TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024049438
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-10
出願番号2022155665
出願日2022-09-29
発明の名称勤務管理装置
出願人日本電気株式会社
代理人個人,個人
主分類G06Q 10/1091 20230101AFI20240403BHJP(計算;計数)
要約【課題】端末においてログオフ操作が行われない場合であっても、労働者の勤務時間を正確かつ容易に把握する。
【解決手段】勤務管理装置40は、端末50-1(第1の端末)を用いたシステム51へのログインを示す情報411、及び、システム51へのログイン後に発生する端末50-1の操作履歴412を取得する取得部41と、端末50-1の操作履歴412から、端末50-1乃至50-nの無操作期間420を特定する特定部42と、端末50-1乃至50-nの無操作期間420の長さに応じて、端末50-1乃至50-nの無操作期間420を含めて勤務時間430を算出する算出部43と、を備える。
【選択図】 図8
特許請求の範囲【請求項1】
第1の端末を用いたシステムへのログインを示す情報、及び、前記システムへのログイン後に発生する前記第1の端末の操作履歴を取得する取得手段と、
前記第1の端末の操作履歴から、端末の無操作期間を特定する特定手段と、
前記端末の無操作期間の長さに応じて、前記端末の無操作期間を含めて勤務時間を算出する算出手段と、
を備える勤務管理装置。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
前記算出手段は、所定の長さに満たない前記端末の無操作期間を前記勤務時間に含める、
請求項1に記載の勤務管理装置。
【請求項3】
前記算出手段は、前記第1の端末を用いた前記システムへのログイン時刻と、前記第1の端末の操作履歴と、に基づいて前記勤務時間を算出する、
請求項1または請求項2に記載の勤務管理装置。
【請求項4】
前記特定手段は、前記システムへのログイン後における前記第1の端末の操作履歴が得られない期間を、前記端末の無操作期間として特定する、
請求項1または請求項2に記載の勤務管理装置。
【請求項5】
前記取得手段は、第2の端末を用いた前記システムへのログインを示す情報、及び、前記システムへのログイン後における前記第2の端末の操作履歴を取得し、
前記特定手段は、前記第1の端末の操作履歴と前記第2の端末の操作履歴とに基づいて、前記端末の無操作期間を特定する、
請求項1または請求項2に記載の勤務管理装置。
【請求項6】
前記特定手段は、前記第1の端末の操作履歴に基づいて特定された第1の時刻から第2の時刻までの無操作期間において、前記第2の端末の操作履歴が取得された場合、前記第1の時刻から前記第2の端末の操作履歴が取得された第3の時刻までの期間を、前記端末の無操作期間として特定する、
請求項5に記載の勤務管理装置。
【請求項7】
前記特定手段は、前記第1の端末の操作履歴が表す、所定の操作条件を満たす操作が行われた期間を、前記端末の無操作期間として特定する、
請求項1または請求項2に記載の勤務管理装置。
【請求項8】
前記システムは、医療従事者が利用する電子カルテシステムを含む、
請求項1または請求項2に記載の勤務管理装置。
【請求項9】
情報処理装置によって、
第1の端末を用いたシステムへのログインを示す情報、及び、前記システムへのログイン後に発生する前記第1の端末の操作履歴を取得し、
前記第1の端末の操作履歴から、端末の無操作期間を特定し、
前記端末の無操作期間の長さに応じて、前記端末の無操作期間を含めて勤務時間を算出する、
勤務管理方法。
【請求項10】
第1の端末を用いたシステムへのログインを示す情報、及び、前記システムへのログイン後に発生する前記第1の端末の操作履歴を取得する取得処理と、
前記第1の端末の操作履歴から、端末の無操作期間を特定する特定処理と、
前記端末の無操作期間の長さに応じて、前記端末の無操作期間を含めて勤務時間を算出する算出処理と、
をコンピュータに実行させるための勤務管理プログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、勤務管理装置、勤務管理方法、及び、勤務管理プログラムに関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
労働者の勤務時間(勤務実態)を、勤務中に使用する端末の操作履歴やシステムへのアクセス履歴等を活用して効率的に把握するための技術が知られている。
【0003】
上述の技術に関連して、特許文献1には、客観的な業務管理を支援する管理システムが開示されている。このシステムは、情報処理端末におけるログイン操作およびログオフ操作を検知する。このシステムは、情報処理端末における入力部を介した操作入力を検知する。このシステムは、前述した検知内容に基づいて、ユーザによる情報処理端末の使用時間を算出する。そして、このシステムは、算出した使用時間と予め定められた労働時間との差分を表示部に表示する。
【0004】
また、特許文献2には、電子カルテシステム内の各電子カルテに対してなされた全てのアクセスのそれぞれについて、そのアクセスにおけるログイン日時及びログアウト日時と、そのアクセスを行った職員の業務の種別を示す業務種別情報とを関連付けて記憶する作業時間算出方法が開示されている。この方法では、業務種別情報と、その業務が行われる作業領域を特定する作業領域情報とを、関連付けて記憶する。この方法では、利用者が診察室に入室すると、その入室時から電子カルテにアクセスするまでの作業時間、及び電子カルテへのアクセス期間を、その診察室に関連付けられている診療科の単位作業時間として計上する。そしてこの方法は、診察室と関連付けられている第1の診療科とは異なる第2の診療科の医師として利用者が電子カルテにアクセスしたときには、そのアクセス期間は、第2の診療科の単位作業時間として計上する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2019-169035号公報
特開2007-257429号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上述した特許文献1及び2では、システムへのログイン操作およびログオフ操作を検知することによって労働者の勤務時間を管理する。しかしながら、多忙な労働者は、例えばログオフ操作を行わずに業務を終了する場合もあり、このような場合、ログオフ操作を検知できないので、特許文献1及び2の技術では、労働者の勤務時間を正確に把握することができない。
【0007】
本発明の主たる目的は、勤務の終了時刻を把握するための入力操作が行われない場合であっても、労働者の勤務時間を正確かつ容易に把握することである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の一態様に係る勤務管理装置は、第1の端末を用いたシステムへのログインを示す情報、及び、前記システムへのログイン後に発生する前記第1の端末の操作履歴を取得する取得手段と、前記第1の端末の操作履歴から、端末の無操作期間を特定する特定手段と、前記端末の無操作期間の長さに応じて、前記端末の無操作期間を含めて勤務時間を算出する算出手段と、を備える。
【0009】
上記目的を達成する他の見地において、本発明の一態様に係る勤務管理方法は、情報処理装置によって、第1の端末を用いたシステムへのログインを示す情報、及び、前記システムへのログイン後に発生する前記第1の端末の操作履歴を取得し、前記第1の端末の操作履歴から、端末の無操作期間を特定し、前記端末の無操作期間の長さに応じて、前記端末の無操作期間を含めて勤務時間を算出する。
【0010】
また、上記目的を達成する更なる見地において、本発明の一態様に係る勤務管理プログラムは、第1の端末を用いたシステムへのログインを示す情報、及び、前記システムへのログイン後に発生する前記第1の端末の操作履歴を取得する取得処理と、前記第1の端末の操作履歴から、端末の無操作期間を特定する特定処理と、前記端末の無操作期間の長さに応じて、前記端末の無操作期間を含めて勤務時間を算出する算出処理と、をコンピュータに実行させる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本電気株式会社
処理装置
15日前
日本電気株式会社
処理装置
15日前
日本電気株式会社
判定装置
15日前
日本電気株式会社
原子発振器
21日前
日本電気株式会社
量子デバイス
今日
日本電気株式会社
情報処理装置
4日前
日本電気株式会社
光学装置および調整方法
14日前
日本電気株式会社
光増幅器及び光増幅方法
13日前
日本電気株式会社
媒体搬送機構及びプリンタ
4日前
日本電気株式会社
送受波装置および送受波方法
5日前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法及び記憶媒体
今日
日本電気株式会社
経路切替装置および経路切替方法
21日前
日本電気株式会社
追尾制御装置、および追尾制御方法
1か月前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法、及び、記録媒体
6日前
日本電気株式会社
評価装置、評価方法、及びプログラム
27日前
日本電気株式会社
計測装置、計測システム及び計測方法
13日前
日本電気株式会社
サーバ、制御方法、およびプログラム
14日前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法およびプログラム
6日前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法およびプログラム
6日前
日本電気株式会社
制御装置、制御方法、およびプログラム
14日前
日本電気株式会社
制御装置、制御方法、およびプログラム
14日前
日本電気株式会社
受信装置、通信装置、および通信システム
1か月前
日本電気株式会社
監視システム、監視装置、及び、監視方法
19日前
日本電気株式会社
電子処方箋システム、電子処方箋管理方法
7日前
日本電気株式会社
光伝送路監視装置および光伝送路監視方法
21日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、プログラム
13日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、プログラム
11日前
日本電気株式会社
光通信装置、光通信システム及び光通信方法
8日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
1か月前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及び、記録媒体
19日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
6日前
日本電気株式会社
情報処理システム、情報処理方法、プログラム
11日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及び、記録媒体
13日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
1か月前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
13日前
日本電気株式会社
特徴量算出装置、特徴量算出方法及びプログラム
1日前
続きを見る