TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024080986
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-17
出願番号2022194375
出願日2022-12-05
発明の名称操作装置
出願人東洋電装株式会社
代理人個人,個人
主分類G06F 3/0354 20130101AFI20240610BHJP(計算;計数)
要約【課題】車両の装備品を操作するタッチ式の操作装置において操作意思の有無に応じた制御を行うこと。
【解決手段】本発明の操作装置は、車両内に設置されるタッチ式操作面10と、車両に搭載された装備品に対応してタッチ式操作面10に形成された操作ガイド11と、を備え、タッチ式操作面10に対して入力されたスライドさせる2点のタッチ操作を装備品に対する操作指令として受け付けると共に、タッチ式操作面に対して入力されたスライド方向を反転させて往復スライドさせる他のタッチ操作を、装備品の動作の停止操作指令として受け付けるよう構成されている。
【選択図】図3



特許請求の範囲【請求項1】
車両内に設置されるタッチ式操作面と、前記車両に搭載された装備品に対応して前記タッチ式操作面に形成された操作ガイドと、を備え、
前記タッチ式操作面に対して入力されたスライドさせる2点のタッチ操作を前記装備品に対する操作指令として受け付けると共に、前記タッチ式操作面に対して入力されたスライド方向を反転させて往復スライドさせる他のタッチ操作を、前記装備品の動作の停止操作指令として受け付けるよう構成されている、
操作装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
請求項1に記載の操作装置であって、
前記操作ガイドから所定距離内の前記タッチ式操作面に対する2点をタッチ操作してスライドさせる操作を前記装備品に対する操作指令として受け付けると共に、前記タッチ式操作面に対して入力されたスライド方向を反転させて往復スライドさせる前記他のタッチ操作を、前記装備品の動作の停止操作指令として受け付けるよう構成されている、
操作装置。
【請求項3】
請求項1又は2に記載の操作装置であって、
前記タッチ式操作面に対して1往復よりも多くスライド方向を交互に反転させて往復スライドさせる前記他のタッチ操作を、前記停止操作指令として受け付けるよう構成されている、
操作装置。
【請求項4】
請求項1又は2に記載の操作装置であって、
前記2点のタッチ操作を受け付けた場合に、その後に入力された前記往復スライドさせる前記他のタッチ操作を前記停止操作指令として受け付けるよう構成されている、
操作装置。
【請求項5】
請求項3に記載の操作装置であって、
前記2点のタッチ操作を受け付けた場合に、その後に2点の接触状態を維持したまま入力された前記往復スライドさせる前記他のタッチ操作を前記停止操作指令として受け付けるよう構成されている、
操作装置。
【請求項6】
請求項1又は2に記載の操作装置であって、
前記操作ガイドは、所定の長さを有する線形状に形成されており、
前記2点のタッチ操作を受け付けた場合に、前記操作ガイドの線形状に沿って入力された前記往復スライドさせる前記他のタッチ操作を前記停止操作指令として受け付けるよう構成されている、
操作装置。
【請求項7】
車両内に設置されるタッチ式操作面を備えた操作装置による操作受付方法であって、
車両に搭載された装備品に対応した操作ガイドが前記タッチ式操作面に形成されており、前記タッチ式操作面に対して入力されたスライドさせる2点のタッチ操作を前記装備品に対する操作指令として受け付けると共に、前記タッチ式操作面に対して入力されたスライド方向を反転させて往復スライドさせる他のタッチ操作を、前記装備品の動作の停止操作指令として受け付ける、
操作受付方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車両に搭載されるタッチ式の操作装置に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
車両に搭載された装備品を操作する操作装置として、タッチ式の操作装置が特許文献1に開示されている。特許文献1に示す操作装置は、例えば、座席のドアに設けられたアームレスト上に配置され、車両のウインドウの開閉を操作可能なよう構成されている。具体的に、特許文献1に示す操作装置は、タッチ式の操作パネル上に線形状の操作部が形成されており、かかる操作部を線形状に沿って指を移動させるなどのタッチ操作が行われることで、ウインドウの開閉操作として受け付けるよう構成されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2022-137366号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上述した操作装置は、操作者によるタッチ操作を受け付けるため、操作者による操作を意図していない操作パネルへの接触を、操作として受け付けてしまうおそれがある。例えば、操作装置がアームレスト上に配置されている場合には、操作者がアームレスト上に腕を置いたときに、意図せずに指、手のひら及び手首等が操作装置に触れてしまう可能性がある。また、アームレスト上に腕を休めている際、無意識に触ってしまうことにより、操作意思が無いにも関わらず、操作入力として検知してしまう可能性があった。
【0005】
このため、本発明の目的は、タッチ式の操作装置において操作意思の有無に応じた制御を行うことにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一形態である操作装置は、
車両内に設置されるタッチ式操作面と、前記車両に搭載された装備品に対応して前記タッチ式操作面に形成された操作ガイドと、を備え、
前記タッチ式操作面に対して入力されたスライドさせる2点のタッチ操作を前記装備品に対する操作指令として受け付けると共に、前記タッチ式操作面に対して入力されたスライド方向を反転させて往復スライドさせる他のタッチ操作を、前記装備品の動作の停止操作指令として受け付けるよう構成されている、
という構成をとる。
【0007】
また、本発明の一形態である操作受付方法は、
車両内に設置されるタッチ式操作面を備えた操作装置による操作受付方法であって、
車両に搭載された装備品に対応した操作ガイドが前記タッチ式操作面に形成されており、前記タッチ式操作面に対して入力されたスライドさせる2点のタッチ操作を前記装備品に対する操作指令として受け付けると共に、前記タッチ式操作面に対して入力されたスライド方向を反転させて往復スライドさせる他のタッチ操作を、前記装備品の動作の停止操作指令として受け付ける、
という構成をとる。
【発明の効果】
【0008】
本発明は、以上のように構成されることにより、車両に搭載された装備品を操作するタッチ式の操作装置における操作意思の有無に応じた適切な制御を行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の第1の実施形態における操作装置の構成を示す図である。
図1に開示した操作装置を含むウインドウを可動させるための構成の概略を示すブロック図である。
図1に開示した操作装置の操作の様子を示す図である。
図1に開示した操作装置の操作の様子を示す図である。
図1に開示した操作装置の操作方法を示すフローチャートである。
本発明の第2の実施形態における操作装置の操作方法を示すフローチャートである。
本発明の第3の実施形態における操作装置の操作の様子を示す図である。
本発明の第3の実施形態における操作装置の操作方法を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
<実施形態1>
本発明の第1の実施形態を、図1乃至図5を参照して説明する。図1乃至図2は、操作装置の構成を説明するための図であり、図3乃至図5は、操作装置の動作を説明するための図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
東洋電装株式会社
スロットルグリップ装置
9日前
個人
情報検索装置
7日前
個人
ドットパターン
6日前
個人
ノートPC寝台
9日前
個人
環境情報処理装置
27日前
個人
外食予約システム
27日前
個人
求人支援システム
1か月前
個人
電子文書の閲覧用電子機器
13日前
個人
サービス提供システム
20日前
ニデック株式会社
冷却装置
21日前
個人
海外在住支援システム
27日前
キヤノン電子株式会社
携帯情報端末
8日前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
個人
施術スタッフ育成システム
14日前
シャープ株式会社
情報出力装置
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
大和製衡株式会社
組合せ計数装置
9日前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
株式会社広島銀行
本人確認システム
8日前
ブラザー工業株式会社
印刷制御装置
9日前
有限会社カツミ工業
管理装置
9日前
株式会社カロニマ
情報発信システム
1か月前
日本信号株式会社
料金精算システム
1か月前
株式会社ゼロワン
ケア支援システム
8日前
株式会社ゼロワン
ケア支援システム
8日前
株式会社SUBARU
操作制御装置
20日前
学校法人修道学園
農地集約システム
20日前
株式会社SUBARU
画像処理装置
14日前
旭精工株式会社
管理装置および管理システム
20日前
株式会社ビズベース
検査システム
8日前
株式会社京南
洗車システム
13日前
個人
特許審査支援ボットおよびボットシステム
1か月前
トヨタ車体株式会社
管理システム
7日前
ローム株式会社
電源制御集積回路
27日前
続きを見る