TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024066360
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-15
出願番号2022175900
出願日2022-11-01
発明の名称水管理の方法
出願人アスエネ株式会社
代理人個人
主分類G06Q 50/06 20240101AFI20240508BHJP(計算;計数)
要約【課題】より精緻に水管理上のリスクを評価し、把握する方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の一実施形態による、 事業者の取水及び排水を管理する、水の管理方法であって、 事業者端末から、取水量及び排水量に関する情報を受信し、前記事業者端末から、前記事業者の施設の地点に関する情報を受信し、前記地点に関する情報に基づいて、前記事業者の取水及び排水に関する水源を決定し、前記水源の衛星画像データを受信し、前記衛星画像データを解析することにより、前記水源の水の変化量を決定し、前記取水量、排水量、及び前記水源の水の変化量に基づいて、前記事業者の取水及び排水に関するリスクを評価する
【選択図】図5


特許請求の範囲【請求項1】
事業者の取水及び排水を管理する、水の管理方法であって、
事業者端末から、取水量及び排水量に関する情報を受信し、
前記事業者端末から、前記事業者の施設の地点に関する情報を受信し、
前記地点に関する情報に基づいて、前記事業者の取水及び排水に関する水源を決定し、
前記水源の衛星画像データを受信し、
前記衛星画像データを解析することにより、前記水源の水の変化量を決定し、
前記取水量、排水量、及び前記水源の水の変化量に基づいて、前記事業者の取水及び排水に関するリスクを評価する、方法。
続きを表示(約 210 文字)【請求項2】
前記衛星画像を解析することは、前記衛星画像に含まれる水が占める面積の変化を分析することを含む、請求項1に記載の管理方法。
【請求項3】
前記衛星画像に含まれる水が占める面積をピクセル毎に解析する、請求項2に記載の管理方法。
【請求項4】
前記リスクを評価することは、前記事業者による取水による、前記水源の枯渇リスクを評価することを含む、請求項1に記載の管理方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、水管理の方法に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、環境保護等の見地から事業者による取水量や排水量等の水処理に関する情報を把握する動きが見られる。
【0003】
特許文献1には、取水事業者及び排水事業者から、取水量及び排水量に関する情報を収集するシステムが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2011-190663公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1に開示の技術は、同一水源から取水する事業者及び排水する事業者から各々、取水量や排水量に関する情報を収集し、再生水のマッチングを行なったり、取水量や排水量を調節する方法を開示するものの、より精緻に水管理上のリスクを評価する方法は開示されていない。
【0006】
そこで、本発明は、より精緻に水管理上のリスクを評価し、把握する方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の一実施形態による、 事業者の取水及び排水を管理する、水の管理方法であって、事業者端末から、取水量及び排水量に関する情報を受信し、前記事業者端末から、前記事業者の施設の地点に関する情報を受信し、前記地点に関する情報に基づいて、前記事業者の取水及び排水に関する水源を決定し、前記水源の衛星画像データを受信し、前記衛星画像データを解析することにより、前記水源の水の変化量を決定し、前記取水量、排水量、及び前記水源の水の変化量に基づいて、前記事業者の取水及び排水に関するリスクを評価する。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、より精緻に水管理上のリスクを評価し、把握する方法を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の第1の実施形態による水管理システムを説明する図である。
水管理システムを構成する管理端末の機能ブロック図である。
水管理システムを構成する事業者端末の機能ブロック図である。
本発明の第1の実施形態による事業者データの詳細を説明する図である。
本発明の第1の実施形態による水管理方法を説明するフローチャート図である。
本発明の第1の実施形態による水管理を説明する図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本発明の実施形態の内容を列記して説明する。本発明の実施の形態による水管理システム(以下単に「システム」という)は、以下のような構成を備える。
[項目1]
事業者の取水及び排水を管理する、水の管理方法であって、
事業者端末から、取水量及び排水量に関する情報を受信し、
前記事業者端末から、前記事業者の施設の地点に関する情報を受信し、
前記地点に関する情報に基づいて、前記事業者の取水及び排水に関する水源を決定し、
前記水源の衛星画像データを受信し、
前記衛星画像データを解析することにより、前記水源の水の変化量を決定し、
前記取水量、排水量、及び前記水源の水の変化量に基づいて、前記事業者の取水及び排水に関するリスクを評価する、方法。
[項目2]
前記衛星画像を解析することは、前記衛星画像に含まれる水が占める面積の変化を分析することを含む、項目1に記載の管理方法。
[項目3]
前記衛星画像に含まれる水が占める面積をピクセル毎に解析する、項目2に記載の管理方法。
[項目4]
前記リスクを評価することは、前記事業者による取水による、前記水源の枯渇リスクを評価することを含む、項目1に記載の管理方法。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
管理装置
1か月前
個人
暗号化記憶媒体
1か月前
個人
プロジェクター
1か月前
個人
環境情報処理装置
3日前
個人
外食予約システム
3日前
個人
求人支援システム
20日前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
1か月前
個人
求人マッチングサーバ
1か月前
個人
海外在住支援システム
3日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
6日前
シャープ株式会社
情報出力装置
18日前
アスエネ株式会社
水管理の方法
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
株式会社寺岡精工
システム
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
6日前
東洋電装株式会社
操作装置
6日前
大日本印刷株式会社
作業台
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
6日前
株式会社NGA
画像投稿システム
1か月前
CKD株式会社
遠隔支援システム
1か月前
個人
ポイント増量アプリ「太陽光銭サー」
1か月前
トヨタ紡織株式会社
検査装置
27日前
株式会社カロニマ
情報発信システム
10日前
日本信号株式会社
料金精算システム
16日前
株式会社アジラ
異常行動検出システム
27日前
BH株式会社
商品販売システム
1か月前
株式会社三富
取引管理システム
1か月前
株式会社小野測器
移動量計測システム
1か月前
個人
言語翻訳システム及びプログラム
1か月前
株式会社小野測器
移動量計測システム
1か月前
続きを見る