TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024069613
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-21
出願番号2024044223,2023013921
出願日2024-03-19,2017-03-30
発明の名称クリーニング品管理システム及びプログラム
出願人株式会社デジジャパン,株式会社寺岡精工
代理人個人,個人
主分類G06Q 50/10 20120101AFI20240514BHJP(計算;計数)
要約【課題】客から商品を預かる業務において、商品の引き渡しに際しての客の利便性を向上させる。
【解決手段】事業者が客からクリーニング品を預かるとともに、預かっているクリーニング品を事業者が客へ引き渡す業務において、預かっているクリーニング品の情報を管理するクリーニング品管理システムとして、客が所持する利用者携帯端末と、事業者が業務を行う店舗に備えられる事業者端末とを備え、利用者携帯端末は、店舗の会員を識別する会員情報、または事業者が預かっているクリーニング品を示す電子預り票を出力する出力手段を備え、事業者端末は、出力手段によって出力された会員情報または電子預り票に基づいて、預かっているクリーニング品を特定する特定手段を備えて構成する。
【選択図】図11
特許請求の範囲【請求項1】
事業者がクリーニング品を預かるとともに預かったクリーニング品を前記事業者が客へ引き渡す業務に対応し、前記事業者に預けられているクリーニング品を管理するクリーニング品管理システムであって、前記事業者の店員が客と対面して操作し、店舗に設置されたクリーニング品管理端末を備え、
前記クリーニング品管理端末は、
前記客が所持する携帯端末に表示される会員情報を読み取る読取手段と、
前記読取手段により読み取られた会員情報と対応付けてクリーニング品を登録する登録手段と、
前記登録手段により登録された前記クリーニング品の異常通知を前記客の携帯端末で表示させるための前記クリーニング品の異常箇所の画像を取得する画像取得手段と、
前記携帯端末からの前記異常通知に対する応答を受信する受信手段とを備え、
前記登録手段により登録されたクリーニング品に対応する決済を前記携帯端末により可能な決済手段であって、前記異常通知が行われたクリーニング品を含む決済については、前記応答が得られるまで保留する決済手段
を備えるクリーニング品管理システム。
続きを表示(約 860 文字)【請求項2】
前記携帯端末は、
前記会員情報と、前記異常箇所の画像の表示の起点となる預かり票画面に表示を遷移させるためのボタンとを同一画面に表示する表示手段を備える
請求項1に記載のクリーニング品管理システム。
【請求項3】
前記読取手段は、クリーニング品を収納する袋に付される識別情報をさらに読取可能とされ、
前記登録手段は、前記読取手段により読み取られた識別情報と対応付けたクリーニング品を登録する
請求項1または請求項2に記載のクリーニング品管理システム。
【請求項4】
コンピュータを、請求項1に記載のクリーニング品管理端末における各手段として機能させるためのプログラム。
【請求項5】
事業者がクリーニング品を預かるとともに預かったクリーニング品を前記事業者が客へ引き渡す業務に対応し、前記事業者に預けられているクリーニング品を管理し、前記事業者の店員が客と対面して操作し、店舗に設置されたクリーニング品管理端末を備えるクリーニング品管理システムにおけるクリーニング管理方法であって、
前記クリーニング品管理端末は、
前記客が所持する携帯端末に表示される会員情報を読み取る読取ステップと、
前記読取ステップにより読み取られた会員情報と対応付けてクリーニング品を登録する登録ステップと、
前記登録ステップにより登録された前記クリーニング品の異常通知を前記客の携帯端末で表示させるために前記クリーニング品の異常箇所の画像を取得する画像取得ステップと、
前記携帯端末からの前記異常通知に対する応答を受信する受信ステップとを備え、
前記登録ステップにより登録されたクリーニング品に対応する決済を前記携帯端末により可能な決済ステップであって、前記異常通知が行われたクリーニング品を含む決済については、前記応答が得られるまで保留する決済ステップ
を備えるクリーニング品管理方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、クリーニング品管理システム及びプログラムに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
例えばクリーニング店のように、客から商品(物品)を預かる業務では、店員は、客から商品を預かる際に、預り票を客に渡し、さらに預かっている商品を客に引き渡す際に、預り票と引き換えに商品を客に引き渡す。このとき、預り票には、預かる商品の情報を印字した紙が用いられることが多かったが、預り票を電子化する技術が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
特許文献1には、事業者の電子機器(例えばパソコン)と、客の電子端末(例えばスマートフォン)と、の間で電子商品預り票情報を交換する技術が示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2013-182458号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
預り票に上述の紙が用いられる場合には、店員は、商品が保管されている場所にこの紙を持ち運び、この紙に印字されている内容を確認しながら客に引き渡す商品を探すことができる。
【0006】
一方、特許文献1に示されている技術により預り票が電子化されている場合には、上述の紙が存在しない。このため、店員は、上述のように紙に印字されている内容を確認しながら客に引き渡す商品を探すことは、できない。したがって、特に客に引き渡す商品数が多い場合などには、店員は、どの商品の引き渡しを望んでいるのかを客に何度も確認したり、電子商品預り票情報が記憶されている客の電子端末を借りたりする必要があった。
【0007】
しかし、どの商品の引き渡しを望んでいるのかを客に何度も確認すると、店員が客に商品を引き渡すのに時間がかかってしまう。また、店員に何度も確認されることを煩わしいと感じる客もいる。このため、客の利便性の低下を招くおそれがあった。
また、自身の電子端末を店員に貸すことを好ましく思わない客もいる。このため、客の電子端末を店員が借りることは、客の利便性の低下を招くおそれがあった。
【0008】
上述の課題に鑑み、本発明は、客からクリーニング品を預かる業務において、商品の引き渡しに際しての客の利便性を向上させることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記課題を解決するため、本願発明の一態様は、事業者が客からクリーニング品を預かるとともに、預かっているクリーニング品を前記事業者が前記客へ引き渡す業務において、預かっているクリーニング品の情報を管理するクリーニング品管理システムであって、前記客が所持する利用者携帯端末と、前記事業者が前記業務を行う店舗に備えられる事業者端末とを備え、前記利用者携帯端末は、店舗の会員を識別する会員情報、または前記事業者が預かっているクリーニング品であって、客が引取予約をした場合には引取予約の対象として指定されたクリーニング品を示す電子預り票を出力する出力手段を備え、前記事業者端末は、前記出力手段によって出力された会員情報または電子預り票に基づいて、預かっているクリーニング品を特定する特定手段と、前記特定手段により特定されたクリーニング品に関する情報を印刷する印刷手段とを備えるクリーニング品管理システムである。
【0010】
また、本願発明の一態様は、事業者が客からクリーニング品を預かるとともに、預かっているクリーニング品を前記事業者が前記客へ引き渡す業務において、預かっているクリーニング品の情報を管理するクリーニング品管理システムおいて、前記客が所持する利用者携帯端末として第1コンピュータを機能させ、前記事業者が前記業務を行う店舗に備えられる事業者端末として第2コンピュータを機能させるためのプログラムであって、前記第1コンピュータを店舗の会員を識別する会員情報、または前記事業者が預かっているクリーニング品であって、客が引取予約をした場合には引取予約の対象として指定されたクリーニング品を示す電子預り票を出力する出力手段として機能させ、前記第2コンピュータを前記出力手段によって出力された会員情報または電子預り票に基づいて、預かっているクリーニング品を特定する特定手段、前記特定手段により特定されたクリーニング品に関する情報を印刷する印刷手段として機能させるためのプログラムである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
暗号化記憶媒体
21日前
個人
管理装置
1か月前
個人
プロジェクター
1か月前
個人
求人支援システム
10日前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
29日前
個人
求人マッチングサーバ
29日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
28日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
28日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
28日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
28日前
アスエネ株式会社
水管理の方法
29日前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
1か月前
シャープ株式会社
情報出力装置
8日前
株式会社ワコム
電子ペン
22日前
株式会社ワコム
電子ペン
24日前
大日本印刷株式会社
作業台
27日前
CKD株式会社
遠隔支援システム
29日前
株式会社寺岡精工
システム
24日前
株式会社NGA
画像投稿システム
1か月前
日本信号株式会社
料金精算システム
6日前
トヨタ紡織株式会社
検査装置
17日前
個人
ポイント増量アプリ「太陽光銭サー」
1か月前
株式会社小野測器
移動量計測システム
1か月前
株式会社小野測器
移動量計測システム
1か月前
株式会社アジラ
異常行動検出システム
17日前
BH株式会社
商品販売システム
29日前
株式会社三富
取引管理システム
1か月前
個人
言語翻訳システム及びプログラム
1か月前
富士通株式会社
プロセッサ
1か月前
株式会社mov
情報処理システム
16日前
個人
特許審査支援ボットおよびボットシステム
7日前
個人
スマートフォンにおける使用料金削減方法
7日前
シーアンドアールエム株式会社
広告装置
3日前
旭化成株式会社
装置
1か月前
個人
AI営業システム
20日前
株式会社セガ
情報処理装置及びプログラム
23日前
続きを見る