TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024022162
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-16
出願番号2022125536
出願日2022-08-05
発明の名称収納管理システム
出願人個人
代理人個人,個人
主分類G06Q 10/08 20240101AFI20240208BHJP(計算;計数)
要約【課題】 収納装置を用いたサービスに利用される各種情報の確認、登録または変更をユーザ側または管理者側で容易に行う収納管理システムを提供する。
【解決手段】 収納管理システムは、例えばユーザの居住又は利用する建物の敷地内に設置され、ユーザ宛の配送物を施錠状態で保管する収納装置10と、収納装置10の収納状況等の情報を管理するサーバ装置等の管理サーバ20と、ユーザが操作する情報処理装置であるユーザ端末30と、収納装置10及び管理サーバ20の管理業務を行う管理者が操作する情報処理装置である管理者端末40とを有して構成される。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
集合住宅、ビル、商業施設または公共施設に設置され、配送物を一時的に収納する収納装置と、
前記収納装置における収納に関する情報を管理する管理サーバと、
前記配送物を受取るまたは発送するユーザにより操作されるユーザ端末とを有する収納管理システムであって、
前記収納装置は、
前記ユーザの認証情報を入力し、該入力したユーザの認証情報に基づいて認証を行い、該ユーザの認証が成功すると、第1のコード情報を表示し、
前記ユーザ端末は、
前記表示された第1のコード情報を入力し、該入力した第1のコード情報に基づいた情報および通知先情報を前記管理サーバへ送信し、
前記管理サーバは、
前記第1のコード情報に基づいた情報および前記通知先情報を前記ユーザ端末から受信すると、前記ユーザ宛の配送物が前記収納装置に収納後に前記ユーザ宛に送信される情報の通知先として、前記受信した通知先情報を登録、または該通知先情報に変更することを特徴とする収納管理システム。
続きを表示(約 1,500 文字)【請求項2】
前記管理サーバは、
前記収納装置における収納状況に関する情報を該収納装置から受信し、該収納状況が前記収納装置に前記配送物が入庫されたというものである場合、該入庫の通知(着荷通知)を前記登録したユーザの連絡先へ送信し、
前記収納状況が前記収納装置に前記配送物が入庫されてから所定期間経過したというものである場合、該経過の通知(滞留通知)を前記登録したユーザの連絡先へ送信することを特徴とする請求項1記載の収納管理システム。
【請求項3】
集合住宅、ビル、商業施設または公共施設に設置され、配送物を一時的に収納する収納装置と、
前記収納装置における収納に関する情報を管理する管理サーバと、
前記配送物を受取るまたは発送するユーザにより操作されるユーザ端末とを有する収納管理システムであって、
前記収納装置は、
前記ユーザの認証情報を入力し、該入力したユーザの認証情報に基づいて認証を行い、該ユーザの認証が成功すると、第2のコード情報を表示し、
前記ユーザ端末は、
前記表示された第2のコード情報を入力し、該入力した第2のコード情報に基づいた情報およびユーザの更新認証情報を前記管理サーバへ送信し、
前記管理サーバは、
前記第2のコード情報に基づいた情報および前記ユーザの更新認証情報を前記ユーザ端末から受信すると、自身に登録されている前記ユーザの認証情報を前記受信したユーザの更新認証情報に変更することを特徴とする収納管理システム。
【請求項4】
前記収納装置は、前記収納装置の使用を管理する管理者に制限して操作が可能である管理者操作部を有し、
前記管理者により前記管理者操作部が奏されると、前記ユーザの認証情報の変更要求を前記管理サーバに送信し、
前記管理サーバは、
前記変更要求を前記収納装置から受信すると、該受信した変更要求に基づいて、該当する前記ユーザの認証情報の変更を行うことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の収納管理システム。
【請求項5】
前記収納装置の使用を管理する管理者により操作される管理者端末をさらに有し、
前記管理者端末は、
前記ユーザの認証情報の変更要求を前記管理サーバに送信し、
前記管理サーバは、
前記変更要求を前記管理者端末から受信すると、該受信した変更要求に基づいて、該当する前記ユーザの認証情報の変更を行うことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の収納管理システム。
【請求項6】
前記収納装置の使用を管理する管理者により操作される管理者端末をさらに有し、
前記管理者端末は、
前記登録されたユーザの通知先の情報の変更要求を前記管理サーバに送信し、
前記管理サーバは、
前記変更要求を前記管理者端末から受信すると、該受信した変更要求に基づいて、該当する前記通知先情報の変更を行うことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の収納管理システム。
【請求項7】
前記収納装置の使用を管理する管理者により操作される管理者端末をさらに有し、
前記管理者端末は、
前記集合住宅、ビル、商業施設または公共施設における各専有部の入居状況または利用状況の情報の変更要求を前記管理サーバに送信し、
前記管理サーバは、
前記変更要求を前記管理者端末から受信すると、該受信した変更要求に基づいて、該当する前記集合住宅における各住戸の入居状況の情報の変更を行うことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の収納管理システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、収納管理システムに関し、特に、収納装置における配送物の収納に関する通知を行う収納管理システムに関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
近年、核家族化、未婚・晩婚者の増加や少子高齢化に伴う単身者の増加、さらには共働きの夫婦の増加等が進行し、そのライフスタイルが大きく変わってきている。
また、近年は、eコマースの隆盛に伴って、購入商品等の物品が各家庭に配送されることが多くなっている一方で、上記のとおり、夫婦の共働き等の割合の増加により家を留守にするケースが増えてきており、上記物品をスムーズに受け取ることのできる環境や設備が望まれている。
【0003】
上記のようなニーズに応えるように、近年、マンション等の集合住宅の共用部、店舗又は公共施設等には、いわゆる宅配ロッカー又は街中ロッカーと称される複数の収納ボックスを備えた収納装置が設置されることが多くなってきている。
この収納装置は、宅配便等により集合住宅の居住者宛等に配送された物品を、一時的に預かり、収納ボックスに施錠可能に収納することにより、当該居住者が不在の場合であっても、再配達を依頼することなく、当該収納装置から自身宛の配送物を取り出すことにより、スムーズに当該配送物を受け取ることができるというものである。
【0004】
上記の収納装置は、収納ボックスに居住者宛の配送物が入庫されると、その旨を居住者に通知することにより、居住者は自身宛の配送物の入庫を円滑に把握することができ、また、収納ボックスに配送物が入庫される期間を短縮し、収納ボックスを有効的に活用することが可能となっている。
【0005】
上記のような収納装置における配送物の入庫通知を行う従来技術の1つとして、特許文献1が開示するところのロッカー管理システム、ロッカー管理装置、ロッカー管理方法及びロッカー管理プログラムが開示されている。
この特許文献1に開示されるロッカー管理システムでは、配送業者がロッカー装置に荷物を配送し、物品収受部が施錠されると、荷物の配送完了通知をユーザ端末に伝達するようになっている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2019-89650
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら、上記の特許文献1のロッカー管理システムでは、配送完了通知などのロッカー装置(収納装置)における収納に関する情報の通知先を含むロッカー装置を用いたサービスに利用される各種情報の確認、登録または変更を容易に行うことができない。
例えば、ユーザ端末のメールアドレスを登録する際には、ユーザは、システムの管理側にわざわざ当該メールアドレスを知らせ、管理側が登録するという煩雑な作業が必要となる。
また、そのメールアドレスが変更されたときには、その都度、上記の煩雑な作業を繰り返さなければならない。
このように、上記の特許文献1のロッカー管理システムでは、ロッカー装置を用いたサービスに利用される各種情報の確認、登録または変更を容易に行うことができないという問題があった。
【0008】
本発明は、上記問題点に鑑みてなされたものであり、収納装置を用いたサービスに利用される各種情報の確認、登録または変更をユーザ側または管理者側で容易に行う収納管理システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
かかる目的を達成するため、本発明は、集合住宅、ビル、商業施設または公共施設に設置され、配送物を一時的に収納する収納装置と、収納装置における収納に関する情報を管理する管理サーバと、配送物を受取るまたは発送するユーザにより操作されるユーザ端末とを有する収納管理システムであって、収納装置は、ユーザの認証情報を入力し、入力したユーザの認証情報に基づいて認証を行い、ユーザの認証が成功すると、第1のコード情報(登録/変更コード情報)を表示し、ユーザ端末は、表示された第1のコード情報を入力し、入力した第1のコード情報に基づいた情報および通知先情報を管理サーバへ送信し、管理サーバは、第1のコード情報に基づいた情報および通知先情報をユーザ端末から受信すると、ユーザ宛の配送物が収納装置に収納後にユーザ宛に送信される情報の通知先として、受信した通知先情報を登録することを特徴とする。
【0010】
また、本発明における収納管理システムによれば、管理サーバは、収納装置における収納状況に関する情報を収納装置から受信し、収納状況が収納装置に配送物が入庫されたというものである場合、入庫の通知(着荷通知)を登録したユーザの連絡先へ送信し、収納状況が収納装置に配送物が入庫されてから所定期間経過したというものである場合、経過の通知(滞留通知)を登録したユーザの連絡先へ送信することを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
7日前
個人
自動販売機
14日前
個人
リユース統合システム
27日前
日本精機株式会社
投影装置
7日前
個人
コメント配信システム
1か月前
個人
広告提供方法
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
8日前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
個人
情報処理装置及びプログラム
1か月前
個人
コンピュータシステム
1か月前
株式会社SUBARU
車両
15日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
14日前
個人
モノづくり知識情報システム
1か月前
個人
チラシ掲載位置表示システム
25日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
20日前
17LIVE株式会社
サーバ
7日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
6日前
ユニパルス株式会社
プログラム、方法
1か月前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
18日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
1か月前
株式会社カネカ
異常推定システム
26日前
株式会社カクシン
管理装置
1か月前
株式会社イトーキ
分析装置
18日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
5日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
26日前
オムロン株式会社
操作制御システム
1か月前
個人
オーダーメイド品販売システム
1か月前
個人
ディスプレイ・セットシステム
1か月前
株式会社mov
情報処理装置
1か月前
トヨタ自動車株式会社
ワーク保持装置
1か月前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
14日前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
8日前
個人
デジタルコンテンツ提供システム
1か月前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
続きを見る