TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023127166
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-09-13
出願番号2022030777
出願日2022-03-01
発明の名称壁紙糊付機
出願人極東産機株式会社
代理人
主分類B44C 7/04 20060101AFI20230906BHJP(装飾技術)
要約【課題】
糊付けローラーとドクターローラーとの隙間で絞られた剰糊が糊箱の外へ垂れ落ちないこと。作業者が糊箱を装着した時に、糊上げローラーを糊付けローラーに所定の隙間をあけて確実に定置できること。糊の流動により、糊上げローラーを境に生じる糊の液面の上昇を少なくすること。
【解決手段】
糊箱の側面板に、糊箱の側面板の上辺を外側に膨らませた形状の糊受け部を設け、糊箱が壁紙糊付機の本体に装着された時に、糊受け部がドクターローラーの軸と糊付けローラーの軸の下方に配置され、糊受け部が、ドクターローラーの軸と糊付けローラーの軸から垂れ落ちる糊を受け止め、糊箱に回収する。

【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
糊箱に貯留した糊を糊上げローラーにより汲み上げ、
ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定めた厚みの糊を壁紙に塗布する壁紙糊付機であって、
前記糊箱の側面板に、前記糊箱の側面板の上辺を外側に膨らませた形状の糊受け部を設け、
前記糊箱が壁紙糊付機の本体に装着された時に、前記糊受け部が前記ドクターローラーの軸と前記糊付けローラーの軸の下方に配置され、
前記糊受け部が、前記ドクターローラーの軸と前記糊付けローラーの軸から垂れ落ちる糊を受け止め、前記糊箱に回収することを特徴とする壁紙糊付機。
続きを表示(約 750 文字)【請求項2】
本体部に装着した糊箱に貯留した糊を糊上げローラーにより汲み上げ、
ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定めた厚みの糊を壁紙に塗布する壁紙糊付機であって、
前記本体部に、下り勾配傾斜面と、登り勾配傾斜面を有するガイドレールを設け、
前記糊箱の側板に、前記糊箱を所定の位置に定置するための位置決め用突起を設け、
前記糊箱の底板に、糊箱足を設け、
前記位置決め用突起が、前記ガイドレール下り勾配傾斜面に沿って下り、登り勾配傾斜面に沿って上ることにより、前記糊箱は糊付けローラーの下をくぐり抜け、
前記位置決め用突起が、前記ガイドレールの終端の登り勾配傾斜面に当接し、
前記糊箱足が前記本体部の下部ステーに当接することにより、前記糊箱を所定の位置に定置することを特徴とする壁紙糊付機。
【請求項3】
糊箱に貯留した糊を糊上げローラーにより汲み上げ、
ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定めた厚みの糊を壁紙に塗布する壁紙糊付機であって、
前記糊上げローラーは、第1糊上げローラーと第2糊上げローラーで構成され、
前記第2糊上げローラーは、前記第1糊上げローラーよりも直径が小さく、
前記第2糊上げローラーは、前記第1糊上げローラーの下方、かつ、第1糊上げローラーよりも後方に軸支され、
前記第2糊上げローラーは、前記第1糊上げローラーと反対の方向に、前記第1糊上げローラーよりも高速で回転することにより、
前記第1糊上げローラーの前に溜まっている糊を後方へ流動させ、前記第1糊上げローラーの前に溜まる糊の液面の上昇を抑えることを特徴とする壁紙糊付機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、部屋の天井や壁面に所定の厚みで糊を塗布するための壁紙糊付機であり、詳しくは、糊箱に貯留した糊を有効に使うことができる糊箱に関する。
続きを表示(約 2,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来より、複数のローラーにより壁紙を搬送して、壁紙の裏面に糊を塗布して、所定の長さの糊付き壁紙を得るための壁紙糊付機には、糊を貯留するための糊箱が装備されている。
糊箱の形状は、天面が解放された蓋のない略直方体の容器であり、内部に設けられた糊上げローラーが回転して糊を汲み上げ、本体部の糊付けローラーに糊を転写し、ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定められた厚みの糊が壁紙に塗布され、ドクターローラーと糊付けローラーの隙間を通過しなかった糊は垂れ落ちて再び貯留される。
また、糊箱は、糊付け作業が終わった時に、糊箱内部に残っている糊を別の容器に移し替えて、糊箱内部を洗浄するために、壁紙糊付機の本体部から簡単に取り外せる構造になっており、作業者が糊箱を出し入れする時に、少し斜めになった場合でも、糊箱が突っ張らないようにするために、糊箱側板と本体下部フレームとの間に所定の隙間が設けられて装着されている。
また、糊箱は簡単に脱着可能な構造であるが、本体部に装着された時には、糊箱に設けられている糊上げローラーを、本体部の糊付けローラーの下方に所定の隙間を設けて、確実に定置するための精度が必要である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第4696315号
【0004】
特許第4280844号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
このような糊箱に関する課題は、糊箱に貯留した糊を有効に使うことができること。
糊箱に貯留した糊の量が少なくなった時に糊上げローラーに接触する圧力の減少などで汲み上げらないで残ってしまう糊を少なくすること(無効糊量の低減)。
糊付けローラーとドクターローラーとの隙間で絞られた糊が糊箱の外へ垂れ落ちないこと(無効糊量の低減)。
作業者が糊箱を装着した時に、糊上げローラーを糊付けローラーに所定の隙間をあけて確実に定置できること(無効糊量の低減)。
また、糊を汲み上げている最中の糊の流動により、糊上げローラーを境に生じる糊の液面の上昇を少なくして、糊が貯留できる量(貯留糊量)を増やし、
(貯留糊量)-(無効糊量)=(有効糊量)を増やすことが、更なる改善事項として要求されている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
糊箱に貯留した糊を糊上げローラーにより汲み上げ、
ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定めた厚みの糊を壁紙に塗布する壁紙糊付機であって、
糊箱の側面板に、糊箱の側面板の上辺を外側に膨らませた形状の糊受け部を設け、
糊箱が壁紙糊付機の本体に装着された時に、糊受け部がドクターローラーの軸と糊付けローラーの軸の下方に配置され、
糊受け部が、ドクターローラーの軸と糊付けローラーの軸から垂れ落ちる糊を受け止め、糊箱に回収することを特徴とする。
【0007】
本体部に装着した糊箱に貯留した糊を糊上げローラーにより汲み上げ、
ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定めた厚みの糊を壁紙に塗布する壁紙糊付機であって、
本体部に、下り勾配傾斜面と、登り勾配傾斜面を有するガイドレールを設け、
糊箱の側板に、糊箱を所定の位置に定置するための位置決め用突起を設け、
糊箱の底板に、糊箱足を設け、
位置決め用突起がガイドレールの下り勾配傾斜面に沿って下り、登り勾配傾斜面に沿って上ることにより、糊箱は糊付けローラーの下をくぐり抜け、
位置決め用突起が、ガイドレールの終端の登り勾配傾斜面に当接し、
糊箱足が本体部の下部ステーに当接することにより、糊箱を所定の位置に定置することを特徴とする。
【0008】
糊箱に貯留した糊を糊上げローラーにより汲み上げ、
ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定めた厚みの糊を壁紙に塗布する壁紙糊付機であって、
糊上げローラーは、第1糊上げローラーと第2糊上げローラーで構成され、
第2糊上げローラーは、第1糊上げローラーよりも直径が小さく、
第2糊上げローラーは、第1糊上げローラーの下方、かつ、第1糊上げローラーよりも後方に軸支され、
第2糊上げローラーは、第1糊上げローラーと反対の方向に、第1糊上げローラーよりも高速で回転することにより、
第1糊上げローラーの前に溜まっている糊を後方へ流動させ、第1糊上げローラーの前に溜まる糊の液面の上昇を抑えることを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
糊箱に貯留した糊を糊上げローラーにより汲み上げ、
ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定めた厚みの糊を壁紙に塗布する壁紙糊付機であって、
糊箱の側面板に、糊箱の側面板の上辺を外側に膨らませた形状の糊受け部を設け、
糊箱が壁紙糊付機の本体に装着された時に、糊受け部がドクターローラーの軸と糊付けローラーの軸の下方に配置され、
糊受け部が、ドクターローラーの軸と糊付けローラーの軸から垂れ落ちる糊を受け止め、糊箱に回収することを特徴とするので、
ドクターローラーの軸から垂れ落ちる糊と糊付けローラーの軸から垂れ落ちる糊は糊箱に貯留され、再び汲み上げられて糊付けローラーに転写され、壁紙に塗布されるので、無効糊量を少なくすることができる。
【0010】
本体部に装着した糊箱に貯留した糊を糊上げローラーにより汲み上げ、
ドクターローラーと糊付けローラーの隙間により定めた厚みの糊を壁紙に塗布する壁紙糊付機であって、
本体部に、下り勾配傾斜面と、登り勾配傾斜面を有するガイドレールを設け、
糊箱の側板に、糊箱を所定の位置に定置するための位置決め用突起を設け、
糊箱の底板に、糊箱足を設け、
位置決め用突起がガイドレールの下り勾配傾斜面に沿って下り、登り勾配傾斜面に沿って上ることにより、糊箱は糊付けローラーの下をくぐり抜け、
位置決め用突起が、ガイドレールの終端の登り勾配傾斜面に当接し、
糊箱足が本体部の下部ステーに当接することにより、糊箱を所定の位置に定置することを特徴とするので、
作業者が、糊箱を本体部に容易に装着することができ、糊箱を所定の位置に定置でき、糊上げローラーが汲み上げた糊を確実に糊付けローラーに転写することができるので、無効糊量を少なくすることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
Leptoの雪
10か月前
極東産機株式会社
壁紙糊付機
9か月前
株式会社タイカ
水圧転写方法
8か月前
個人
立体絵画の制作方法
1か月前
個人
つまみ細工作成補助プレート
10か月前
中国電力株式会社
物品仮固定具
1か月前
昌栄印刷株式会社
転写シート
3か月前
株式会社タイカ
水圧転写シート及び水圧転写方法
8か月前
個人
貝殻の表面処理剤及び貝殻の表面処理方法
3か月前
株式会社メイプル・ノブ
植物飾りの製造方法
10か月前
株式会社メイプル・ノブ
植物飾りの製造方法
6か月前
理想科学工業株式会社
転写媒体製造装置および転写媒体
9か月前
日本クロージャー株式会社
接続具
20日前
個人
漆製品の製造方法
10か月前
セイコーエプソン株式会社
畳表の転写方法、畳表
4か月前
合同会社egmoth
汎用性・量産性の高いコインを用いた芸術作品の表現方法
5か月前
株式会社コシバアンドアソシエイツ
水転写式ジグソーパズル作成セット
1か月前
有限会社芳美商事
インテリア、インテリアの製造方法及びインテリアの設置方法
2か月前
大日本印刷株式会社
化粧材
21日前
大日本印刷株式会社
肌意匠シート製造方法、肌意匠シート製造システム及び肌意匠シート
10か月前
株式会社 カワダ
装飾品の作製キット及び装飾品の作製キットの製造方法、並びに装飾品の製造方法
6か月前
KLASS株式会社
自動壁紙糊付機
6か月前
理想科学工業株式会社
転写シートの製造方法、及び転写シートの製造方法に用いる水性接着液
4か月前
理想科学工業株式会社
転写シートの製造方法、転写シートの製造方法に用いる水性接着液、及び転写物の製造方法
4か月前
株式会社松屋
組子格子飾りの製造方法、組子格子飾りの連結構造、組子格子飾り、及び組子格子飾りセット
6か月前
大日本印刷株式会社
加飾シート、加飾成形品の製造方法、離型部材付き転写シート、離型部材付き加飾シート、転写シート前駆体、加飾シート前駆体、転写シートの製造方法、加飾シートの製造方法、および加飾物品の製造方法
8か月前
グレートインフォメーション株式会社
電子チケットシステム
7か月前
富士通株式会社
文字列変換プログラム及び文字列変換方法、並びに情報処理装置
8か月前
アプライド マテリアルズ インコーポレイテッド
プラズマ処理チャンバ内のウエハキャリアのための高度な温度制御
2か月前
コニカミノルタ株式会社
データ解析支援方法、当該方法をコンピューターに実行させるプログラム、および情報処理装置
15日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
送信装置及び送信方法
2か月前
ソニーグループ株式会社
送信装置、及び、送信方法
7か月前
ソニーグループ株式会社
送信装置、及び送信方法
11か月前
日本製鋼所M&E株式会社
クラッド鋼溶接鋼管およびその製造方法
10か月前
キヤノン株式会社
画像処理装置、撮像装置、画像処理方法、およびプログラム
1か月前
パナソニックIPマネジメント株式会社
送信方法、受信方法、送信装置及び受信装置
5か月前
続きを見る