TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024047432
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-05
出願番号2022153045
出願日2022-09-26
発明の名称触覚生成装置
出願人太陽誘電株式会社
代理人個人
主分類G06F 3/01 20060101AFI20240329BHJP(計算;計数)
要約【課題】異なる位置において異なる触覚を表現することが可能な触覚生成装置を提供すること。
【解決手段】触覚生成装置100は、第1部材10と、第1部材10に対向して設けられた第2部材20と、第1部材10と第2部材20との間で異なる位置に設けられ、電圧が印加されることで第1部材10と第2部材20とが対向する方向に各々振動する圧電振動子30aおよび圧電振動子30dと、圧電振動子30aおよび圧電振動子30dに電圧としてそれぞれ異なる波形の信号を供給する駆動装置40と、を備える。
【選択図】図1

特許請求の範囲【請求項1】
第1部材と、
前記第1部材に対向して設けられた第2部材と、
前記第1部材と前記第2部材との間で異なる位置に設けられ、電圧が印加されることで前記第1部材と前記第2部材とが対向する方向に各々振動する第1圧電振動子および第2圧電振動子と、
前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子に前記電圧としてそれぞれ異なる波形の信号を供給する駆動装置と、を備える触覚生成装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記第1部材および前記第2部材の少なくとも一方は、前記第1圧電振動子と前記第2圧電振動子との間に溝部を有する、請求項1に記載の触覚生成装置。
【請求項3】
前記第1部材および前記第2部材の少なくとも一方は、前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子の少なくとも一方の周囲に、前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子の前記少なくとも一方を囲む溝部を有する、請求項1に記載の触覚生成装置。
【請求項4】
前記第2部材の前記第1部材とは反対側の面または前記第1部材と前記第2部材との間に設けられた表示装置を備え、
前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子は、前記表示装置より外側において前記第1部材と前記第2部材との間に設けられる、請求項1または2に記載の触覚生成装置。
【請求項5】
前記第2部材は表示ディスプレイであり、
前記第1圧電振動子と前記第2圧電振動子は、平面視において前記表示ディスプレイに重なる位置で前記第1部材と前記第2部材との間に設けられる、請求項1または2に記載の触覚生成装置。
【請求項6】
前記第1圧電振動子は、前記第1部材の対向する側面のうちの一方の側面の傍において前記第1部材と前記第2部材との間に設けられ、
前記第2圧電振動子は、前記対向する側面のうちの他方の側面の傍において前記第1部材と前記第2部材との間に設けられる、請求項1または2に記載の触覚生成装置。
【請求項7】
前記第1圧電振動子は、前記第1部材の平面視における角部近傍に位置して前記第1部材と前記第2部材との間に設けられ、
前記第2圧電振動子は、前記第1部材の平面視における他の角部近傍に位置して前記第1部材と前記第2部材との間に設けられる、請求項1または2に記載の触覚生成装置。
【請求項8】
前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子は、圧電体層と前記圧電体層を挟む第1電極および第2電極とを有し、前記第1電極と前記第2電極との間に前記電圧が印加されることで前記第1部材と前記第2部材とが対向する方向に伸縮する圧電素子を備える、請求項1または2に記載の触覚生成装置。
【請求項9】
前記圧電素子は、前記第1部材と前記第2部材とが対向する前記方向に押圧される、請求項8に記載の触覚生成装置。
【請求項10】
前記圧電素子は、ねじによって前記第1部材と前記第2部材とが対向する前記方向に押圧される、請求項9に記載の触覚生成装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、触覚生成装置に関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
ランジュバン型振動子の振動により触覚を生成する触覚生成装置が知られている(例えば、特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平8-314369号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
異なる位置において異なる触覚を表現することが可能な触覚生成装置が求められている。
【0005】
本発明は、上記課題に鑑みなされたものであり、異なる位置において異なる触覚を表現することが可能な触覚生成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、第1部材と、前記第1部材に対向して設けられた第2部材と、前記第1部材と前記第2部材との間で異なる位置に設けられ、電圧が印加されることで前記第1部材と前記第2部材とが対向する方向に各々振動する第1圧電振動子および第2圧電振動子と、前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子に前記電圧としてそれぞれ異なる波形の信号を供給する駆動装置と、を備える触覚生成装置である。
【0007】
上記構成において、前記第1部材および前記第2部材の少なくとも一方は、前記第1圧電振動子と前記第2圧電振動子との間に溝部を有する構成とすることができる。
【0008】
上記構成において、前記第1部材および前記第2部材の少なくとも一方は、前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子の少なくとも一方の周囲に、前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子の前記少なくとも一方を囲む溝部を有する構成とすることができる。
【0009】
上記構成において、前記第2部材の前記第1部材とは反対側の面または前記第1部材と前記第2部材との間に設けられた表示装置を備え、前記第1圧電振動子および前記第2圧電振動子は、前記表示装置より外側において前記第1部材と前記第2部材との間に設けられる構成とすることができる。
【0010】
上記構成において、前記第2部材は表示ディスプレイであり、前記第1圧電振動子と前記第2圧電振動子は、平面視において前記表示ディスプレイに重なる位置で前記第1部材と前記第2部材との間に設けられる構成とすることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
1か月前
個人
管理装置
26日前
個人
プロジェクター
21日前
個人
暗号化記憶媒体
5日前
日本精機株式会社
投影装置
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
1か月前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
13日前
個人
求人マッチングサーバ
13日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
12日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
12日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
12日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
12日前
17LIVE株式会社
サーバ
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
8日前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
26日前
株式会社ワコム
電子ペン
6日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1か月前
アスエネ株式会社
水管理の方法
13日前
大日本印刷株式会社
作業台
11日前
株式会社寺岡精工
システム
8日前
CKD株式会社
遠隔支援システム
13日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
1か月前
株式会社NGA
画像投稿システム
26日前
トヨタ紡織株式会社
検査装置
1日前
個人
ポイント増量アプリ「太陽光銭サー」
20日前
株式会社小野測器
移動量計測システム
15日前
BH株式会社
商品販売システム
13日前
株式会社アジラ
異常行動検出システム
1日前
株式会社三富
取引管理システム
21日前
株式会社小野測器
移動量計測システム
1か月前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
1か月前
個人
言語翻訳システム及びプログラム
1か月前
日本信号株式会社
所持物検査装置
1か月前
富士通株式会社
プロセッサ
1か月前
旭化成株式会社
装置
21日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
1か月前
続きを見る