TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024071029
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-24
出願番号2022181747
出願日2022-11-14
発明の名称鞍乗型車両
出願人ヤマハ発動機株式会社
代理人弁理士法人新樹グローバル・アイピー,個人
主分類B62J 23/00 20060101AFI20240517BHJP(鉄道以外の路面車両)
要約【課題】鞍乗型車両において、ラジエータファンによるラジエータの冷却効果を向上させると共に、ラジエータファンの後方に配置された部品への熱影響を抑える。
【解決手段】鞍乗型車両は、ラジエータと、ラジエータファンと、ファンカバーとを備える。ラジエータファンは、ラジエータの後方に配置される。ファンカバーは、ラジエータファンを後方から覆う。ファンカバーは、背面を含む。背面は、ラジエータファンの後方においてラジエータファンと向かい合う。背面は、膨出部を含む。膨出部は、後方に向かって膨出している。膨出部は、後吹出口を含む。後吹出口は、側方へ向かって開口している。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
ラジエータと、
前記ラジエータの後方に配置されるラジエータファンと、
前記ラジエータファンを後方から覆うファンカバーと、
を備え、
前記ファンカバーは、前記ラジエータファンの後方において前記ラジエータファンと向かい合う背面を含み、
前記背面は、後方に向かって膨出した膨出部を含み、
前記膨出部は、側方へ向かって開口した後吹出口を含む、
鞍乗型車両。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記後吹出口は、上下方向に延びている、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項3】
前記後吹出口は、前記ラジエータファンと向かい合って配置される、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項4】
前記ファンカバーは、前記ファンカバーの背面において前記後吹出口に向かい合って配置される後ガイドリブを含む、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項5】
前記後ガイドリブは、前記後吹出口から吹き出される前記ラジエータファンによる排風を下方へ向けて案内する、
請求項4に記載の鞍乗型車両。
【請求項6】
前記ファンカバーは、
前記ラジエータファンの側方に配置された第1横吹出口と、
前記ファンカバー内に配置され、前記第1横吹出口へ向かって延びる横ガイドリブと、
を含む、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項7】
前記ラジエータを側方から覆うサイドカウルをさらに備え、
前記サイドカウルは、少なくとも一部が前記ファンカバーよりも上方に位置する開口を含み、
前記横ガイドリブは、前記ラジエータファンによる排風を、前記サイドカウルの開口へ向かって前記第1横吹出口から斜め上方へ吹き出すように配置されている、
請求項6に記載の鞍乗型車両。
【請求項8】
前記ファンカバーは、前記ラジエータファンの側方に配置された第2横吹出口を含み、
前記第2横吹出口は、前記ラジエータファンの回転方向に合わせて、前記ラジエータファンによる排風を、前記第2横吹出口から斜め上方へ吹き出すように開口している、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
【請求項9】
前記ラジエータを側方から覆うサイドカウルをさらに備え、
前記サイドカウルは、少なくとも一部が前記ファンカバーよりも上方に位置する開口を含み、
前記第2横吹出口は、前記ラジエータファンの回転方向に合わせて、前記ラジエータファンによる排風を、前記第2横吹出口から前記開口へ向けて吹き出すように開口している、
請求項8に記載の鞍乗型車両。
【請求項10】
前記ファンカバーは、
前記ラジエータファンの一側方に配置された第1横吹出口と、
前記ラジエータファンの他側方に配置された第2横吹出口と、
をさらに含む、
請求項1に記載の鞍乗型車両。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、鞍乗型車両に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
鞍乗型車両には、ラジエータと、ラジエータファンと、ファンカバーとを備えるものがある。ラジエータファンは、ラジエータを通る空気の流れを生成する。ファンカバーは、ラジエータファンを覆うように配置され、ラジエータを通過した空気(以下、「排風」と呼ぶ)を案内する。例えば、特許文献1の車両は、ラジエータファンを覆う導風板を備えている。導風板は、下部開口部を含み、下部開口部から排風を排出するように排風を案内する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2008-013149号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ラジエータファンによるラジエータの冷却効果を向上させるためには、ファンカバーに設けられる吹出口の開口面積が大きいことが望ましい。しかし、上記の車両のように、排風が、ファンカバーの下部に設けられた吹出口のみから排出される場合、吹出口の開口面積を増大させることは困難である。また、ファンカバーの下部以外の部分に吹出口が設けられた場合には、ラジエータファンの後方に配置された部品に向かって、熱い排風が流れてしまう場合がある。その場合、当該部品が排風による熱影響を受けてしまう。本発明の目的は、鞍乗型車両において、ラジエータファンによるラジエータの冷却効果を向上させると共に、ラジエータファンの後方に配置された部品への熱影響を抑えることにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の一態様に係る鞍乗型車両は、ラジエータと、ラジエータファンと、ファンカバーとを備える。ラジエータファンは、ラジエータの後方に配置される。ファンカバーは、ラジエータファンを後方から覆う。ファンカバーは、背面を含む。背面は、ラジエータファンの後方においてラジエータファンと向かい合う。背面は、膨出部を含む。膨出部は、後方に向かって膨出している。膨出部は、後吹出口を含む。後吹出口は、側方へ向かって開口している。
【0006】
本態様に係る鞍乗型車両では、ファンカバーの膨出部が後吹出口を含む。それにより、ファンカバーにおける開口面積が増大する。また、膨出部は、後方に向かって膨出した形状を有しているため、膨出部によってファンカバー内の空間の容積が増大する。それにより、ラジエータファンによるラジエータの冷却効果が増大する。さらに、後吹出口は、側方へ向かって開口している。従って、後吹出口から吹き出される排風が、ラジエータファンの後方に向かって流れにくい。それにより、ラジエータファンの後方に配置された部品への熱影響が抑えられる。
【0007】
後吹出口は、上下方向に延びていてもよい。この場合、後吹出口の開口面積が大きくなる。後吹出口は、ラジエータファンと向かい合って配置されてもよい。この場合、後吹出口の開口面積を大きくすることができる。
【0008】
ファンカバーは、後ガイドリブを含んでもよい。後ガイドリブは、ファンカバーの背面において後吹出口に向かい合って配置されてもよい。この場合、後吹出口から吹き出される排風の流れを、後ガイドリブによって制御することができる。
【0009】
後ガイドリブは、後吹出口から吹き出されるラジエータファンによる排風を下方へ向けて案内してもよい。この場合、後吹出口から吹き出される排風を下方へ流すことができる。
【0010】
ファンカバーは、第1横吹出口と横ガイドリブとを含んでもよい。第1横吹出口は、ラジエータファンの側方に配置されてもよい。横ガイドリブは、ファンカバー内に配置され、第1横吹出口へ向かって延びていてもよい。この場合、第1横吹出口から効率よく排風が吹き出されるように、ファンカバー内の排風を整流することができる。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自転車の傘
5か月前
個人
重量物移動台車
2か月前
個人
サドル揺動装置
7か月前
個人
二輪バイク補助輪
7か月前
個人
自動二輪車
9か月前
個人
多目的運搬トレー
10か月前
井関農機株式会社
作業機
5か月前
個人
物品収納構造
10か月前
個人
カウル取り付け器具
9か月前
個人
サドル用収納ケース
11か月前
個人
車両用横転防止装置
3か月前
井関農機株式会社
作業機
3か月前
個人
自転車
8か月前
三甲株式会社
保護具
3か月前
日本精機株式会社
表示装置
4か月前
井関農機株式会社
作業車両
8か月前
井関農機株式会社
作業車両
18日前
個人
クリアレインシェード
2か月前
個人
スライドレインプルーフ
1か月前
株式会社クラベ
面状ユニット
1か月前
個人
電動カート
9か月前
個人
自転車の駐輪装置
8か月前
株式会社ホシプラ
台車
2か月前
個人
車両底面への噴流発生器
9か月前
個人
固定具及び自転車
10か月前
株式会社北誠商事
被覆構造体
4か月前
双福鋼器株式会社
ラック
10か月前
三甲株式会社
台車
5か月前
個人
自動二輪車に装着する被服
9か月前
三甲株式会社
台車
3か月前
帝人株式会社
車両構造体
1か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
8か月前
井関農機株式会社
作業車両
10か月前
井関農機株式会社
作業車両
12か月前
豊田合成株式会社
ハンドル
2か月前
井関農機株式会社
走行車両
3か月前
続きを見る