TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024042301
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-28
出願番号2022146913
出願日2022-09-15
発明の名称アルカリ土類金属リン酸塩化合物およびその製造方法
出願人日揮触媒化成株式会社
代理人弁理士法人樹之下知的財産事務所
主分類C01B 25/34 20060101AFI20240321BHJP(無機化学)
要約【課題】成形性が良いアルカリ土類金属リン酸塩化合物が得られる製造方法を提供すること。
【解決手段】水にアルカリ土類金属を含む塩が分散した懸濁液を準備するアルカリ土類金属含有懸濁液調製工程、リンを含む化合物が溶解した水溶液を準備するリン水溶液調製工程、前記アルカリ土類金属含有懸濁液の温度を50℃以上95℃以下に調整する温度調整工程、前記温度調整工程で得られた前記アルカリ土類金属含有懸濁液と前記リン水溶液とを混合する反応工程、を含む、アルカリ土類金属リン酸塩化合物の製造方法。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
水にアルカリ土類金属を含む塩が分散した懸濁液を準備するアルカリ土類金属含有懸濁液調製工程、
リンを含む化合物が溶解した水溶液を準備するリン水溶液調製工程、
前記アルカリ土類金属含有懸濁液の温度を50℃以上95℃以下に調整する温度調整工程、
前記温度調整工程で得られた前記アルカリ土類金属含有懸濁液と前記リン水溶液とを混合する反応工程、を含む、
アルカリ土類金属リン酸塩化合物の製造方法。
続きを表示(約 610 文字)【請求項2】
前記アルカリ土類金属を含む塩が、アルカリ土類金属水酸化物である、請求項1に記載の製造方法。
【請求項3】
前記温度調整工程において、前記アルカリ土類金属含有懸濁液の温度を75℃以上95℃以下に調整する、請求項2に記載の製造方法。
【請求項4】
前記リン水溶液に含まれるリンの濃度が、H

PO

換算で、20質量%以上85質量%未満の範囲にある、請求項3に記載の製造方法。
【請求項5】
前記反応工程において、アルカリ土類金属とリンのモル比(アルカリ土類金属/リン)が0.8以上1.2以下の範囲となるように前記アルカリ土類金属含有懸濁液と前記リン水溶液とを混合する、請求項1~請求項4のいずれか1項に記載の製造方法。
【請求項6】
メジアン径が20μm以上200μm以下の範囲にあり、
嵩密度が0.5g/mL以上1.3g/mL以下の範囲にある、
アルカリ土類金属リン酸塩化合物。
【請求項7】
前記アルカリ土類金属リン酸塩化合物が、マグネシウムリン酸塩化合物である、請求項6に記載のアルカリ土類金属リン酸塩化合物。
【請求項8】
前記アルカリ土類金属リン酸塩化合物が、第二リン酸マグネシウムである、請求項6に記載のアルカリ土類金属リン酸塩化合物。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、アルカリ土類金属リン酸塩化合物に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
リン酸マグネシウムやリン酸カルシウムに代表されるアルカリ土類金属リン酸塩化合物は、肥料、耐火物用バインダー、難燃剤、飲食品の添加剤および触媒の材料として、広く使用されている。例えば、特許文献1には、飲食品に使用されるリン酸マグネシウムが開示されている。また、特許文献2には、リン酸マグネシウムを含む触媒が開示されている。
【0003】
アルカリ土類金属リン酸塩化合物の製造方法も広く知られている。例えば、特許文献3には、リン酸三マグネシウムリン酸水素マグネシウムと酸化マグネシウムあるいは炭酸マグネシウムを秤量し水を適当量加え、ポットミル中室温で撹拌する。得られたスラリーを乾燥し、多水和物のリン酸三マグネシウム粉末を得る。さらに仮焼することにより無水のリン酸三マグネシウムを得ることを特徴とする、リン酸三マグネシウム化合物セラミックスの製造法が開示されている。
【0004】
このように、アルカリ土類金属リン酸塩化合物およびその製造方法は広く知られている。また、アルカリ土類金属リン酸塩化合物は、幅広い用途で使用されており、その形体も粉体や成形体と様々である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2000-184864号公報
特開平7-100384号公報
特開平3-279205号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
従来の製造方法で得られたアルカリ土類金属リン酸塩化合物は、成形体として成形する際に、成形性が悪いという課題があった。
【0007】
そこで、本発明は、成形性が良いアルカリ土類金属リン酸塩化合物が得られる製造方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明者らは、水にアルカリ土類金属を含む塩が分散した懸濁液を準備するアルカリ土類金属含有懸濁液調製工程、リンを含む化合物が溶解した水溶液を準備するリン水溶液調製工程、前記アルカリ土類金属含有懸濁液の温度を50℃以上95℃以下に調整する温度調整工程、前記温度調整工程で得られた前記アルカリ土類金属含有懸濁液と前記リン水溶液とを混合する反応工程、を含む、アルカリ土類金属リン酸塩化合物の製造方法を用いることで上記課題を解決できることを見出し、本発明を完成させた。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、成形性が良いアルカリ土類金属リン酸塩化合物が得られる製造方法を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
実施例1のX線回折パターンを示すスペクトルである。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許