TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024068328
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-20
出願番号2022178686
出願日2022-11-08
発明の名称無停電電源システム
出願人株式会社GSユアサ
代理人
主分類H02J 9/06 20060101AFI20240513BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】汎用性の高い無停電電源システムを提供する。
【解決手段】無停電電源システム100は、交流電源から入力される交流電圧(交流電流AC)を負荷Lに供給する共通バイパス線30と、前記交流電圧が入力される入力端子11、前記交流電圧から変換された直流電圧が供給される直流電力線DC、前記直流電圧を交流電圧に変換するインバータ13および前記交流電圧を出力する出力端子16をそれぞれが有して共通バイパス線30に並列に接続される複数のユニット10a、10bと、それぞれのユニットの直流電力線DCに接続される蓄電装置101と、前記交流電源の停電時に、共通バイパス線30から負荷Lへの給電を、蓄電装置101からインバータ13を介した負荷Lへの給電へと切り替える切替器20と、を備える。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
交流電源から入力される交流電圧を負荷に供給する共通バイパス線と、
入力端子、前記交流電圧から変換された直流電圧が供給される直流電力線、前記直流電圧を交流電圧に変換するインバータ、および、前記交流電圧を出力する出力端子、をそれぞれが有して前記共通バイパス線に並列に接続される複数のユニットと、
それぞれの前記ユニットの前記直流電力線に接続される蓄電装置と、
前記交流電源の停電時に、前記共通バイパス線から前記負荷への給電を、前記蓄電装置から前記インバータを介した前記負荷への給電へと切り替える切替器と、を備える無停電電源システム。
続きを表示(約 480 文字)【請求項2】
それぞれの前記ユニットに信号を送信するマスター制御基板と、
前記切替器とそれぞれの前記ユニットの前記インバータとの間の交流電力線に設けられ、前記マスター制御基板からの信号に応じてオンする複数の出力側スイッチと、を更に備える、請求項1に記載の無停電電源システム。
【請求項3】
前記共通バイパス線とそれぞれの前記ユニットの前記入力端子との間の交流電力線に設けられ、停電時に前記マスター制御基板からの信号に応じてオフする複数の入力側スイッチを更に備える、請求項2に記載の無停電電源システム。
【請求項4】
前記ユニットは、前記インバータを介さずに前記入力端子と前記出力端子とを接続する個別バイパス線を有する、請求項1または請求項2に記載の無停電電源システム。
【請求項5】
前記切替器とそれぞれの前記ユニットの前記出力端子との間の交流電力線に一端が接続されて他端に接続された前記マスター制御基板に直流電圧を出力する複数の整流回路を更に備える、請求項2に記載の無停電電源システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明の一態様は、無停電電源システムに関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1は、複数の無停電電源装置を直列接続することで高電圧を出力できる無停電電源装置を開示している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第6396013号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
瞬断(瞬時停電)が許容される負荷に対し、常時商用方式の無停電電源装置が従来用いられている。
【0005】
近年、自然災害の増加などを理由に、CCTV(Closed-Circuit Television)カメラや監視カメラといった、屋外設置される機器に対する長時間の電力バックアップが求められる傾向にある。そのようなニーズに対し、常時商用方式の無停電電源システムを適用または提案することが考えられる。
【0006】
無停電電源システムは、様々な出力容量、様々なバックアップ時間に柔軟に対応できることが望ましい。
【0007】
本発明の一態様は、汎用性の高い無停電電源システムを提供する。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の一態様に係る無停電電源システムは、交流電源から入力される交流電圧を負荷に供給する共通バイパス線と、入力端子、前記交流電圧から変換された直流電圧が供給される直流電力線、前記直流電圧を交流電圧に変換するインバータ、および、前記交流電圧を出力する出力端子、をそれぞれが有して前記共通バイパス線に並列に接続される複数のユニットと、それぞれの前記ユニットの前記直流電力線に接続される蓄電装置と、前記交流電源の停電時に、前記共通バイパス線から前記負荷への給電を、前記蓄電装置から前記インバータを介した前記負荷への給電へと切り替える切替器と、を備える。
【発明の効果】
【0009】
上記態様によれば、様々な出力容量に対応可能な、汎用性の高い無停電電源システムを提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
無停電電源システムの斜視図である。
無停電電源システムの概要を示すブロック図である。
一部のユニットが故障した場合を説明する図である。
ユニット間の循環電流を説明する図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社GSユアサ
固体電解質、蓄電素子用正極及び蓄電素子
12日前
株式会社GSユアサ
鉛蓄電池用セパレータおよびそれを含む鉛蓄電池
10日前
株式会社GSユアサ
鉛蓄電池用セパレータおよびそれを含む鉛蓄電池
10日前
株式会社GSユアサ
鉛蓄電池用セパレータおよびそれを含む鉛蓄電池
10日前
株式会社GSユアサ
推定装置、蓄電装置、推定方法及び推定プログラム
12日前
株式会社GSユアサ
正極用固体電解質、複合体、蓄電素子用正極及び蓄電素子
12日前
個人
電気推進システム
6日前
株式会社コロナ
送風装置
27日前
個人
共振を用いた整流回路
1か月前
個人
モーターの構造
12日前
個人
ブラシレスモータ
20日前
竹内工業株式会社
固定具
17日前
個人
バッテリ用交流電流供給回路
6日前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
1か月前
大和電器株式会社
配線器具
3日前
大和電器株式会社
配線器具
3日前
株式会社発明ラボックス
送受電システム
1か月前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
18日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
13日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
13日前
中国電力株式会社
変圧器取替工法
1か月前
個人
基板使用によるコイル巻線との接続法
23日前
株式会社豊田自動織機
電動機
27日前
株式会社ARKS
電源自動切替装置
20日前
ニチコン株式会社
スイッチング電源
3日前
未来工業株式会社
配線ボックス装置
5日前
株式会社豊田自動織機
電動機
27日前
トヨタ自動車株式会社
ステータコア
1か月前
トヨタ自動車株式会社
故障検出回路
1か月前
トヨタ自動車株式会社
故障検出回路
1か月前
トヨタ自動車株式会社
モータ
16日前
株式会社ミツバ
駆動装置
1か月前
株式会社ミツバ
回転電機
27日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
23日前
富士電機株式会社
電力変換装置
24日前
株式会社ダイヘン
電力システム
24日前
続きを見る