TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024043048
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-29
出願番号2022148024
出願日2022-09-16
発明の名称チラシ掲載位置表示システム
出願人個人
代理人
主分類G06Q 30/0241 20230101AFI20240322BHJP(計算;計数)
要約【課題】 複数種類となったチラシから必要なチラシとチラシ内のどこに記載されているかを表示し、すばやくチラシを選択し顧客に説明できるチラシ掲載位置表示システムを提供する。
【解決手段】 顧客車両の来店時に入手した車両情報を車両情報管理データベース31に格納する。また、前記顧客車両が来店時に車両情報管理データベース31に格納されている場合は、店舗の端末装置10に車両情報を表示するとともにチラシの情報が格納されている掲載位置管理データベース32から夏タイヤまたは冬タイヤのサイズのチラシ掲載位置を取得し表示する。また、チラシにはチラシを特定できるインデックスが印刷されており、端末10に表示された掲載位置情報から目的のチラシを特定し顧客にチラシとともに提示提案する。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
店舗に設けられた端末装置と、前記端末装置がネットワークを介して通信可能に接続された実行サーバーとから少なくとも構成され、来店した顧客車両のタイヤ状態が新品タイヤへの交換を必要と判断される場合において、前記顧客車両に適応する新品タイヤの価格が印刷されているチラシを渡す際、店舗が保有するどのチラシのどの場所に掲載されているかを表示するシステムであって、
前記実行サーバーには、
前記顧客車両の車両基本情報を記憶する車両情報管理データベースと、
タイヤサイズに対するチラシの掲載位置を記憶する掲載位置管理データベースと、
前記顧客車両のタイヤサイズを元にチラシの掲載位置を求める特定手段とを備え、
前記端末装置には、
前記顧客車両の来店時に車両情報を元に前記車両情報管理データベースを検索するアクセス手段と、
前記顧客車両の来店時に前記実行サーバーにより得られたチラシ掲載位置を知らせる表示手段とを備え、
前記チラシには、前記端末に表示された掲載位置からチラシを特定できるインデックスが印字されている
ことを特徴とするチラシ掲載位置表示システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、来店した顧客車両のタイヤ状態が新品タイヤへの交換を必要と判断される場合において、適応する新品タイヤの価格等が印刷されているチラシを渡す際、店舗が保有するどのチラシのどの場所に掲載されているかを表示するシステムに関するものである。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来、ガソリンスタンドやタイヤ専門店などのタイヤを販売する店舗においてチラシを作成し顧客に渡す場合、売れ筋のタイヤサイズを複数掲載し、多くの車両に配布していた。また、タイヤサイズには非常に多くの種類が存在し、これらすべてを掲載することは不可能なため売れ筋のタイヤサイズのみを掲載している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第6889350号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
来店車両のタイヤ状態が交換必要または、まもなく交換が必要な車両に対して、店舗側は見積り書を作成したり、予め売れ筋のタイヤサイズが記載されているチラシを渡したりしている。しかし見積り書の作成には時間がかかり、またチラシにはすべてのサイズのタイヤが記載されているわけではない。そして、文字を小さくし多くのサイズをサイズ順に並べて表記する方法や、複数の紙面に分けて多くのサイズを記載する方法などがあるが、目的のタイヤサイズがチラシに記載されていてもどこに記載されているかを探し当てるには時間がかかる。
【0005】
また、特許文献1に、顧客自身が保管する次季のタイヤ状態を来店時に適切にお知らせし、タイヤ販売の支援を行えるタイヤ状態表示販売システムがあり、あらかじめサイズ別の見積書を作成しておくことができるが、見積書が多くなれば前記と同様に探すのに時間がかかる。
【0006】
そこで本発明は、複数種類となったチラシから必要なチラシとチラシ内のどこに記載されているかを表示し、すばやくチラシを選択し顧客に説明できるチラシ掲載位置表示システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
店舗に設けられた端末装置と、前記端末装置がネットワークを介して通信可能に接続された実行サーバーとから少なくとも構成され、来店した顧客車両のタイヤ状態が新品タイヤへの交換を必要と判断される場合において、前記顧客車両に適応する新品タイヤの価格が印刷されているチラシを渡す際、店舗が保有するどのチラシのどの場所に掲載されているかを表示するシステムであって、
前記実行サーバーには、
前記顧客車両の車両基本情報を記憶する車両情報管理データベースと、
タイヤサイズに対するチラシの掲載位置を記憶する掲載位置管理データベースと、
前記顧客車両のタイヤサイズを元にチラシの掲載位置を求める特定手段とを備え、
前記端末装置には、
前記顧客車両の来店時に車両情報を元に前記車両情報管理データベースを検索するアクセス手段と、
前記顧客車両の来店時に前記実行サーバーにより得られたチラシ掲載位置を知らせる表示手段とを備え、
前記チラシには、前記端末に表示された掲載位置からチラシを特定できるインデックスが印字されている
ことを特徴とするチラシ掲載位置表示システム。
【発明の効果】
【0008】
顧客車両の来店時に、車両のタイヤ状態が交換必要または、まもなく交換が必要な車両に対して、掲載されているチラシの特定と掲載位置を表示することで、すばやく目的のチラシを渡すことができ顧客への提案が可能となる。
【0009】
また、特許文献1のタイヤ状態表示販売システムと併用することで、現在車両に装着されていない次季タイヤについても交換が必要な車両にすばやく目的のチラシを渡すことができるようになる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の実施形態の全体構成図である。
同上の端末装置のブロック図である。
同上の動作を示すフローチャートである。
同上の車両情報管理データベースのデータ構成図である。
同上の掲載位置管理データベースのデータ構成図である。
同上の掲載位置とインデックスの一例である。
同上の2次元の場合の掲載位置とインデックスの一例である。
同上のタイヤチラシの一例である。
同上の端末装置のTOP画面の一例である。
同上の車番入力画面の一例である。
同上の車両選択画面の一例である。
同上のおすすめ画面の一例である。
同上の車両情報入力画面の一例である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
1か月前
個人
管理装置
26日前
個人
プロジェクター
21日前
個人
暗号化記憶媒体
5日前
個人
自動販売機
1か月前
日本精機株式会社
投影装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
13日前
日本精機株式会社
投影システム
1か月前
個人
求人マッチングサーバ
13日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
1か月前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
12日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
12日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
12日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
12日前
17LIVE株式会社
サーバ
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
6日前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
26日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
8日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1か月前
アスエネ株式会社
水管理の方法
13日前
株式会社NGA
画像投稿システム
26日前
株式会社イトーキ
分析装置
1か月前
大日本印刷株式会社
作業台
11日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
1か月前
株式会社寺岡精工
システム
8日前
CKD株式会社
遠隔支援システム
13日前
トヨタ紡織株式会社
検査装置
1日前
個人
ポイント増量アプリ「太陽光銭サー」
20日前
株式会社小野測器
移動量計測システム
15日前
株式会社三富
取引管理システム
21日前
日本電気株式会社
勤務管理装置
1か月前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
1か月前
株式会社アジラ
異常行動検出システム
1日前
続きを見る