TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024082360
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-20
出願番号2022196154
出願日2022-12-08
発明の名称外食予約システム
出願人個人
代理人個人
主分類G06Q 50/10 20120101AFI20240613BHJP(計算;計数)
要約【課題】ユーザが外食をする場合の便宜を図ることができる外食予約システムを提供することである。
【解決手段】外食予約システム1では、飲食店A、B、C、D…は、ユーザからの飲食の予約に対応する予約情報に基づいて飲食物を用意し、当該予約情報に基づいた日時に用意した飲食物を宿泊施設(ホテルA、B、C、D…)に配送し、前記ユーザは、前記予約情報に基づいた日時に前記宿泊施設(ホテルA、B、C、D…)で前記飲食店A、B、C、D…から配送された飲食物を飲食する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
飲食店は、ユーザからの飲食の予約に対応する予約情報に基づいて飲食物を用意し、当該予約情報に基づいた日時に用意した飲食物を宿泊施設に配送し、 前記ユーザは、前記予約情報に基づいた日時に前記宿泊施設で前記飲食店から配送された飲食物を飲食することを特徴とする外食予約システム。
続きを表示(約 490 文字)【請求項2】
事業者により管理される事業者サーバを有し、 前記事業者サーバは、複数の飲食店のサービス内容をユーザが使用するユーザ情報端末に配信し、当該ユーザ情報端末から飲食の予約を受け、当該ユーザ情報端末からの飲食の予約に対応する予約情報を、前記複数の飲食店の内、当該予約に対応する飲食店に送信するとともに、複数の宿泊施設の中から少なくとも1つの宿泊施設を選択して当該予約情報に対応する飲食店と紐付け、 前記予約情報に対応する飲食店は、前記事業者サーバからの前記予約情報に基づいて飲食物を用意し、用意した飲食物を当該飲食店と紐付けられた宿泊施設に配送し、 前記ユーザは、前記飲食店と紐付けられた宿泊施設で当該飲食店から配送された飲食物を飲食することを特徴とする外食予約システム。
【請求項3】
前記事業者サーバは、前記予約情報に対応する飲食店と前記複数の宿泊施設との間の位置関係に基づいて、前記複数の宿泊施設の中から少なくとも1つの宿泊施設を選択して、前記予約情報に対応する飲食店と紐付けることを特徴とする請求項2に記載の外食予約システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ユーザが外食を予約する外食予約システムに関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
近年、飲食店の情報を提供する飲食店情報提供システムとして、外食ユーザがユーザ端末を利用して飲食店に予約をするシステムが普及してきている。
【0003】
このような飲食店情報提供システムにおいては、ユーザ端末からひとつの飲食店の予約に他の飲食店の仮予約を行い、この仮予約の予約拒否通知や時間経過により新たな仮予約店舗を選定し、その飲食店情報をユーザ端末に通知することが知られている(たとえば、特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2018-72870号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
状来の外食ユーザが飲食店に予約をするシステムでは、人気店に予約をする場合、席数の制限により希望する日時に予約できない場合が多かった。
【0006】
このことに対応して、人気店が飲食物をユーザの自宅に宅配するシステムも普及してきているが、これではユーザが外食の雰囲気を味わえないという問題があった。
【0007】
本発明は、上記状況に鑑みなされたものであり、ユーザが外食をする場合の便宜を図ることができる外食予約システムを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
請求項1に記載の発明の外食予約システムでは、飲食店は、ユーザからの飲食の予約に対応する予約情報に基づいて飲食物を用意し、当該予約情報に基づいた日時に用意した飲食物を宿泊施設に配送し、前記ユーザは、前記予約情報に基づいた日時に前記宿泊施設で前記飲食店から配送された飲食物を飲食することを特徴とする。
【0009】
請求項2に記載の発明の外食予約システムでは、事業者により管理される事業者サーバを有し、前記事業者サーバは、複数の飲食店のサービス内容をユーザが使用するユーザ情報端末に配信し、当該ユーザ情報端末から飲食の予約を受け、当該ユーザ情報端末からの飲食の予約に対応する予約情報を、前記複数の飲食店の内、当該予約に対応する飲食店に送信するとともに、複数の宿泊施設の中から少なくとも1つの宿泊施設を選択して当該予約情報に対応する飲食店と紐付け、前記予約情報に対応する飲食店は、前記事業者サーバからの前記予約情報に基づいて飲食物を用意し、用意した飲食物を当該飲食店と紐付けられた宿泊施設に配送し、前記ユーザは、前記飲食店と紐付けられた宿泊施設で当該飲食店から配送された飲食物を飲食することを特徴とする。
【0010】
請求項3に記載の発明の外食予約システムは、請求項2に記載の外食予約システムであって、前記事業者サーバは、前記予約情報に対応する飲食店と前記複数の宿泊施設との間の位置関係に基づいて、前記複数の宿泊施設の中から少なくとも1つの宿泊施設を選択して、前記予約情報に対応する飲食店と紐付けることを特徴とする。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
情報検索装置
7日前
個人
ノートPC寝台
9日前
個人
ドットパターン
6日前
個人
環境情報処理装置
27日前
個人
外食予約システム
27日前
個人
求人支援システム
1か月前
個人
電子文書の閲覧用電子機器
13日前
個人
海外在住支援システム
27日前
ニデック株式会社
冷却装置
21日前
個人
サービス提供システム
20日前
キヤノン電子株式会社
携帯情報端末
8日前
個人
施術スタッフ育成システム
14日前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
シャープ株式会社
情報出力装置
1か月前
大和製衡株式会社
組合せ計数装置
9日前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
株式会社ゼロワン
ケア支援システム
8日前
ブラザー工業株式会社
印刷制御装置
9日前
株式会社ゼロワン
ケア支援システム
8日前
日本信号株式会社
料金精算システム
1か月前
学校法人修道学園
農地集約システム
20日前
株式会社SUBARU
操作制御装置
20日前
有限会社カツミ工業
管理装置
9日前
株式会社カロニマ
情報発信システム
1か月前
株式会社SUBARU
画像処理装置
14日前
株式会社広島銀行
本人確認システム
8日前
トヨタ紡織株式会社
検査装置
1か月前
旭精工株式会社
管理装置および管理システム
20日前
株式会社アジラ
異常行動検出システム
1か月前
個人
特許審査支援ボットおよびボットシステム
1か月前
株式会社mov
情報処理システム
1か月前
トヨタ車体株式会社
管理システム
7日前
株式会社京南
洗車システム
13日前
個人
スマートフォンにおける使用料金削減方法
1か月前
続きを見る