TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023155240
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-10-20
出願番号2023124445,2023522451
出願日2023-07-31,2022-11-24
発明の名称加飾シート、加飾成形品の製造方法、離型部材付き転写シート、離型部材付き加飾シート、転写シート前駆体、加飾シート前駆体、転写シートの製造方法、加飾シートの製造方法、および加飾物品の製造方法
出願人大日本印刷株式会社
代理人個人,個人
主分類B44C 1/17 20060101AFI20231013BHJP(装飾技術)
要約【課題】デジタル印刷方式で柄が印刷され、意匠性の高い加飾成形品を製造できる加飾シート及び加飾成形品の製造方法を提供する。
【解決手段】本開示においては、一方の面に粘接着層及び剥離シートが設けられた延伸基材の他方の面に、デジタル印刷による画像層を形成する工程と、上記画像層上に保護層を形成し、上記剥離シート、上記粘接着層、上記延伸基材、上記画像層及び上記保護層が積層された加飾シートを製造する工程と、上記加飾シートの上記剥離シートを除去し、上記粘接着層と成形品とを貼り合わせ、上記加飾シートと上記成形品とを一体化させる工程と、を備える加飾成形品の製造方法を提供する。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
一方の面に粘接着層及び剥離シートが設けられた延伸基材の他方の面に、デジタル印刷による画像層を形成する工程と、
前記画像層上に保護層を形成し、前記剥離シート、前記粘接着層、前記延伸基材、前記画像層及び前記保護層が積層された加飾シートを製造する工程と、
前記加飾シートの前記剥離シートを除去し、前記粘接着層と成形品とを貼り合わせ、前記加飾シートと前記成形品とを一体化させる工程と、
を備える加飾成形品の製造方法。
続きを表示(約 1,800 文字)【請求項2】
一方の面に剥離シートが設けられ、他方の面に離型層が設けられた延伸基材を準備する工程と、
前記離型層上に保護層を形成する工程と、
前記保護層上にデジタル印刷による画像層を形成する工程と、
前記画像層上に粘接着層を形成し、前記剥離シート、前記延伸基材、前記離型層、前記保護層、前記画像層及び前記粘接着層が積層された加飾シートを製造する工程と、
前記加飾シートの前記剥離シートを除去し、前記粘接着層と成形品とを貼り合わせ、前記加飾シートと前記成形品とを一体化させる工程と、
前記加飾シートおよび前記成形品を一体化させた後、前記延伸基材及び前記離型層を除去する工程と、
を備える加飾成形品の製造方法。
【請求項3】
基材上に離型層を介して保護層を形成する工程と、
前記保護層上にデジタル印刷による画像層を形成する工程と、
延伸基材に、粘接着層を介して、前記基材、前記離型層、前記保護層及び前記画像層が積層された積層体の前記画像層を貼り合わせる工程と、
前記基材及び前記離型層を除去し、前記延伸基材、前記粘接着層、前記画像層及び前記保護層が積層された加飾シートを製造する工程と、
前記加飾シートと成形品とを貼り合わせ、前記加飾シートと前記成形品とを一体化させる工程と、
を備える加飾成形品の製造方法。
【請求項4】
基材上に第1離型層及び第1粘接着層を順に積層する工程と、
前記第1粘接着層上にデジタル印刷による画像層を形成する工程と、
一方の面に第2離型層及び保護層が順に積層された延伸基材を準備し、第2粘接着層を介して、前記保護層に、前記基材、前記第1離型層、前記第1粘接着層及び前記画像層が積層された積層体の前記画像層を貼り合わせる工程と、
前記基材及び前記第1離型層を除去し、前記延伸基材、前記第2離型層、前記保護層、前記第2粘接着層、前記画像層及び前記第1粘接着層が積層された加飾シートを製造する工程と、
前記加飾シートの前記第1粘接着層と成形品とを貼り合わせ、前記延伸基材及び前記第2離型層を除去し、前記加飾シートと前記成形品とを一体化させる工程と、
を備える加飾成形品の製造方法。
【請求項5】
アウトモールド成形により、前記加飾シートと前記成形品とを一体化させる、請求項1から請求項4までのいずれかに記載の加飾成形品の製造方法。
【請求項6】
前記加飾シートの前記保護層は未硬化の層を含み、
前記アウトモールド成形の後に前記未硬化の層を硬化させる、請求項5に記載の加飾成形品の製造方法。
【請求項7】
熱転写により前記画像層を形成する、請求項1から請求項4までのいずれかに記載の加飾成形品の製造方法。
【請求項8】
延伸基材と、
前記延伸基材の一方の面に順に積層された粘接着層及び剥離シートと、
前記延伸基材の他方の面に設けられたデジタル印刷画像を有する画像層と、
前記画像層上に設けられた保護層と、
を備え、
前記延伸基材は、90℃にて0.05Nの引張荷重をかけた際に50%以上延伸する、加飾シート。
【請求項9】
延伸基材と、
前記延伸基材の一方の面に設けられた剥離シートと、
前記延伸基材の他方の面に設けられた離型層と、
前記離型層上に設けられた保護層と、
前記保護層上に設けられたデジタル印刷画像を有する画像層と、
前記画像層上に設けられた粘接着層と、
を備え、
前記延伸基材は、90℃にて0.05Nの引張荷重をかけた際に50%以上延伸する、加飾シート。
【請求項10】
延伸基材と、
前記延伸基材上に設けられた粘接着層と、
前記粘接着層上に設けられたデジタル印刷画像を有する画像層と、
前記画像層上に設けられた保護層と、
を備え、
前記延伸基材は、90℃にて0.05Nの引張荷重をかけた際に50%以上延伸する、加飾シート。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、加飾シート、加飾成形品の製造方法、離型部材付き転写シート、離型部材付き加飾シート、転写シート前駆体、加飾シート前駆体、転写シートの製造方法、加飾シートの製造方法、および加飾物品の製造方法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
立体成形品に対して加飾する方法の1つとして、アウトモールド成形が知られている。アウトモールド成形は、柄を後付けできる特性から、多様化する消費者のニーズに対応した小ロット多品種の展開が可能であり、また、印刷より環境負荷が低いため、近年、採用の機会が増えている。
【0003】
アウトモールド成形は、延伸性のあるフィルムを用いた成形方法であるが、柄の印刷は主にグラビア印刷が用いられている。前述した通り、アウトモールド成形は小ロット多品種に向いた成形方法であるのに対し、グラビア印刷は大量生産に向いた方法であるため、数量によっては採算が合わない状況が発生する。
【0004】
小ロット多品種に向いた印刷方法として、インクジェット方式、電子写真方式、熱転写方式等のデジタル印刷が考えられる。
【0005】
例えば特許文献1~3には、インクジェット方式、電子写真方式、または熱転写方式により画像が形成された画像層を有するシートが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
国際公開第2018/151257号
特開2021-123031号公報
特開2020-163760号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本開示は、デジタル印刷方式で柄が印刷され、意匠性の高い加飾成形品を製造できる加飾シート及び加飾成形品の製造方法を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本開示の一実施形態は、一方の面に粘接着層及び剥離シートが設けられた延伸基材の他方の面に、デジタル印刷による画像層を形成する工程と、上記画像層上に保護層を形成し、上記剥離シート、上記粘接着層、上記延伸基材、上記画像層及び上記保護層が積層された加飾シートを製造する工程と、上記加飾シートの上記剥離シートを除去し、上記粘接着層と成形品とを貼り合わせ、上記加飾シートと上記成形品とを一体化させる工程と、を備える加飾成形品の製造方法を提供する。
【0009】
本開示の他の実施形態は、一方の面に剥離シートが設けられ、他方の面に離型層が設けられた延伸基材を準備する工程と、上記離型層上に保護層を形成する工程と、上記保護層上にデジタル印刷による画像層を形成する工程と、上記画像層上に粘接着層を形成し、上記剥離シート、上記延伸基材、上記離型層、上記保護層、上記画像層及び上記粘接着層が積層された加飾シートを製造する工程と、上記加飾シートの上記剥離シートを除去し、上記粘接着層と成形品とを貼り合わせ、上記加飾シートと上記成形品とを一体化させる工程と、上記加飾シートおよび上記成形品を一体化させた後、上記延伸基材及び上記離型層を除去する工程と、を備える加飾成形品の製造方法を提供する。
【0010】
本開示の他の実施形態は、基材上に離型層を介して保護層を形成する工程と、上記保護層上にデジタル印刷による画像層を形成する工程と、延伸基材に、粘接着層を介して、上記基材、上記離型層、上記保護層及び上記画像層が積層された積層体の上記画像層を貼り合わせる工程と、上記基材及び上記離型層を除去し、上記延伸基材、上記粘接着層、上記画像層及び上記保護層が積層された加飾シートを製造する工程と、上記加飾シートと成形品とを貼り合わせ、上記加飾シートと上記成形品とを一体化させる工程と、を備える加飾成形品の製造方法を提供する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
Leptoの雪
10か月前
極東産機株式会社
壁紙糊付機
9か月前
株式会社タイカ
水圧転写方法
8か月前
個人
立体絵画の制作方法
1か月前
個人
つまみ細工作成補助プレート
10か月前
中国電力株式会社
物品仮固定具
1か月前
昌栄印刷株式会社
転写シート
3か月前
株式会社タイカ
水圧転写シート及び水圧転写方法
8か月前
個人
貝殻の表面処理剤及び貝殻の表面処理方法
3か月前
株式会社メイプル・ノブ
植物飾りの製造方法
10か月前
株式会社メイプル・ノブ
植物飾りの製造方法
6か月前
理想科学工業株式会社
転写媒体製造装置および転写媒体
8か月前
日本クロージャー株式会社
接続具
19日前
個人
漆製品の製造方法
10か月前
セイコーエプソン株式会社
畳表の転写方法、畳表
4か月前
合同会社egmoth
汎用性・量産性の高いコインを用いた芸術作品の表現方法
5か月前
株式会社コシバアンドアソシエイツ
水転写式ジグソーパズル作成セット
1か月前
有限会社芳美商事
インテリア、インテリアの製造方法及びインテリアの設置方法
2か月前
大日本印刷株式会社
化粧材
20日前
大日本印刷株式会社
肌意匠シート製造方法、肌意匠シート製造システム及び肌意匠シート
10か月前
株式会社 カワダ
装飾品の作製キット及び装飾品の作製キットの製造方法、並びに装飾品の製造方法
6か月前
KLASS株式会社
自動壁紙糊付機
6か月前
理想科学工業株式会社
転写シートの製造方法、及び転写シートの製造方法に用いる水性接着液
4か月前
理想科学工業株式会社
転写シートの製造方法、転写シートの製造方法に用いる水性接着液、及び転写物の製造方法
4か月前
株式会社松屋
組子格子飾りの製造方法、組子格子飾りの連結構造、組子格子飾り、及び組子格子飾りセット
6か月前
大日本印刷株式会社
加飾シート、加飾成形品の製造方法、離型部材付き転写シート、離型部材付き加飾シート、転写シート前駆体、加飾シート前駆体、転写シートの製造方法、加飾シートの製造方法、および加飾物品の製造方法
8か月前
グレートインフォメーション株式会社
電子チケットシステム
7か月前
富士通株式会社
文字列変換プログラム及び文字列変換方法、並びに情報処理装置
8か月前
アプライド マテリアルズ インコーポレイテッド
プラズマ処理チャンバ内のウエハキャリアのための高度な温度制御
2か月前
コニカミノルタ株式会社
データ解析支援方法、当該方法をコンピューターに実行させるプログラム、および情報処理装置
14日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
送信装置及び送信方法
2か月前
ソニーグループ株式会社
送信装置、及び、送信方法
7か月前
ソニーグループ株式会社
送信装置、及び送信方法
11か月前
日本製鋼所M&E株式会社
クラッド鋼溶接鋼管およびその製造方法
10か月前
キヤノン株式会社
画像処理装置、撮像装置、画像処理方法、およびプログラム
1か月前
パナソニックIPマネジメント株式会社
送信方法、受信方法、送信装置及び受信装置
5か月前
続きを見る