人
絵馬守り
6か月前
個人
仏用道具
11か月前
個人
ふさかけ
5か月前
個人
4か月前
個人
泡立て器
4か月前
個人
棚の支柱
5か月前
個人
しゃもじ
6か月前
個人
スプーン
29日前
個人
調理道具
4か月前
個人
折り畳み台
3か月前
個人
商品トレー
1か月前
個人
健康学習台
2か月前
個人
食器
10か月前
個人
取り付け具
11か月前
個人
手動挟持具
3か月前
個人
皮引き俎板
2日前
個人
箸ホルダー
9か月前
個人
寝具補助具
20日前
個人
焚火台
5か月前
個人
食器皿セット
1か月前
個人
アルミトレー
6日前
個人
包丁安全器具
7か月前
個人
カバー
7か月前
個人
窪み付き便座
9か月前
個人
転倒防止装置
1か月前
個人
調理用具用蓋
4か月前
個人
穀類保存容器
6か月前
個人
コップの取手
今日
個人
便座の取っ手
6か月前
続きを見る