TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023112620
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-08-14
出願番号2022014548
出願日2022-02-01
発明の名称漆製品の製造方法
出願人個人
代理人弁理士法人第一テクニカル国際特許事務所
主分類B44C 3/00 20060101AFI20230804BHJP(装飾技術)
要約【課題】緻密な加工技術を要することなく、打ち抜き工具を用いた打ち抜きによって、熟練した職人でなくても簡単に細密素材として所定形状の装飾片を作成することができ、漆製品の表面を美しく装飾することができる。
【解決手段】貝殻薄板6を作業台の上側に略水平に配置する配置工程と、配置工程で略水平に配置された貝殻薄板6を、打ち抜き工具1を用いて打ち抜くことにより、所定形状の装飾片7を作成する打ち抜き工程と、打ち抜き工程で作成された装飾片7を、漆を塗った母材に貼り付けることで漆製品を製造する貼り付け工程と、を有する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
貝殻薄板を作業台の上側に略水平に配置する配置工程と、
前記配置工程で略水平に配置された前記貝殻薄板を、打ち抜き工具を用いて打ち抜くことにより、所定形状の装飾片を作成する打ち抜き工程と、
前記打ち抜き工程で作成された前記装飾片を、漆を塗った母材に貼り付けることで漆製品を製造する貼り付け工程と、
を有することを特徴とする漆製品の製造方法。
続きを表示(約 770 文字)【請求項2】
請求項1記載の漆製品の製造方法において、
前記母材の表面に漆を塗布する塗布工程をさらに有し、
前記貼り付け工程では、
前記塗布工程で塗布された漆が乾かないうちに、前記打ち抜き工程で作成された前記装飾片を当該塗布された漆の表面に置くことで貼り付けを行う
ことを特徴とする漆製品の製造方法。
【請求項3】
請求項1又は請求項2記載の漆製品の製造方法において、
前記配置工程では、
予め前記作業台に配置された鉛板の上に、前記貝殻薄板を略水平に載置し、
前記打ち抜き工程では、
前記貝殻薄板の下に位置する前記鉛板を下敷きとして使用しつつ、前記打ち抜きを行う
ことを特徴とする漆製品の製造方法。
【請求項4】
請求項1乃至請求項3のいずれか1項記載の漆製品の製造方法において、
前記打ち抜き工程で使用する前記打ち抜き工具は、
前記装飾片の輪郭形状を与える刃先部を有する着脱型のパンチと、
複数種類の前記パンチを交換可能に選択的に装着する工具本体と、
を有することを特徴とする漆製品の製造方法。
【請求項5】
請求項4記載の漆製品の製造方法において、
前記パンチは、金属製であり、
前記工具本体は、略円筒形を有しており、かつ、
前記略円筒形の外皮により構成される把持部と、
前記把持部の径方向内側に位置し、前記パンチのうち先端側の前記刃先部を露出させつつ根元側の基部を保持する凹部と、
前記凹部に収納された前記パンチの前記基部を磁力により吸着し、当該基部の前記凹部からの離脱を防ぐ磁石部と、
を有することを特徴とする漆製品の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、漆製品、特に、貝殻薄板からなる素材を用いて漆器の表面に螺鈿装飾を施す漆製品の製造方法に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、例えば、小物入れや重箱、或いは、各種木製の食器類(以下、単に「容器」と総称する。)には、容器表面に漆を塗布したものや、金粉等を用いて装飾を施したものが周知である。
【0003】
また、このような容器には、さらなる高級感を得るために、貝殻薄板からなる素材を用いて漆器の表面に螺鈿装飾を施した螺鈿装飾漆器も知られている(例えば、非特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0004】
https://www.yamada-heiando.jp/?yclid=YSS.1000085831.EAIaIQobChMIpYLn_4vq9AIVUltgCh0Z-AWKEAAYASAAEgK26fD_BwE
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
一般的に螺鈿は、主に漆器などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつとされており、貝殻の内面側の虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を漆地や木地の彫刻された表面に嵌め込む技法である。
【0006】
しかしながら、このような技法では、細密な装飾を施すことが困難であるうえに、素材を嵌め込む技法であるために、容器側と素材側との双方に緻密な加工技術を要するという問題が生じていた。
【0007】
本発明の目的は、緻密な加工技術を要することなく、打ち抜き工具を用いた打ち抜きによって、熟練した職人でなくても簡単に細密素材として所定形状の装飾片を作成することができ、漆製品の表面を美しく装飾することができる漆製品の製造方法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記目的を達成するために、本願発明は、貝殻薄板を作業台の上側に略水平に配置する配置工程と、前記配置工程で略水平に配置された前記貝殻薄板を、打ち抜き工具を用いて打ち抜くことにより、所定形状の装飾片を作成する打ち抜き工程と、前記打ち抜き工程で作成された前記装飾片を、漆を塗った母材に貼り付けることで漆製品を製造する貼り付け工程と、を有する。
【0009】
本発明では、所定の打ち抜き工具を用いて貝殻薄板から装飾片を打ち抜き、その装飾片を漆器表面に適宜貼り付けるだけで螺鈿装飾を施した漆製品とすることができる。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、緻密な加工技術を要することなく、打ち抜き工具を用いた打ち抜きによって、熟練した職人でなくても簡単に細密素材として所定形状の装飾片を作成することができ、漆製品の表面を美しく装飾することができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
Leptoの雪
10か月前
極東産機株式会社
壁紙糊付機
9か月前
株式会社タイカ
水圧転写方法
8か月前
個人
立体絵画の制作方法
1か月前
個人
つまみ細工作成補助プレート
10か月前
中国電力株式会社
物品仮固定具
1か月前
昌栄印刷株式会社
転写シート
3か月前
株式会社タイカ
水圧転写シート及び水圧転写方法
8か月前
個人
貝殻の表面処理剤及び貝殻の表面処理方法
3か月前
株式会社メイプル・ノブ
植物飾りの製造方法
10か月前
株式会社メイプル・ノブ
植物飾りの製造方法
6か月前
理想科学工業株式会社
転写媒体製造装置および転写媒体
8か月前
日本クロージャー株式会社
接続具
19日前
個人
漆製品の製造方法
10か月前
セイコーエプソン株式会社
畳表の転写方法、畳表
4か月前
合同会社egmoth
汎用性・量産性の高いコインを用いた芸術作品の表現方法
5か月前
株式会社コシバアンドアソシエイツ
水転写式ジグソーパズル作成セット
1か月前
有限会社芳美商事
インテリア、インテリアの製造方法及びインテリアの設置方法
2か月前
大日本印刷株式会社
化粧材
20日前
大日本印刷株式会社
肌意匠シート製造方法、肌意匠シート製造システム及び肌意匠シート
10か月前
株式会社 カワダ
装飾品の作製キット及び装飾品の作製キットの製造方法、並びに装飾品の製造方法
6か月前
KLASS株式会社
自動壁紙糊付機
6か月前
理想科学工業株式会社
転写シートの製造方法、及び転写シートの製造方法に用いる水性接着液
4か月前
理想科学工業株式会社
転写シートの製造方法、転写シートの製造方法に用いる水性接着液、及び転写物の製造方法
4か月前
株式会社松屋
組子格子飾りの製造方法、組子格子飾りの連結構造、組子格子飾り、及び組子格子飾りセット
6か月前
大日本印刷株式会社
加飾シート、加飾成形品の製造方法、離型部材付き転写シート、離型部材付き加飾シート、転写シート前駆体、加飾シート前駆体、転写シートの製造方法、加飾シートの製造方法、および加飾物品の製造方法
8か月前
グレートインフォメーション株式会社
電子チケットシステム
7か月前
富士通株式会社
文字列変換プログラム及び文字列変換方法、並びに情報処理装置
8か月前
アプライド マテリアルズ インコーポレイテッド
プラズマ処理チャンバ内のウエハキャリアのための高度な温度制御
2か月前
コニカミノルタ株式会社
データ解析支援方法、当該方法をコンピューターに実行させるプログラム、および情報処理装置
14日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
送信装置及び送信方法
2か月前
ソニーグループ株式会社
送信装置、及び、送信方法
7か月前
ソニーグループ株式会社
送信装置、及び送信方法
11か月前
日本製鋼所M&E株式会社
クラッド鋼溶接鋼管およびその製造方法
10か月前
キヤノン株式会社
画像処理装置、撮像装置、画像処理方法、およびプログラム
1か月前
パナソニックIPマネジメント株式会社
送信方法、受信方法、送信装置及び受信装置
5か月前
続きを見る