TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023169498
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-11-30
出願番号2022080636
出願日2022-05-17
発明の名称グロメット
出願人矢崎総業株式会社
代理人弁理士法人虎ノ門知的財産事務所
主分類H02G 3/22 20060101AFI20231122BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】防液性を向上させること。
【解決手段】挿通路1aが配索軸方向に二分割された一方の挿通溝11を有する主体10と、他方の挿通溝21を有する可動体20と、これらを開状態と閉状態との間で相対回転させるヒンジ50と、を有し、主体と可動体は、閉状態でそれぞれの端部12,22同士を当接させて外部スリット61を形成し、かつ、閉状態で外周面にテープが巻き付けられるテープ巻き部80を配索軸方向の一端に有し、かつ、開状態で外部スリットの幅を拡げてそれぞれの挿通溝の挿入口11a,21aを露出させ、閉状態の外部スリットは、主体と可動体における当接状態のそれぞれの端部間よりも幅を拡げた拡幅部81をテープ巻き部に有し、拡幅部は、可動体のテープ巻き部における端部の隅部81aをテープの巻き付けと共にテープ巻き部の周方向に沿って侵入させ得る逃げ部として形成されること。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
配索材の直線部を挿通させる挿通路が当該直線部の配索軸方向に二分割された一方の挿通溝を有し、かつ、前記一方の挿通溝の開口を前記配索材の挿入口とする主体と、
前記挿通路における二分割された他方の挿通溝を有し、かつ、前記他方の挿通溝の開口を前記配索材の挿入口とする可動体と、
前記主体及び前記可動体を連結させ、かつ、前記配索軸方向に延在させた回転軸の軸周りに前記主体及び前記可動体を開状態と閉状態との間で相対回転させるヒンジと、
を有し、
前記主体と前記可動体は、前記閉状態で前記配索材の軸周りのそれぞれの端部同士を当接させて成る当該端部間の外部スリットを形成し、かつ、前記閉状態で前記一方の挿通溝と前記他方の挿通溝の前記挿入口同士を合わせて前記挿通路を形成し、かつ、前記閉状態で外周面にテープが巻き付けられるテープ巻き部を前記配索軸方向の一端に有し、かつ、前記開状態で前記外部スリットの幅を拡げて当該外部スリットからそれぞれの前記挿通溝の前記挿入口を露出させ、
前記閉状態の前記外部スリットは、前記主体と前記可動体における当接状態のそれぞれの前記端部間よりも幅を拡げた拡幅部を前記テープ巻き部に有し、
前記拡幅部は、前記可動体の前記テープ巻き部における前記端部の隅部を前記テープの巻き付けと共に前記テープ巻き部の周方向に沿って侵入させ得る逃げ部として形成されることを特徴としたグロメット。
続きを表示(約 460 文字)【請求項2】
前記拡幅部は、前記主体の前記テープ巻き部における前記端部の前記外周面を凹ませた凹部と、前記テープの巻き付けと共に前記テープ巻き部の周方向に沿って前記凹部に侵入し得る前記隅部と、で形成されることを特徴とした請求項1に記載のグロメット。
【請求項3】
それぞれの前記挿通溝の内周面から突出させ、かつ、前記閉状態で前記配索材の軸周りのそれぞれの端部同士を当接させて当該端部間に内部スリットを形成すると共に前記配索材の外周面に1周に亘って密着させるリップを有し、
前記リップは、前記開状態で前記内部スリットの幅を拡げて当該内部スリットから内壁面を露出させることを特徴とした請求項1又は2に記載のグロメット。
【請求項4】
前記主体は、前記一方の挿通溝をそれぞれの前記配索軸方向の向きを合わせて2箇所に有し、
前記可動体と前記リップは、前記挿通路毎に設け、
前記外部スリットは、前記可動体毎に設けることを特徴とした請求項3に記載のグロメット。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、グロメットに関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、2つの空間の間の貫通孔や溝等の挿通部に電線等の配索材を通す際には、その配索材を挿通部の周縁部から保護するためのグロメットが挿通部に配置されることがある。そして、そのグロメットについては、水等の液体が挿通部を介して2つの空間を行き来せぬように、防液性を持たせることがある。例えば、この種のグロメットについては、下記の特許文献1及び2に開示されている。この特許文献1及び2に記載のグロメットにおいては、スリットを有する貫通孔状の挿通部が形成されており、そのスリットの幅を拡げて電線が挿通部に差し込まれる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2009-106091号公報
特開2007-103029号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、グロメットにおいては、その端部から配索材が引き出されるので、この端部から配索材に亘ってテープを巻き付けていくことによって、この端部と配索材との間の隙間を塞ぐことがある。しかしながら、従来のグロメットは、その端部にもスリットが設けられているので、テンションを掛けながらテープを巻き付けていくと、スリットを間に挟んだ一方がテープの巻き付けと共に他方に乗り上げてしまう虞がある。そして、このグロメットは、その乗り上げに伴って、例えば、端部と配索材との間に新たな隙間を作ってしまうなどの不都合を生じさせてしまう可能性がある。
【0005】
そこで、本発明は、防液性を向上させ得るグロメットを提供することを、その目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、配索材の直線部を挿通させる挿通路が当該直線部の配索軸方向に二分割された一方の挿通溝を有し、かつ、前記一方の挿通溝の開口を前記配索材の挿入口とする主体と、前記挿通路における二分割された他方の挿通溝を有し、かつ、前記他方の挿通溝の開口を前記配索材の挿入口とする可動体と、前記主体及び前記可動体を連結させ、かつ、前記配索軸方向に延在させた回転軸の軸周りに前記主体及び前記可動体を開状態と閉状態との間で相対回転させるヒンジと、を有し、前記主体と前記可動体は、前記閉状態で前記配索材の軸周りのそれぞれの端部同士を当接させて成る当該端部間の外部スリットを形成し、かつ、前記閉状態で前記一方の挿通溝と前記他方の挿通溝の前記挿入口同士を合わせて前記挿通路を形成し、かつ、前記閉状態で外周面にテープが巻き付けられるテープ巻き部を前記配索軸方向の一端に有し、かつ、前記開状態で前記外部スリットの幅を拡げて当該外部スリットからそれぞれの前記挿通溝の前記挿入口を露出させ、前記閉状態の前記外部スリットは、前記主体と前記可動体における当接状態のそれぞれの前記端部間よりも幅を拡げた拡幅部を前記テープ巻き部に有し、前記拡幅部は、前記可動体の前記テープ巻き部における前記端部の隅部を前記テープの巻き付けと共に前記テープ巻き部の周方向に沿って侵入させ得る逃げ部として形成されることを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明に係るグロメットにおいては、テープ巻き部に対してテンションを掛けながらテープを巻き付けていくので、それぞれの可動体に拡幅部の幅を狭めるテープ巻き部の周方向の力が作用する。このため、このグロメットにおいては、テープの巻き付けに連動したそれぞれの可動体の変形が想定されるが、その変形が生じたとしても、それぞれの可動体の隅部毎に当該隅部を周方向に沿って拡幅部に入り込ませることができる。よって、このグロメットにおいては、テープの巻き付けに伴う可動体の端部の主体の端部への乗り上げを回避できるので、挿通路内での配索材との隙間の発生を抑止できる。従って、本発明に係るグロメットは、防液性を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態の閉状態のグロメットを示す斜視図である。
図2は、実施形態の閉状態のグロメットを別角度から見た斜視図である。
図3は、実施形態の閉状態のグロメットを突出体側から見た平面図である。
図4は、実施形態の閉状態のグロメットをリップ側から見た平面図である。
図5は、実施形態の開状態のグロメットを示す斜視図である。
図6は、実施形態の開状態のグロメットを別角度から見た斜視図である。
図7は、実施形態の開状態のグロメットを突出体側から見た平面図である。
図8は、実施形態の開状態のグロメットをリップ側から見た平面図である。
図9は、図3のX-X線断面図である。
図10は、拡幅部について説明する平面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に、本発明に係るグロメットの実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。尚、この実施形態によりこの発明が限定されるものではない。
【0010】
[実施形態]
本発明に係るグロメットの実施形態の1つを図1から図10に基づいて説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
ブラシレス単極発電機
5日前
GX株式会社
移動電源装置
5日前
株式会社ダイヘン
充電装置
5日前
富士電機株式会社
積層バスバー
4日前
株式会社ダイヘン
電力システム
5日前
カシオ計算機株式会社
クレードル
4日前
カシオ計算機株式会社
クレードル
4日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
4日前
三菱電機株式会社
半導体装置駆動回路
4日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
4日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
4日前
株式会社大原興商
電力供給システム
4日前
TDK株式会社
スイッチング電源システム
4日前
株式会社大原興商
電力供給システム
4日前
富士電機株式会社
電源システム
4日前
大垣精工株式会社
積層鋼板製造装置、及び積層鋼板製造方法
4日前
株式会社村田製作所
電池パック
4日前
サンケン電気株式会社
励磁電流検出回路、半導体装置
4日前
ニチコン株式会社
設置型電力変換装置
4日前
株式会社東光高岳
電力業務支援装置及び電力系統制御システム
4日前
サンケン電気株式会社
スイッチング制御回路、半導体装置
5日前
株式会社ディスコ
ケーブルストリッパ
5日前
ミネベアミツミ株式会社
モータ駆動制御装置及びモータ診断方法
4日前
東芝三菱電機産業システム株式会社
直流電源装置
5日前
三菱ケミカル株式会社
電圧発生装置、センサー及びアクチュエータ
4日前
学校法人東京理科大学
ワイヤレス給電システム
4日前
富士電機株式会社
電源装置、及び電圧生成方法
4日前
三菱ケミカル株式会社
電圧発生装置、センサー及びアクチュエータ
4日前
三菱重工業株式会社
可変速動力装置及び制御方法
4日前
株式会社東芝
モータ制御装置
4日前
サンデン株式会社
電力変換装置
4日前
株式会社アールエンジニアリング
剥線機、カッタ及び剥線方法
4日前
学校法人 東洋大学
二重給電型回転電機および二重給電型電磁共振回転電機
4日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱ユニット、及び、電気接続箱の放熱構造
4日前
エナジーサポート株式会社
電圧調整装置及び電圧調整方法
4日前
ローム株式会社
電源制御装置、および絶縁型DC/DCコンバータ
4日前
続きを見る