TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024022444
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-16
出願番号2023011099
出願日2023-01-27
発明の名称カーボンナノチューブ水分散液およびその製造方法
出願人北越コーポレーション株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類C01B 32/174 20170101AFI20240208BHJP(無機化学)
要約【課題】カーボンナノチューブの含有量が大きく、かつ塗工が容易なるカーボンナノチューブ水分散液を提供する。
【解決手段】本発明に係るカーボンナノチューブ水分散液は、カーボンナノチューブと、水と、カーボンナノチューブを前記水に分散させる分散剤と、を含み、カーボンナノチューブの含有量は、2.8質量%以上であり、分散剤は、アクリル酸に由来する繰り返し単位およびスルホン酸基を有する単量体に由来する繰り返し単位の少なくとも一方を含む重合体であり、B型粘度計を用いて25℃、回転数60rpmの条件で測定した粘度は、7500cps以下である。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
カーボンナノチューブと、
水と、
前記カーボンナノチューブを前記水に分散させる分散剤と、
を含み、
前記カーボンナノチューブの含有量は、2.8質量%以上であり、
前記分散剤は、アクリル酸に由来する繰り返し単位およびスルホン酸基を有する単量体に由来する繰り返し単位の少なくとも一方を含む重合体であり、
B型粘度計を用いて25℃、回転数60rpmの条件で測定した粘度は、7500cps以下である、カーボンナノチューブ水分散液。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記分散剤は、ポリアクリル酸である、請求項1に記載のカーボンナノチューブ水分散液。
【請求項3】
前記カーボンナノチューブの含有量は、3.0質量%以上である、請求項1に記載のカーボンナノチューブ水分散液。
【請求項4】
前記カーボンナノチューブの含有量は、3.5質量%以上である、請求項1に記載のカーボンナノチューブ水分散液。
【請求項5】
前記粘度は、5000cps以下である、請求項1に記載のカーボンナノチューブ水分散液。
【請求項6】
前記粘度は、3000cps以下である、請求項1に記載のカーボンナノチューブ水分散液。
【請求項7】
電磁波ノイズ抑制シートの塗工剤として用いられる、請求項1ないし6のいずれか1項に記載のカーボンナノチューブ水分散液。
【請求項8】
カーボンナノチューブと、水と、前記カーボンナノチューブを前記水に分散させる分散剤と、を含み、前記カーボンナノチューブの含有量が4.0質量%以上である第1分散液を作製する工程と、
カーボンナノチューブと、水と、前記カーボンナノチューブを前記水に分散させる分散剤と、を含み、前記カーボンナノチューブの含有量が4.0質量%未満である第2分散液を作製する工程と、
前記第1分散液と前記第2分散液とを混合して第3分散液を作製する工程と、
を含み、
前記第1分散液を作製する工程では、湿式微粒化装置のpass回数を1回として水中対向衝突法を行って、前記第1分散液を作製し、
前記第2分散液を作製する工程では、湿式微粒化装置のpass回数を2回以上として水中対向衝突法を行って、前記第2分散液を作製し、
前記第1分散液に含まれる前記分散剤および前記第2分散液に含まれる前記分散剤は、アクリル酸に由来する繰り返し単位およびスルホン酸基を有する単量体に由来する繰り返し単位の少なくとも一方を含む重合体である、カーボンナノチューブ水分散液の製造方法。
【請求項9】
前記第1分散液に含まれる前記分散剤および前記第2分散液に含まれる前記分散剤は、ポリアクリル酸である、請求項8に記載のカーボンナノチューブ水分散液の製造方法。
【請求項10】
前記第3分散液に対して、湿式微粒化装置のpass回数を2回以上として水中対向衝突法を行って、第4分散液を作製する工程と、
カーボンナノチューブと、水と、前記カーボンナノチューブを前記水に分散させる分散剤を含み、前記カーボンナノチューブの含有量が前記第4分散液よりも大きい第5分散液を作製する工程と、
前記第4分散液と前記第5分散液とを混合して第6分散液を作製する工程と、
を含み、
前記第5分散液を作製する工程では、湿式微粒化装置のpass回数を1回として水中対向衝突法を行って、前記第5分散液を作製し、
前記第5分散液に含まれる前記分散剤は、アクリル酸に由来する繰り返し単位およびスルホン酸基を有する単量体に由来する繰り返し単位の少なくとも一方を含む重合体である、請求項8または9に記載のカーボンナノチューブ水分散液の製造方法。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、カーボンナノチューブ水分散液およびその製造方法に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
カーボンナノチューブは、一様な平面のグラフェンシートを筒状に巻いたような構造を有している。カーボンナノチューブは、このような独特の構造を有するため、様々な特性を有している。そのため、カーボンナノチューブは、広範な分野において応用が期待されている。
【0003】
例えば特許文献1には、カーボンナノチューブ集合体と分散媒の混合物を加圧して複数の細管流路に送り込み、上記混合物を衝突、合流させてカーボンナノチューブ分散液を製造する方法が記載されている。特許文献1には、カーボンナノチューブ集合体の濃度は、0.01質量%から1質量%が好ましいことが記載されている。また、特許文献1には、カーボンナノチューブの分散剤として、例えばカルボキシメチルセルロースナトリウム塩を用いることが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2013-230951号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記のようなカーボンナノチューブ水分散液では、カーボンナノチューブの含有量を大きくすることが望まれている。カーボンナノチューブの含有量を大きくすることにより、例えば電磁波ノイズ抑制性能などのカーボンナノチューブ特有の性能を高めることができる。
【0006】
しかしながら、カーボンナノチューブの含有量を大きくすると、カーボンナノチューブ水分散液の粘度が高くなり、カーボンナノチューブ水分散液を紙などの基材に塗工することが困難になる。
【0007】
本発明のいくつかの態様に係る目的の1つは、カーボンナノチューブの含有量が大きく、かつ塗工が容易なカーボンナノチューブ水分散液を提供することにある。また、本発明のいくつかの態様に係る目的の1つは、カーボンナノチューブの含有量が大きく、かつ塗工が容易なカーボンナノチューブ水分散液の製造方法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明に係るカーボンナノチューブ水分散液の一態様は、
カーボンナノチューブと、
水と、
前記カーボンナノチューブを前記水に分散させる分散剤と、
を含み、
前記カーボンナノチューブの含有量は、2.8質量%以上であり、
前記分散剤は、アクリル酸に由来する繰り返し単位およびスルホン酸基を有する単量体に由来する繰り返し単位の少なくとも一方を含む重合体であり、
B型粘度計を用いて25℃、回転数60rpmの条件で測定した粘度は、7500cps以下である。
【0009】
前記カーボンナノチューブ水分散液の一態様において、
前記分散剤は、ポリアクリル酸であってもよい。
【0010】
前記カーボンナノチューブ水分散液の一態様において、
前記カーボンナノチューブの含有量は、3.0質量%以上であってもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

川崎重工業株式会社
合成ガスの製造方法
18日前
株式会社トクヤマ
改質六方晶窒化ホウ素粉末の製造方法
17日前
東ソー株式会社
耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体
18日前
個人
硫化リチウムの製造方法および製造装置
8日前
太平洋セメント株式会社
無機酸化物中空粒子
18日前
高純度シリコン株式会社
多結晶シリコンの製造方法
2日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
オキソ酸金属塩の製造方法
16日前
太平洋セメント株式会社
多泡状無機酸化物中空粒子
26日前
国立大学法人東海国立大学機構
水素の製造装置および水素の製造方法
2日前
住友大阪セメント株式会社
分散液、化粧料、分散液の製造方法
2日前
株式会社エスイー
無水金属塩化物の製造方法
23日前
DIC株式会社
モリブデン被覆アルミナ粒子およびその製造方法
18日前
三菱重工業株式会社
水素製造装置、及び水素製造システム
3日前
東洋化学工業株式会社
塩化銀粒子および塩化銀含有ペースト
11日前
株式会社クラレ
炭素質材料、蓄電デバイス用負極、蓄電デバイス、及び炭素質材料の製造方法
25日前
東海カーボン株式会社
カーボンナノチューブの製造方法
1か月前
国立大学法人長岡技術科学大学
ヨウ素の取得方法
16日前
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
シリカ粒子の製造方法
11日前
崑山科技大学
土粘土及び酸化グラフェンで成長させた三次元カーボンナノチューブの作製と応用
10日前
太平洋セメント株式会社
酸化ホウ素含有無機酸化物中空粒子の製造方法
4日前
国立大学法人北海道大学
複合材料及びその製造方法
17日前
月島機械株式会社
金属化合物の微粒子の製造方法、金属化合物の微粒子
8日前
国立大学法人東海国立大学機構
アモルファスジルコニアナノシートの合成
26日前
信越化学工業株式会社
六方晶窒化ホウ素の製造方法
25日前
日揮触媒化成株式会社
アルカリ土類金属リン酸塩化合物およびその製造方法
16日前
日揮触媒化成株式会社
溶媒リサイクル法を用いた酸化チタンゾルの製造方法および酸化チタンゾル
3日前
アンリツ株式会社
グラフェンシート及びグラフェンナノリボン製造方法
16日前
株式会社東芝
ニオブチタン酸化物、活物質、電極、二次電池、電池パック、及び車両
23日前
住友大阪セメント株式会社
二酸化炭素利用システム、炭酸カルシウムの製造装置及び製造方法
22日前
三菱ケミカル株式会社
シリカ粒子、シリカ粒子の製造方法、シリカゾル及びシリカゾルの製造方法
11日前
国立大学法人東北大学
有機修飾酸化物微粒子の製造方法及び有機修飾酸化物微粒子
15日前
株式会社東芝
ニオブチタン系酸化物、電極、二次電池、電池パック、車両、及び定置用電源
25日前
株式会社レゾナック
フラーレンの製造装置及びフラーレンの製造方法
1日前
ケーシーテック カンパニー リミテッド
中空シリカ粒子、その製造方法、及び中空シリカ分散液
1か月前
アンリツ株式会社
グラフェン薄膜製造方法及びグラフェン薄膜基板
16日前
住友大阪セメント株式会社
炭酸カルシウムの製造方法及び製造システム
22日前
続きを見る